> 比較付きでSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

ブログをリライトのやり方やコツ、注意点を超解説

ブログをリライトする方法やコツ、注意点を解説します。

kei-ai

執筆者

kei-ai

東京都在住、30代の姉妹。姉妹フリーライターkei-aiです。あらゆるジャンルに2名で対応。リサーチと執筆に分業し、スピードなら自信あり。

kei-ai

執筆者

keiai

東京都在住、30代の姉妹。姉妹フリーライターkei-aiです。あらゆるジャンルに2名で対応。リサーチと執筆に分業し、スピードなら自信あり。

見たいところに飛べる目次

ブログリライトのやり方【基礎知識】

ブログリライトとは?

ブログリライトとは、一言でいうと「ブログの記事を修正する作業」のことです。

もっというと「ブログ記事を修正して、検索順位や成約率をアップさせること」ですね。

ブログ初心者の頃に書いた記事は、はっきり言って低品質です。

このような低品質記事を修正することで、ブログ全体のレベルアップを図ることができます。

ブログリライトの目的

ブログリライトの目的は、コンテンツの質を高め、検索順位や成約率を向上させることです。

質を高めることで、記事の読みやすさやエンゲージメントを向上させます。

検索順位が上がることで、見てくれる人が増えます。

成約率が上がることで、ブログ収益が増えます。

ブログリライトの効果

ブログのリライトは、ブログにとって様々な良い効果をもたらします。ここでは、ブログリライトの効果について、いくつかご紹介します。

SEO効果

ブログリライトの最大のメリットは、SEO効果が期待できることです。

リライトすることで、ブログが検索エンジンで上位表示され、読者やトラフィックをより多く集めることができます。

これは、検索エンジンが質の高いコンテンツを含むブログを好むためで、リライトはその実現に役立つのです。

読みやすさの向上

ブログのリライトは、読みやすさを向上させる効果もあります。

リライトでは、文章を読みやすくしたり、簡潔にまとめたりすることで、読者がブログを理解しやすくすることができます。

低品質なコンテンツの改善

ブログの内容が低品質であったり、誤りがある場合、リライトによって改善することができます。

低品質なコンテンツはサイト全体に悪影響をもたらすので、その改善は必須といえるでしょう。

カニバリゼーションの回避

カニバリゼーションとは、検索エンジンが2つ以上のコンテンツを類似していると見なすことです。

例えば、「ブログ 始め方」にA記事で順位を上げたいのに、別のB記事が検索結果に表示されてるような状態。そうなると順位が上がらなかったり、離脱が増えたりと、良いことがありません。

これを避けるためには、B記事から「始め方」というキーワードを除外するといった施策が必要となります。

つまり、リライトすることでカニバリゼーションを回避することが可能です。

成約率の向上

ブログリライトの大きなメリットのひとつに、成約率の向上が挙げられます。

読みやすく分かりやすい内容にする、セールスライティングを用いる、記事の主旨やポイントが伝わるようにすることで、成約率をアップさせることができます。

ブログ全体の質の向上

ブログ記事をリライトすることで、ブログ全体の質を向上させることができます。

基本的にブログ初心者の頃に書いた記事は低品質です。

それらを改善することで、ブログ全体の質を高めることができます。

ブログへのファン増加

リライトの効果により、ブログへのファンを増やすことができます。

分かりやすく、読むやすく、質の高いブログにすることで、また読みたいと思うリピーターが増えるためですね。

ファンが増えることはアクセス数や成約率など、様々なプラス効果を期待できるでしょう。

ブログリライトのやり方【注意点】

①公開して1ヶ月以上経過していること

ブログのリライトを行う場合、記事を公開してから1ヶ月以上経過していることが望ましいです。

そうすることで、SEO評価を受けるのに十分な時間ができ、記事の何が有効で何が有効でないかを判断することができるようになります。

逆にいえば、SEO評価が高まらない内に行うリライトでは、施策の効果をはかることができません。

また、3か月~6か月ほどリライトしなくても徐々に高順位にくることもあり、仮にそのような記事をリライトしてしまうと、かえって順位が上がらない要因になるかもしれません。

やはり少し様子を見るのが良いでしょう。

②アクセスのある記事をリライトすること

リライトする記事を探す際、すでに読まれている記事のリライトも検討しましょう。

特に低品質であるなら、なおさらです。

せっかく読んでもらえているのに質が低いなら、離脱されてしまうばかりか、リピーターとなってくれる可能性もなくなってしまうので。

③20位以内の記事を優先すること

順位が20位以内の記事は、優先的リライト候補となります。

リライトすれば10位以内に入りやすくなり、費用対効果が高いためですね。

また、10位以内であれば、さらに3位以内を目指すようにリライトしましょう。

3位以内に入らないと、あまりアクセスは見込めませんので。

④コピー&ペースト(パクリ)は絶対NG

リライトの際にコピペを使うことは厳禁です。

具体的にいうと、タイトルや見出しが似るのはOKですが、本文があまりにも似ている場合、パクり認定される可能性があります。

特にコピペは注意。盗用となるだけでなく、訴えられたりトラブルに巻き込まれたり、連携しているSNSでも評判が悪くなります。

Googleからペナルティを受け、ASPから追放されたり、深刻なダメージとなり、もはやそのブログでは再起不能になるでしょう。

ブログリライトのやり方【手順】

ブログリライトの手順を解説します。

①検索順位を調べる

まず、記事(キーワード)の検索順位を確認します。

基本的には、検索順位チェックツールやGoogleサーチコンソールを使用すると良いですね。

ただ、サーチコンソールでは「表示されなかったキーワードは順位が測定できない」ので、検索順位チェックツールを利用するのが良いでしょう。

検索順位チェックツールは、無料なら「SEOチェキ」、有料なら「GRC」や「Nobilista」がおすすめです。

②リライト記事を決定する

上位20位以内の記事(キーワード)は、読者に読まれる可能性が高いので、優先的にリライトする必要があります。

また、リライトをすることで10位以内に入る可能性も高く、リライトするにあたってコスパの良い記事ともいえます。

あとは、順位にかかわらず、成約に繋がりやすい記事は継続的にリライトしていきましょう。

③リライトする

リライトするブログ記事を選んだら、いよいよリライトです。

ブログのリライトには、いくつかのコツがあるので、詳しくは後述します。

④クロールのリクエストをする

ブログ記事のリライトが完了したら、Googleサーチコンソールを使ってクロールリクエストを行うことが重要です。

これにより、Googleはリライトしたブログ記事のコンテンツを再評価し、検索順位に反映されるようになります。

⑤リライト効果を測定する

リライトしたら、再度順位を測定しましょう。

リライトした施策がどれだけの効果を生んだのかを知ることができ、今後のリライトにも活かすことができるためですね。

効果のあった施策は、必ず覚えておきましょう。

効果のあった施策を他の記事にも横展開することで、ブログ成長スピードが加速しますからね。

ブログリライトのやり方【具体的な方法】

ここではブログリライトを行い、SEOで上位表示させるためのコツを紹介します。

①検索意図を満たす

ブログの再編集を成功させるための第一歩は、検索意図を満たしているかどうかを確認することです。検索意図とは、ユーザーが検索エンジンにクエリを入力する際の目的のことです。ユーザーの検索意図を満たしていないブログは、検索エンジンの検索結果で上位に表示されることはありません。そのため、ブログ記事をリライトする際には、ユーザーが求めている情報を提供するようにしましょう。

②競合サイトを観察する

検索エンジンの結果ページで上位に表示されている記事には、貴重なヒントがたくさん詰まっています。自分の記事には何が足りないのかを見極め、それを伸ばすことで順位を上げることができます。競合他社のサイトを見て、どのようなコンテンツがあり、どのように表現されているかを観察してみましょう。そうすることで、どのようなコンテンツを盛り込めばランキングを上げられるかが見えてきます。

③サジェストキーワードを検討する

サジェストキーワードとは、ユーザーが検索エンジンにクエリを入力した際に表示されるキーワードのことです。これらのキーワードは、SEOのランキングを向上させようとするときに有効です。サジェストキーワードの中から必要と思われるキーワードを新しい見出しとして盛り込むことで、ブログ記事にさらなる情報量を追加し、上位表示を目指すことができます。

ただ、検索意図から外れた部分を追加すると、順位に悪影響を及ぼす可能性があるので、注意しましょう。

④関連キーワードの調査

関連キーワードとは、検索結果の下部にあらわれる「関連キーワード」のことです。Googleが関連するキーワードであると認識している証拠でもあり、これを記事に追加することで情報の網羅性や検索意図を充足できる可能性が高まります。サジェストキーワードと同様に、関連する情報を追加することで、潜在的な検索意図を充足することができます。

ただ、検索意図から外れた部分を追加すると、順位に悪影響を及ぼす可能性があるので、注意しましょう。

⑤一次情報を追加する

ブログの記事を改善する最良の方法の一つは、一次情報を追加することです。一次情報とは、商品を実際に使った感想、インタビューした内容など、他のところで調べた情報ではなく、あなた自身で調べた情報のことです。これらは、あなたの文章に信頼性を与えます。その結果、SEOにおいても好影響をもたらすでしょう。

⑥記事のタイトルと説明を変更する

ブログ記事をリライトする際、タイトルとディスクリプション(タイトル下の説明文)を変更して目立たせることが重要です。魅力的なタイトルと説明文を考えるようにしましょう。これによってクリックされやすくなり、結果的にSEOにおいて好影響をもたらすでしょう。

⑦最新情報に更新する

ブログ記事の内容を、最新の情報に更新することも重要です。読者が正確な情報を受け取ることができるよう、時間をかけてそのトピックに関する最新の情報を調査しましょう。ブログの記事には、その話題に関する最新の統計や研究も盛り込むと、読者にとってより興味深いものになるでしょう。

⑧読みやすさを向上させる

ブログ記事の読みやすさも重要です。読者が理解しやすいほど、より多くの読者があなたのブログに興味を持つようになります。シンプルな表現を心がけ、長い文章はできるだけ簡潔に。また、箇条書きを用いたり、ボックスや画像、図解を用いることで読みやすさは格段に向上します。読みやすければ、滞在時間も増えてSEOに好影響となるでしょう。

⑨難解な内容を分かりやすく

難しい内容があると、離脱を招きます。関連する画像や動画を使ったり、分かりやすい図解を取り入れることで、難しい内容をより理解しやすくする工夫を行いましょう。その結果、滞在時間が増えたり、ひいてはSEOに好影響となります。

⑩内部リンクをつなぐ

リライトしたら、その記事と関連する記事を結びつけることが重要です。内部リンクをつなげることで、読者を飽きさせず、SEO効果も向上させることができます。関連するキーワードをつなげることで、関連性の網ができ、順位向上が期待できるでしょう。

⑪外部リンクを張る

関連する外部サイトへのリンクを貼ることも重要です。これにより、読者に付加的な情報を提供することができ、読者の満足度を向上させることができます。外部リンクは、そのトピックに関連する権威あるサイトへのリンクを心がけましょう。

ブログリライトのやり方【場所別】

①記事のタイトル

記事タイトルは、ブログのリライトの第一歩です。記事の内容を簡潔かつ明確に表現し、インパクトのある表現を盛り込む必要があります。また、可能であれば数字などの参考文献を使用し、具体的であることが望ましいです。

②メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、検索エンジンの検索結果ページに表示されるコンテンツの簡単な要約のことです。140文字以内であることが望ましい。また、説明文には、検索エンジンであなたのブログがより簡単に見つかるように、キーワードを含める必要があります。

③リード文

リード文は、ブログ記事の中で最も重要な部分であり、キーワードを含める必要があります。内容を簡潔に要約し、そのテーマに関する専門知識と権威を示す必要があります。さらに、記事のメリットをわかりやすく伝える必要があります。

④本文

本文は、わかりやすい表現で、検索意図を満たすように書きましょう。基本的な書き方を押さえつつ、キーワードを盛り込むことが重要です。また、画像や図解など、分かりやすくする工夫を取り入れましょう。

⑤まとめ文

まとめ文にはキーワードを含め、本文で取り上げた主要なポイントを要約します。また、関連する他の記事への誘導、内部リンクの設定、必要に応じてアフィリエイトリンクの設置も必要です。

ブログリライトやり方【失敗回避】

リライトして失敗することもあります。ガッツリと順位が下がってしまうこともありえます。

そんな場合、特に重要な記事の場合は、リライトする前に内容のコピーを取っておくのがオススメです。

こうすることで、仮に失敗しても、元のコンテンツを参照したり、もとに戻すことができますからね。

まとめ

ブログのリライトのやり方を解説しました。

この記事で紹介した内容を参考にしたブログのリライトによって順位をあげ、また成約率の向上につなげていきましょう。

では、やったりましょう!

\ 充実の毎日を始めよう! /

※在宅で稼げて、月10万円も夢じゃない!

≫ブログ(その他)カテゴリー記事一覧へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次