> 比較付きでSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

ブログ記事まとめ文の作り方を解説っ!

How-to-write-a-blog-summary

ブログ記事のまとめ文の作り方を解説します。

本記事の内容
  • ブログまとめ文の役割
  • ブログまとめ文の書き方
  • ブログまとめ文の注意点
Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ最高月20万円。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー9,300人。ブログが大好き。

Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ最高月20万円。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー9,300人。ブログが大好き。

「ブログのまとめ文って必要なの?」「まとめって意味あるの?」

こう思っている方、注意です。

でも、僕も以前はそう思っていました。

「まとめ、なくても良くない?」と。

実際、ブログのまとめ文って、あまり意味あるものだと思っていませんでした。

でも、実はまとめ文には大きな意味がありますし、収益アップへの効果や、少なからずSEO効果もあります。

この記事では、そのように大事なブログのまとめ文の役割や書き方、注意点まで解説していますので、まとめ文の効果的な使い方を知りたい方は、ぜひ見ていって下さいね。

見たいところに飛べる目次

ブログのまとめ文って何?

ブログのまとめ文とは、ブログ記事の要約文のことです。

基本的に、ブログのまとめ文は、記事の最後に配置されます。

blog-summary-sentence
ヒナキラ

上記のイメージですね。

また、読者が行動するための後押しを行う場所でもあり、実はかなり重要な部分です。

ブログのまとめ文の役割

ブログ記事の最後に「まとめ文」を書くことの役割を、解説します。

具体的には以下の4つです。

ブログのまとめ文の役割
  1. 行動を促す
  2. 収益アップに繋げる
  3. キーワードを入れる
  4. 他の記事への誘導
ヒナキラ

それぞれ解説します。

役割①:行動を促す

行動を促す

ブログのまとめ文の大きな役割として、読者の行動を促すことがあります。

記事を読んだら、行動を起こすべきということを読者に伝えましょう。

行動の内容は、アフィリンクのクリックであったり、別記事への誘導であったり様々です。

が、まとめ文まで読んでくれている読者は、行動意欲が高い方が多いので、そこで一押ししてあげるのがおすすめ。

これだけでも、成約率アップが期待できるでしょう。

実際、CTRエリア(アクションを促す場所)、などともいわれていて、効果的なのは確実です。

役割②:収益アップに繋げる

収益アップ

まとめ文で行動を促せば、広告のクリックにも誘導できます。

つまり、収益アップに繋がるということです。

ただ要約するだけでなく、広告リンクのクリックに繋がる文章を添えてあげると良いでしょう。

繰り返しになりますが、まとめ文では、読者にしてほしい行動を促すようにするのがおすすめです。

役割③:SEO効果を高める

SEO

ブログ記事のまとめ文があることで、あらためてキーワードを含んだ文章を追加できます。

見出しは「まとめ」だけで終わるのではなく、「まとめ┃○○○○○○○」というようにキーワードを含ませるのがおすすめです。

もちろん、本文にもさりげなくキーワードを入れておきましょう。

これによって、多少のSEO効果が見込めます。

もちろん、これで大きな効果がある!というわけではないですが、ないよりはあった方が良いかと。

例え小さな効果でも、積み重なれば大きな効果を生むはずですからね。

役割④:他の記事への誘導

誘導

すでに解説したとおりですが、まとめ文まで読んだ読者は、満足度が高く、行動を起こしやすい心理状態にあるといえるでしょう。

つまり、ここに関連記事をおくことで、その記事へ誘導することができます。

その場合、行動を促す一文もさりげなく添えてあげましょう。

クリックされる記事があると、リンク効果が高まり、SEO効果が高まるのでおすすめです。

役割⑤:情報を整理できる

情報整理

ブログのまとめ文で、記事の要約文を書けば、読者が記事の内容を振り返ることができ、情報を整理しやすくなります。

まず基本的に、読者は内容を覚えていません。

長い記事の場合、ポイントポイントでは覚えていても、実際には内容のほとんどは覚えていないでしょう。

なので、最後に要約文をおいてあげることで、読者が内容を思い出せたり、反復することで記憶しやすい状態にもっていけます。

ブログまとめ文の書き方

ブログのまとめ文の書き方を紹介します。

具体的には、以下のとおりです。

ブログまとめ文の書き方
  1. 見出しにキーワードを入れる
  2. 記事内容をまとめる
  3. 新情報を付け加える
  4. 行動を促す
  5. 感情を入れる
ヒナキラ

それぞれ解説します。

書き方①:見出しにキーワードを入れる

ブログのまとめ文の見出しには、キーワードを入れましょう。

「まとめ」とするだけでは、もったいないです。

見出しにキーワードを入れればSEO対策にもなるので、意識していきましょう。

書き方②:記事内容をまとめる

まとめ文、というだけなので、記事内容をまとめることが大事です。

この場合、長々とまとめるのではなく、短く端的にするのがおすすめ。

箇条書きを使ってまとめるのもアリですね。

書き方③:新情報をつけ加える

ブログのまとめに、新情報をつけ加えるのもおすすめです。

まとめの文章内だけで見られるものを付加しておく、ということ。

それによって、満足度をさらに高められる効果があります。

最後まで読んで良かった、と思ってもらえれば最高ですね。

書き方④:行動を促す

最後に、読者の行動を促す文章を入れておきましょう。

読んでほしい記事、クリックしてほしい広告リンク、などへのアクションを促すということ。

人は、基本的に行動するのを面倒だと思うものです。

行動への気持ちが高まっていても、行動しようか迷ったあげくに、やめておこうかな…となる方も多いことでしょう。

そんな方には、あなたの一押しが行動のキッカケとなるのです。

書き方⑤:感情を入れる

ブログまとめ文は、感情を入れやすい部分でもなります。

感情のない文章は、どこか機械的でつまらなく感じるもの。

本文はもちろん、まとめ文にも感情を入れて書くのがおすすめです。

人は感情で動くもの。

感情が感情を動かす、すなわち感動を生む、ということも可能となるかもしれません。

ブログまとめ文の注意点

ブログまとめ文の注意点については、以下のとおりです。

ブログまとめ文の注意点
  • 長くしすぎない
  • 関係のない記事にリンクしない
  • いかがでしたでしょうか?は不要
  • 必ず関連記事やアフィリンクを設置
ヒナキラ

それぞれ解説します。

長くしすぎない

ブログのまとめ文では、長いあまり文章にするのは控えましょう。

まとめなのに、まとめられていないのは、読者から不信感を持たれる可能性も・・・。

できるだけ短く、端的に、まとめるように意識していきたいですね。

関係のない記事にリンクしない

まとめ文には関連記事を置いた方がよいですが、だからといって、むやみやたらに置くのはおすすめしません。

基本的には、関連性のある記事にするべきです。

関連の薄いページにリンクをしても、あまりSEO的にも効果はなく、またクリックされることも少ないと考えられます。

つまり、無意味なリンクになってしまうので注意ですね。

「いかがでしたでしょうか?」はいらない

これはブログ初心者さんにありがちなのですが、まとめ文の冒頭で「いかがでしたでしょうか?」と入れることです。

逆に考えてみて下さい。

いかがでしたでしょうか?と聞かれても困りますよね。

困るなら、そもそも入れるべきではないでしょう。

アフィリンクを設置

アフィリエイトに関係する記事であれば、記事の最後にアフィリエイトリンクを設置しましょう。

まとめ文で行動を後押ししたあとに、そっと添えるイメージです。

ボタンのように目立たせるのも良いですし、テキストでさりげなく置くのもアリですね。

ただ、バナー広告は広告感が強すぎるので、個人的にはおすすめしません。

まとめ┃書き方をマスターして効果的なまとめ文を作ろう!

今回は、ブログのまとめ文の書き方を解説しました。

ブログのまとめ文の書き方
  1. 見出しにキーワードを入れる
  2. 記事内容をまとめる
  3. 新情報をつけ加える
  4. 行動を促す

書き方については、こんな感じですね。

ちなみにですが、まとめ文におく関連記事は、やたら多く置いておくのはおすすめしません。

リンク先に渡せるパワーーーー!が分散されてしまうので、評価をあげたい重要な記事をおいておくのがおすすめです。

または、読者が読みたいと思えるような記事ですね。

そうすることで、結果的にSEO効果を高められることにも繋がります。

なんとなく書くのはもったいないので、ぜひ意識してまとめ文を書いてみてくださいね。

今回は、以上です。

\ 充実の毎日を始めよう! /

※在宅で稼げて、月10万円も夢じゃない!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次