> 比較付きでSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

Catchyは無料で何記事作れる?今ならクレジット増量中!(1/15まで)

Catchy-free-how-many-articles

AIライティングツール「Catchy」は無料で何記事作れるのか、解説します。

【期間限定】2023/1/15までCatchy新規登録時、通常無料枠10クレジットのところ、30クレジットをプレゼント中!

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

Catchyは無料で使えます。

ただし、所有するクレジットの範囲内で。

通常は無料登録で10クレジットを付与してもらえるのですが、10クレジットで何記事作れるのか検証しました。

無料でお試ししてみたい!という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

見たいところに飛べる目次

Catchyは無料プランで何記事作れるのか

Catchyは無料プランで何記事作れるか。

結論からいうと、2,000文字程度の記事を1記事作れます。1,000文字で良ければ2記事です。

まず、Catchyは無料登録するとクレジットが10付与されるのですが、記事生成するにはクレジットを使います。

下記のような感じですね。

Catchyクレジットを消費

記事のタイトルを生成するのに1クレジット、目次に1クレジット、本文は3クレジット、となっているのが分かりますよね。

まあ、正直タイトルと目次(見出し)は自分で考えた方が良いと思っていますが。

つまり、本文だけを生成させるには3クレジット使用します。

が、ここで注意です。

上記の「記事の本文」では500文字前後しか生成されず、使い物になりません!これでは2,000文字の記事を1記事も作れません!

ということ。

では、どのように「Catchy」無料プランで1記事作成するのかについて見ていきましょう。

Catchy無料プランで1記事作成する方法

では「Catchy」は無料プランで2,000文字の記事を1記事作成する方法について解説します。

まず、使うのは「生成ツール」ではなく「記事制作(4クレジット消費)」の方です。

記事制作の方を使う

記事制作をクリックしたら、「本文作成」をクリックします。

STEP1~3までは飛ばしてOK。ただし、導入文などの作成に自信がない方は、使うのもありです。

本文作成

画面が変わったら、タイトルと導入文を自分で考えて入力します。

タイトルと導入文を自分で考えて入力します

その後、下にスクロールして自分で考えた「記事の見出し」を入力します。

見出しを入力する(4~6見出し程度)

ここで注意なのは、たくさん見出しを入れすぎないこと。

1000~1,500文字で文章が切れるので、その辺を想定して見出しを入力します。

上記の見出しで生成すると、下記のように生成されます。

途中で文章が切れる(1000~1500文字くらい)

このように、だいたい見出し4~6コくらいまでが限度でしょう。

なお、1回生成するのに「4クレジット」消費します。

なので、これで2回生成すれば、2,000文字の記事を8クレジットで作れる感じですね。

Catchyの無料プランと有料プランの料金

プラン月額料金クレジット数
Free0円/ 月10
Starter(100)3,000円/ 月100
Starter(200)5,700円/ 月200
Starter(300)8,100円/ 月300
Pro(おすすめ)9,800円/ 月
(年払いで20%オフ)
無制限

料金プランは上記のとおりです。

ヒナキラ

おすすめはProプランの年払いです。

理由は、なんといってもクレジット無制限というところ。

1記事作るのに最低8クレジットと考えると、100クレジットでも月に10記事程度しか作れません。

それに、あまり意図した文章が出なかった場合、再度見出しを変えて生成することも良くあります。

つまり、実際には100クレジットあっても10記事も作れない可能性も十分にあります。

と考えると300クレジットでも月に20~25記事。

僕はすでに12/4に導入して1ヶ月で50記事以上作成しているので、全然足りないんですよね。

という点から、個人的にはProプランをおすすめします。

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

まとめ|Catchyの無料プランでお試ししてProプランにGo!

Catchy
総合評価
( 5 )
メリット
  • 記事作成が鬼速くなる
  • SEO対策に使える
  • コスパが最高
  • 色々できて楽しい
  • 1日10記事以上作成可能
デメリット
  • 面白味のない文章になる
  • ちょっとしたコツが必要
  • 値段が高い

Catchyは画期的なツールです。もはや最強のツールといっても過言ではありません。

これを使えば、1500文字前後の記事を1日で10記事以上作れます。

人によっては月間300記事以上作ることも可能でしょう。

まさに、ゲームチェンジャーになりえます。

ぜし、うまく活用して時流に乗ったブログ運営、ライティング活動をしていきましょう!

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次