> 12コの有料テーマを使うマニアが大評判のSWELLを徹底レビュー!

ブログ記事の上手なパクり方(参考にする方法)を解説

Good-wa-t-to-copy-blog-articles (1)

丸パクりは絶対NGな、ブログ記事の上手なパクり方(参考方法)について、詳しく解説します。

本記事の内容
  • ブログ内容を丸パクりするのがNGな理由
  • ブログ記事をパクる際の注意点
  • ブログ記事の上手なパクり方

ブログ記事を書くにあたって、「どのように書けば良いか分からない・・・」「どこまで他の人のブログをパクってもいいの?」などとよく聞きます。

azusa

ブログ初心者は、何から何まで分からないことだらけですからね。

この記事では、なぜ丸パクりがNGなのかを解説すると共に、ブログ記事を上手にパクる(参考にする)方法を、分かりやすく解説します。

ブログをパクる(参考にする)にあたって、知らないと大変な事になることもあるので、ぜひ見ていってくださいね。

azusa

執筆者

azusa

20代後半、元美容師で兵庫県在住のフリーライター。読者が楽しいと思えるような文章作成を心がけています。Fimoraでの動画編集も得意。ヘアカットが得意。ふわふわのオムライスが好き。

azusa

執筆者

azusa

20代後半、元美容師で兵庫県在住のフリーライター。読者が楽しいと思えるような文章作成を心がけています。Fimoraでの動画編集も得意。ヘアカットが得意。ふわふわのオムライスが好き。

Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代ブロガー。ブログ月収6桁達成。有料テーマ12コを扱うテーマおたく。27万円コンサルコミュニティでSEO勉強中。元美容師。納豆好き。

Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代ブロガー。ブログ月収6桁達成。有料テーマ12コを扱うテーマおたく。27万円コンサルコミュニティでSEO勉強中。元美容師。納豆好き。

タップできる目次

ブログの内容をまるパクりするのがNGな理由3つ

それでは、ブログの内容をまるパクりするのがNGな理由を紹介します。

具体的な理由は、以下の3つです。

  1. ペナルティを受ける
  2. トラブルになる、訴えられる
  3. 成長しない
azusa

では、一つずつ解説していきます。

①:ペナルティを受ける

ブログ内容をまるパクりするのがNGな理由1つ目は、「ペナルティを受ける」からです。

他人のブログの内容を丸パクりしてしまうと、「違反行為」としてペナルティを受けてしまいます。

「です・ます」調を変えただけだったり、文章コピペは、もちろんアウト。

ペナルティを受けると、GoogleやASPから記事を削除されたり、サイトの信頼を失ったり…。

最悪の場合、サイトも削除をされる可能性が高いです。

azusa

他人ブログの丸パクりは、ペナルティを受ける可能性が高いので絶対にやめましょう。

②:トラブルになる・訴えられる

ブログを丸パクりするとNGな理由2つ目は、「トラブルになる、訴えられる」からです。

ブログにも著作権があるので、パクりはもちろん問題。

相手にバレると、大きなトラブルになったり、最悪の場合は訴えられたりします。

まあ、自業自得なので仕方ありませんが・・・。

逆の立場で考えれば、時間をかけて書いた自身のブログがまる丸パクリされたら、とても嫌な気持ちになると思います。

azusa

恨まれたり、トラブルを避けるためにも、絶対に丸パクりはやめておくべきです。

③:成長できない

ブログをまるパクリするとNGな理由3つ目は、いつになっても「成長できない」ことです。

他人のブログを丸パクリするだけなら、何も考えずに記事ができてしまいますよね。

そうしたことを繰り返しても、他人の力を借りてブログを書いているだけなので何の成長もありません。

ブログは何度も自分で考えて、調べて、執筆することで、徐々に上手になっていきます。

azusa

自身が成長するためにも他人のブログは丸パクリせず、参考程度にして自分の底力を蓄えていきましょう。

ブログ記事をパクる際の注意点4つ

他のブログ記事をパクのはNGですが、一部参考にするという意味でのパクりはアリです。

そんなブログ記事をパクる際の、注意点は4つ。

  1. 文章をコピペしてはいけない
  2. ほぼ同じような画像使用もダメ
  3. 誰が見ても似ていると思われたらダメ
  4. 結論、文章のパクリは見出しまで
azusa

では一つずつ解説していきます。

①:文章をコピペしてはいけない

ブログ記事をパクる際の注意点1つ目は、「文章をコピペしてはいけない」です。

他人の文章をコピペするのは、絶対にNGです。

他人の文章をコピペした場合、著作権の問題があると同時に、相手とのトラブルにもなりかねません。

また、他人の文章だけでなく、自身の文章であっても基本的にコピペはNG。

azusa

自身の文章もNGだなんて、びっくりですよね。

では自分の文章コピペは何故ダメなのでしょう?

それは、他の記事と似ていると、Googleから「重複コンテンツ」と見なされるからです。

そうなると、カニバリ(キーワードの重複)や、インデックス削除(記事の検索順位が圏外に飛ぶ)といった状態になることも。

ですので、他人はもちろん、自分の文章であってもコピペはNGと心得ましょう。

②:ほぼ同じような画像使用もダメ

ブログ記事をパクる際の注意点2つ目は、「ほぼ同じような画像使用もダメ」です。

文章だけでなく、画像もパクっていると思われるほどに似ているものを使用するのはNGです。

他人の画像と同じような画像でもパクったと見なされ、トラブル等になることもあります。

azusa

ほとんど同じような画像を使用するのは、色々と問題が発生することになるのでやめましょう。

③:誰が見ても似ていると思われたらダメ

ブログをパクる際の注意点3つ目は、「誰が見ても似ていると思われたらダメ」です。

ブログの内容が丸パクリでなくても「明らかに他のブログと似ている」、「パクっている」と思われたらNG。

正直、見出しが似ているのはアリだとしても、見出し内の文章内容までそっくりだとパクったと見なされても仕方がないです。

azusa

誰が見ても他と似ていると思われるブログ記事は、パクり認定されるので「NG」です。

④:結論、文章のパクリは見出しまで

ブログをパクる際の結論は、「文章のパクリは見出しまで」です。

同じようなクエリ、キーワードを書くときには、見出しが被ってしまうのは当たり前のこと。

azusa

特に見出し構成は、パクらなくても似てしまいます。

なので、見出しまでならパクってもOKです。

結論、パクるなら見出し構成がおすすめ!文章はNG!です。

ブログの上手なパクり方|パクるのは「技術」

次に、ブログの上手なパクり方(参考にする方法)を解説します。

ここでいうブログのパクりとは文章や画像ではなく「技術」のことです。

といわけで、ブログの上手なパクり方は以下の5つです。

  1. 見出し構成の一部をパクる
  2. タイトルの一部をパクる
  3. 文章の言い回しをパクる
  4. 文章のリズムをパクる
  5. 装飾の仕方をパクる
azusa

では一つずつ解説していきますね。

①:見出し構成の一部をパクる

ブログの上手なパクり方1つ目は、「見出し構成の一部をパクる」という方法です。

ブログを書くにあたって、大事な柱となるのが見出し構成。

検索上位の見出し構成を見れば、自分に足りない点が見つかることが多いです。

読者はこんなことを知りたかったんだな、こういう事も見出しに盛り込めるな、など発見があると、ブログ記事も豊かになりますね。

azusa

すべてをパクるのではなく、あくまで見出しの一部をパクりましょう。
ただし、一部だからといって丸コピーはダメですよ。

記事のボリュームも増え、読者の知りたいことも盛り込めるので、見出し構成の一部をパクるのはおすすめです。

②:記事タイトルの一部をパクる

ブログの上手なパクり方2つ目は、「記事タイトルの一部をパクる」方法です。

他人の記事タイトルには、たくさんのヒントがありますからね。

まずは記事を読んでもらうために、読者を惹きつけるタイトルは大事。

が、初めはタイトルを考えるのも大変で、コツがいります。

そこで、タイトルの良い単語を見つけ、一部抜き出して使ってみる。といった感じですね。

azusa

同じジャンルだとトラブルになりやすいので、別ジャンルのタイトル文を一部パクるのがおすすめです。

③:文章の言い回しをパクる

ブログの上手なパクり方3つ目は、「文章の言い回しをパクる」方法です。

azusa

独特な言い回しのレパートリーが多いと、個性を出すことができます。

たとえば有名ブロガーのマナブさんの言い回し「〜でして」をパクっている方が多いように、印象に残ったり、良いと思った言い回しをパクるのはOKです。

「~でして」はTSUZUKIさん、クニトミさんなど多くの方も使用している。

何か癖になる、印象に残るような記事を書くために、文章の言い回しをパクるのはありです。

④:文章のリズムをパクる

ブログを上手にパクる方法4つ目は、「文章のリズムをパクる」方法です。

読みやすいブログの文章の余白や、文章の長さ、改行の癖などを真似する事により、読者が読みやすく、目に止まりやすいブログになります。

ブログ初心者は、そういった文章のリズムが難しいと感じる方も多いです。

azusa

ずらずらと文章を並べているだけでは、読者の目には止まりません。

文章のリズムをパクると、自身が執筆するときにも、改行や余白で悩みづらくなるので、おすすめです。

⑤:装飾の仕方をパクる

ブログを上手にパクる方法5つ目は「装飾の仕方をパクる」です。

ずらっと並ぶ文章に、分かりやすくメリハリをつけるための装飾。

装飾の仕方によって、ブログの読みやすさは格段に変わってきますし、ブログを最後まで読んでもらうには、装飾は重要です。

azusa

上手な方は、読者が知りたいと思っていることやキーワードを見やすく装飾しています。

初心者のうちは装飾の仕方も分からないので、パクることから入ってOKです。

まとめ|ブログはパクる(参考にする)ことも成長のために重要です

今回は、上手なブログのパクリ方について、注意点を踏まえながら詳しく解説しました。

ブログ記事の丸パクリは絶対にNGですが、成長のために内容面以外で上手にパクって、執筆に慣れていくのはおすすめです。

どんな仕事でも、初めは見て、教わって、真似して、慣れてからやっと自身の型が出来上がります。

azusa

これからブログを続ける上での基礎をしっかり学ぶためにも、上手くパクることは必要ですね。

このブログを見て、注意点などしっかり確認しながら上手にパクって、腕を上げていってくださいね。

それでは、以上となります。

最後に、文章や画像のパクりは大きなトラブルになる可能性が非常に高く、また絶対にNGな行為です。

ここで紹介している「パクり」は文章自体、画像自体ではなく、技術のパクりになりますので、そこは注意してください。

あなたと、その他のブロガーさんが気持ちよく稼げるように、そして楽しめるように、文章はパクらずに技術をパクっていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次