➡とってもお得なWordpressブログの作り方はこちら

【Googleアナリティクス】サイトへの流入元を調べる方法

Googleアナリティクス流入元

ブログのアクセスを確認するときには、どこから来てくれたのかな?ということも気になるものですよね。

検索エンジンからなのか、SNSからなのか、またはブックマークなどからなのか。

流入元を知ることができれば、流入が少ないのはどこなのかといったことが分かり、対策・改善につなげることができます。

ひなきら

流入元の中では、検索エンジンからの流入が増えると嬉しいな。
だから検索エンジンからの流入は一番気になるぅ・・・。

といったように、流入元についても重要な指標となります。

ぜひこの記事を最後まで読んで、しっかり流入元の見方をマスターしておきましょう!

目次

サイトへの流入元の種類

サイトへの流入元は9種類

主な流入元は、下記の9種類に分けられます。

チャネル名日本語での呼び方概要
Organic Search自然検索検索エンジンからの流入
Socialソーシャルソーシャルメディア(SNS等)からの流入
Directノーリファラーブックマーク経由などの直接流入
Referral参照元サイト他サイトからの流入
Paid Search有料検索リスティング広告からの流入
Displayディスプレイディスプレイ広告からの流入
Emailメールメール経由での流入
Affiliatesアフィリエイトアフィリエイトからの流入
Other Advertising他の広告その他の広告からの流入

上記のように9種類に大別されますが、このうち特に重要なものは、「Organic Search」、「Social」、「Direct」、「Referral」の4つです。

4種類の流入元の内容・代表例

主な流入元が、「Organic Search」、「Social」、「Direct」、「Referral」の4つであることはお伝えしました。

さらに、この主な4つに分類されるものの「流入元の例」についても見てみましょう。

Organic Searchとなる流入元の例

  • Google検索 「google / organic」
  • Yahoo検索 「yahoo / organic」
  • Bing検索 「bing」
  • goo検索 「goo.ne」
  • BIGLOBE検索 「biglobe」
  • Ask検索 「ask」 
  • docomo検索 「search.smt.docomo / organic」 
  • au検索 「auone / organic」 
  • 楽天検索 「rakuten」

Socialとなる流入元の例

  • Twitter
  • Youtube
  • Facebook
  • Google+
  • Hatena Bookmark
  • Pocket
  • Ameba
  • FC2
  • Yahoo! Bookmarks

Referralとなる流入元

他のサイトからの流入元

Directとなる流入元の例

  • ブックマークからの流入
  • メルマガからの流入
  • URL直接入力の流入

流入元を調べる方法

では、アナリティクスを使って流入元を調べる方法を見ていきましょう。

流入元を調べるには、「集客」から確認していきます。

アナリティクス集客

上記のように、「集客」→「概要」へと進みます。

すると、下記のような画面になります。

アナリティクス集客チャネル

上記の画面では、どこからユーザーが流入しているのか、おおまかなデータを見ることができます。

円グラフでは、主な流入元4種類「Organic Search」、「Social」、「Direct」、「Referral」の割合が分かり、下の棒グラフでは、それぞれの人数を確認できますね。

アナリティクス集客概要

流入元「Social」基本の見方

どのソーシャルメディアから流入があるのかを把握する方法です。

アナリティクス集客ソーシャル

上記のように、「Social」をクリックしましょう。

アナリティクス集客ソーシャル

すると、上記画面に変わり、ソーシャルメディアごとのユーザー数などを確認することができます。

ほとんどTwitter流入ですね(笑)

流入元「Direct」基本の見方

直接サイトに来る(URL、ブックマークなど)きっかけとなるページを把握することができます。

アナリティクス集客ダイレクト

上記のように、「Direct」をクリックしましょう。

アナリティクス集客ダイレクト

上記画面になって、ユーザーが直接サイトに来るきっかけとなったページが分かります。

流入元「Organic Search」基本の見方

どの検索エンジンから流入があったのかを確認する方法になります。

アナリティクス集客オーガニック

上記のように「Organic Search」をクリックしましょう。

アナリティクス集客自然検索

ここでは、どんなキーワードでサイトに流入があったのかが分かります。

ただ、この画面でキーワードが分かるのは、Google検索以外だけになります。

Googleでのキーワードは分からないようになっていて、「not provided」と表示されてしまうんですね。

上記画面の場合、Google以外の検索がないことが分かりますね(笑)

参照元

また、どの検索エンジンから流入があったのかを調べることもできます。

上記のように「参照元」をクリックすると、下記になります。

アナリティクス参照元

Google、Yahoo、Bingからの流入があることが分かりますね。

ひなきら

う~ん。検索エンジンからの流入がすくない・・・。

流入元「Referral」基本の見方

「Referral」では、ソーシャル以外のサイトからの流入がどこからなのか、といった参照元の確認ができます。

アナリティクス集客REFERRAL

上記のように、「Referral」をクリックしましょう。

すると、下記のような画面になります。

RFFERAL

これを見ると、どのサイトから来ているのか、どのメディアで紹介されているのかが分かります。

サイトへの流入元を調べる方法のまとめ

今回は、サイトへの流入元の確認方法について見ていただきました。

流入元の確認方法については簡単でしたね。

流入元のデータを確認すれば、流入の弱い部分はどこなのか、対策するべきはどこなのかを把握することができます。

流入元データを上手く活用して、今後の改善に活かせるようにしておきましょう。

これからブログを始めたい方へ

オススメレンタルサーバーNo.1の「ロリポップ!(ハイスピードプラン)」は「エックスサーバー(x10プラン)」をも超える国内最高クラスの表示速度を誇り、しかも月額500円という破格の金額でブログを作ることができる超オススメのプランです。

そして、ロリポップ!を使用している間は、人気の「.com」や「.net」など45種類のドメインが無料で使えちゃいます!(ムームードメインで取得)

つまり、ブログにかかる費用は月額たったの500円(ワンコイン)!という超お得な価格でブログを始められます。

ぜひこの機会にご利用を検討してみてください!

詳細は、以下のリンクからご確認ください。

⇒ロリポップ!「ドメイン永久無料!月額500円で最高速度クラス!

当サイト「ぶろぐ学部」では、超初心者でも簡単にブログを始められる方法を紹介しています!

ブログをこれから始める方は、こちらのWordPressブログ始め方完全ガイドをぜひご覧ください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる