➡とってもお得なWordpressブログの作り方はこちら

Googleアナリティクスの見方!基本の4つを覚えよう【初級編】

アナリティクス基本

Googleアナリティクスは、ブログ・サイトのアクセス解析をする上において、無料で最強のツールです。

しかし、いろんなデータが見られて高機能な反面、うまく使いこなせていない人も多いのではないでしょうか。

特に初心者であればなおさらのことですよね。

この記事では、Google アナリティクスの使い方が難しい!見方が分からない!と感じておられるアナリティクス初心者の方向けに、とりあえず知っておきたい基本的な使い方、見るべきところをお伝えします。

目次

Googleアナリティクスで把握できること

まずは、Googleアナリティクスで何が把握できるのかを確認しておきましょう。

Googleアナリティクスで把握できることを一部紹介すると、下記です。

  • どんなユーザーが訪問したか
  • ユーザーがどこから訪れているか
  • ユーザーが一番最初に見たページはどこか
  • ユーザーによく見られているページはどこか
  • ユーザーがサイトを離脱したページはどこか
  • ユーザーのサイト内での行動経路はどうか
  • 広告やボタンのクリックなどイベント発生状況はどうか

また、これらのデータを掛け合わせて分析することもできます。

ひなきら

Googleアナリティクスはとても万能なツールです。
これで無料とは・・・。

本当に色んなデータを確認することができます。

これを使わない手はありませんね。

Googleアナリティクスで使う用語

Googleアナリティクスで使う基本的な用語については、Googleアナリティクスの基本用語21選!初心者向けに解説する←こちらの記事をご覧ください。

全体のユーザー像を把握しよう!

アナリティクスユーザーサマリー

まずは、上記のように「ホーム」→「ユーザーサマリー」をクリックしましょう。

サマリーアナリティクス

このページは、Googleアナリティクスのメイン画面ともいっていいページです。

ひなきら

ここで、全体的なユーザー指標が見られますよ。

では、用語の解説もしておきますね。

  • ユーザー・・・ユーザーとは、サイトを訪れた「人」のことです。
  • セッション・・・セッションとは、訪問数のことです。サイトに訪問してから離脱するまでを「1」とカウントします。
  • ページビュー数・・・サイト内で読まれたページ数のことで、PV数ともいいます。
  • ページ/セッション・・・ページ/セッションというのは、1セッションあたり平均何ページが閲覧されかを示します。
  • 直帰率・・・サイトの「1ページだけ」を読んで、他のサイトへ離脱してしまう割合のことです。

何人のユーザーがきているのか、どれだけのページが見られているのかといったように、基本的だけど重要なデータが見られます。

まずはこれを覚えて常にチェックできるようにしましょう。

アクセス元を把握しよう!

どの媒体からの流入なのか、といったことを把握する上で、アクセス元を確認することも重要です。

ひなきら

アクセスがTwitterからなのか、検索エンジンからなのか、といったことを把握することができます。

アナリティクス集客

上記のように「集客」→「概要」をクリックしましょう。

アナリティクスチャネル

上記の画面で、「Social」「Direct」「Organic Search」などの簡単な指標が見られます。

また、さらに詳しく見るためには「ここをクリック」をクリックします。

アナリティクス流入元
ひなきら

さっきよりも詳しい情報が見られるようになりましたね。

また、ここで「Social」「Direct」「Organic Search」などをクリックすると、「Social」ならTwitterから何人きているのかInstagramから何人きているのかといったように、さらに詳しい情報も見れちゃいます。

用語については、下記をご覧ください。

  • Social・・・Twitterなど、ソーシャルメディアからのアクセスのことです。
  • Organic Search・・・Googleやヤフーからのアクセスのことです。
  • Direct・・・ブックマークやURL直接入力、メルマガなどからのアクセスのことです。
  • Referral・・・他のブログサイトなど、SNS以外の外部サイトからのリンクによるアクセスのことです。
  • Paid Search・・・リスティング広告からのアクセスのことです。

さらに詳しく流入元を確認したい方は、【Googleアナリティクス】サイトへの流入元を調べる方法←こちらの記事をご覧ください。

閲覧されたページを把握しよう!

ユーザーに閲覧されたすべてのページを見ることができます。

アナリティクスサイトコンテンツ

閲覧されたページを見るには、「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックします。

アナリティクスすべてのページ

上記の画面で、ユーザーが閲覧したページはどのページなのか、どのページが良く見られているのか、長い時間読まれているページはどれなのか、といった情報を把握することができます。

入口ページを把握しよう!

ユーザーがどのページからサイトにきたのか、という情報も確認することができます。

ひなきら

サイトにきて初めて見たページですね。

どのページから流入しているのかが分かれば、検索順位の変動などいろんなことに気づきやすくなりますよね。

アナリティクスランディング

では、上記のように「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」へ進みましょう。

ランディングページ

これで、ページごとの情報が見れるようになっていますね。

この画像の場合は、「/」が最も多いですが、これはトップページになります。

僕の場合は、TwitterやInstagramからの流入だろうなということが分かります。(ほとんどSNS・・・。)

逆に、「/」以外については検索エンジン経由である可能性が高いだろうと推測できます。

アナリティクス初心者のための基本の使い方・見方のまとめ

以上、Googleアナリティクスの基本的な使い方・見方をご説明してきました。

基本的なことですが、とても重要な指標となるものばかりです。

この機会にしっかり理解をして、これからのブログ運営に活用していきましょう。

これからブログを始めたい方へ

まだブログを始めてないよ~!という方は、下記よりブログを作ってしまいましょう!

スマホでWordpressを作りたい!という方は、【スマホで】WordPressブログの作り方をわかりやすく解説!(画像付き開設方法)←こちらの記事をどうぞ。

PCでWordpressを作りたい!という方は、ワンコインで出来るWordPressブログの作り方【初心者向け】←こちらの記事をそうぞ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる