➡とってもお得なWordpressブログの作り方はこちら

【アナリティクス】記事ページのPV数、滞在時間などを確認する方法

アナリティクスページごと

GoogleアナリティクスでページごとのPV数、滞在時間、離脱率などのデータを確認する方法をご紹介!

どのページが良く読まれているのか、どのページは読まれていないのかということが分かるようになります。

簡単なので、ここでしっかりマスターしておきましょう!

関連記事:Googleアナリティクスの見方・使い方ガイド!【初心者向け】

目次

【アナリティクス】ページごとのPV数や滞在時間などのデータを確認する

では、さっそくページごとのデータを確認しにいきましょう!

タイトルごとのデータを確認

まずは、記事タイトルごとのデータを確認してみます。

アナリティクスページ

①「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」に進む。

アナリティクスページ2

②すると、上記のようにページごとのデータが表示されます。

ちなみに、ページ名のところがパーマリンクで設定したものになっています。

URLの状態なので、どのページなのかちょっと分かりづらいかもしれません。

なので、これからちょっと見やすくしてみましょう。

アナリティクスすべてのページ

①「ページタイトル」をクリックしてください。

アナリティクスページタイトル

②すると、上記の画面のようになって、ページタイトル名が表示されます。

めっちゃ分かりやすくなりましたよね!

これなら、何のページだったかな?となることはないですね。

PV数以外の並び順に変更する

データの並び順は、デフォルトでは「ページビュー数」の多い順に並んでいます。

これを変更してみましょう!

今回は、「平均ページ滞在時間」の多い順番で表示させてみたいと思います。

アナリティクスページ滞在時間

①「平均ページ滞在時間」をクリックしましょう。

ページ滞在

②すると、下記のように並び順が変わります。

平均ページ滞在時間の長い順に並んでいることが分かりますね。

他の指標であっても、同じようにやっていけばオッケーです。

【アナリティクス】ページごとのデータ確認方法のまとめ

いかがでしたでしょうか。

そして、ページごとのデータを確認することは大事なことです。

PV数はもちろん、滞在時間などを把握することができて、その後の改善に活かすことができるようになります。

以上、ページごとのデータ確認方法でした!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる