>おしゃれなブログデザイン200選はこちら

失敗しないWordPressテーマの選び方とは?変更時の注意点も

この記事のまとめ

WordPressテーマとは何かの解説。

WordPressテーマの選び方と変更時の注意点を解説。

とにかくWordPressテーマ選びで失敗したくない方必見です。

サユナ

WordPressテーマの選び方が分からない・・・

有料テーマは高いから失敗したくないし・・・

こういったお悩みを解決します。

WordPressテーマは8,000種類以上あって、どれが良いのか見極めるのは難しいです。

しかしながら、WordPressテーマはブログの成功をも左右する重要なもの。

アンケート調査によると、ブログのヤル気が起きない理由として「書くのが面倒」ということがあるようですが、それは使いやすいWordpressテーマによって軽減することも可能です。

反対に、使いにくいWordpressテーマであれば、「書くのが面倒」に拍車をかけることにもなってしまいます・・・。

というわけで、これまで9つの有料テーマを使ってきた僕が、失敗しないWordpressテーマ選びをお手伝いしますので、是非じっくり見ていって下さいね。

この記事を読めば、きっと自分に合ったWordpressテーマを見つけられるようになります。

それでは、どうぞ!

タップできる目次

WordPressテーマとは?

WordPressテーマ「JIN」のファイル群

WordPressテーマとは、Wordpress全体を構成するファイルの集まりです。

上記の画像は、Wordpressテーマ「JIN」のファイル群ですが、このようにテーマの中にはたくさんのファイルがあります。

といってもよく分からないので、とりあえずプロ並みのデザインを簡単に作れるデザインテーマと思っておけばオッケーですね。

WordPressテーマとは「Web全体を作形るファイル群」

WordPressテーマとは、Web全体を形作るファイルの集まりです。

なお、テーマを構成する主なファイルは下記です。

  • functions.php
  • style.css
  • header.php
  • footer.php
  • sidebar.php
  • index.php
  • page.php
  • single.php
  • archive.php
  • search.php
  • screenshot.png
ヒナキラ

ここではそれぞれの説明は省きますが、サイトの色々な部分に影響するファイルの集まりということですね。

WordPressテーマの選び方|7つのポイント

Wordpressテーマ選び方指さしている女性

では、Wordpressテーマの選び方として、7つのポイントを解説していきます。

具体的には、下記になります。

WordPressテーマ選び方・7つのポイント
  1. 好きなデザインにできそうか
  2. ユーザーの多いテーマであるか
  3. ブログ向けのテーマか
  4. 使いやすいか
  5. トラブル対応がしやすいか
  6. ブロックエディター対応か
  7. 必要な機能があるか

それぞれ解説していきますね。

選び方①:好きなデザインにできそうか

個人的に最も重視している点であり、最も重要視すべき点でもあると思っています。

そもそも、Wordpressテーマは「デザインテーマ」ともいわれるくらいですから、デザインを重視するのは当然のこと。

また、デザインの良さはユーザーにも好まれますし、ブログ運営のモチベーションにも大きく関わります。

さらにいえば、膨大な時間を費やすことなく簡単にオシャレなデザインにできるテーマであれば、なお良しです。

選び方②:ユーザーの多いテーマであるか

ユーザーの多いWordpressテーマであるかは重要です。

具体的には、「Wordpressテーマ おすすめ」などとしてGoogle検索をしたときに良く目にするテーマは、人気が高くユーザーの多いテーマです。

ユーザーの多いテーマのメリットは下記です。

  • トラブル対応がしやすい
  • カスタマイズの仕方などもググって解決できる
  • 他の人のカスタマイズやデザインを参考にできる
  • テーマの終了リスクも低くなる

逆に、マイナーなテーマだと・・・

  • トラブル対応がしにくい
  • カスタマイズ情報が手に入らない
  • 参考にできるサイトがない
  • テーマの終了リスクが高まる

といったようにマイナーテーマだと、わりと痛いデメリットがありますね。

選び方③:ブログ向けのテーマか

ブログ向けのテーマであるかどうかも重要です。

他には、ビジネス向けの企業用テーマもありますが、正直言って使いにくいですからね。

企業用のテーマの特徴は下記です。

  • ファーストビューがスタイリッシュでオシャレ。
  • ブログ向けの機能は少ない。
  • 設定できる項目も少なめ。
  • カスタマイズが難しい。(プロに依頼を前提か)

上記のとおり、企業用テーマはブログ向けとしては扱うべきでないテーマといえます。

つまり、ブログ向けに作られたWordpressテーマを選びましょうということですね。

選び方④:使いやすいか

先ほどの項目でもあげましたが、使いやすいかどうかは重要なポイント。

使いやすくストレスフリーであれば、楽しんで運営することにもつながります。

ブログの最大のハードルは「継続」です。

使いやすく、ブログを楽しめるということは、継続のための大きな武器となるでしょう。

選び方⑤:トラブル対応がしやすいか

使用者が少ないテーマ、ググってもテーマに関する情報の少ないテーマは注意が必要です。

つまり、何かのトラブルがあった場合に、迷宮入りする可能性があります。

もちろん、それでも対応できるという猛者なら例外ですが。

選び方⑥:ブロックエディター対応か

WordPressの旧エディター(クラシックエディター)は、サポート終了予定が発表されています。

旧エディターはいずれ使えなくなるので、わざわざ旧エディター対応のテーマを選ぶのはナンセンスかなと思います。

つまり、これからWordpressテーマを選ぶ場合、新エディターであるブロックエディター(Gutenberg)に対応しているWordpressテーマを選ぶべきといえるでしょう。

選び方⑦:必要な機能があるか

WordPressテーマに付属している機能も重要なポイントです。

具体的には、下記のようなものです。

  • 高速化機能が付いている
  • 収益化機能が付いている
  • デザイン機能が付いている
  • SEO対策機能が付いている

といったように選び方のポイントを解説してきましたが、実際には良く分からないと思いますので、このあと目的別に分けてさらに具体的な選び方を解説していきます。

無料テーマか有料テーマか問題

無料テーマか有料テーマか悩む人

無料テーマと有料テーマでは、どちらを選ぶべきかといった疑問に対しては・・・

もちろん有料テーマを選ぶべきという回答になります。

やはり無料テーマよりも有料テーマの方が、総合的にみて優位性がありますからね。

どうしても無料にしたい強い理由がなければ、ブログの必要経費とみて有料テーマにしておくべきかなと。

無料テーマと有料テーマの主な違い

無料テーマと有料テーマでは、様々な違いがありますが、主な違いは下記です。

無料テーマ
有料テーマ
  • 【価格】
  • 【デザイン性】
  • 【機能性】
  • 【カスタマイズ性】
  • 【操作性】
  • 【表示速度】
  • 【トラブル対応】
  • 【価格】
  • 【デザイン性】
  • 【機能性】
  • 【カスタマイズ性】
  • 【操作性】
  • 【表示速度】
  • 【トラブル対応】

なお、14のテーマを使用・比較しての結果であり、あくまでも僕個人の主観であることは付け加えておきます。

無料テーマのおすすめ3選

「どうしても無料のテーマにしたい」という方に向けて無料テーマのおすすめ3選をご紹介しておきます。

無料テーマ最強「Cocoon」

Wordpressテーマ「Cocoon」の画像
Cocoon

WordPressテーマの中でも、最もユーザーの多いテーマではないでしょうか。

ネット上での情報も多く、カスタマイズの方法やトラブル対応方法を探しやすいところもポイントです。

無料のテーマにしたいならCocoonにしておく、という認識でオッケーかなと。

バズ部が開発したテーマ「Xeory」

Wordpressテーマ「Xeory」の画像
Xeory

Webマーケティングを熟知したバズ部が開発したWordpressテーマです。

バズ部の運営ノウハウが活かされており、SEOにも強いテーマ。

高速な無料テーマ「Luxeritas」

Wordpressテーマ「Luxeritas」の画像
Luxeritas

多機能でありながら、高速なWordpressテーマです。

無料、有料を含めてもトップのスピードを誇ります。

有料テーマのおすすめ5選

では、次に有料テーマの中でも特に人気のテーマを5つご紹介します。

使いやすく美しいテーマ「SWELL」

Wordpressテーマ「SWELL」の画像
SWELL

とにかく使いやすくてスタイリッシュ、そして高機能なテーマです。

また、進化のスピードもダントツで、一番オススメのテーマ。

稼げるテーマ「AFFINGER」

Wordpressテーマ「AFFINGER」の画像
AFFINGER

稼げるテーマとして先ほども登場したAFFINGERも当然ながら人気の有料テーマです。

実績が豊富で、カスタマイズ性に優れ、稼ぐ能力において右に出るもののないテーマですね。

見やすく使いやすいテーマ「JIN」

Wordpressテーマ「JIN」の画像
J I N

使いやすさと読みやすさに秀でたテーマです。

また、かわいらしいテーマなので女性にも人気ですね。

スタイリッシュなテーマ「THE THOR」

Wordpressテーマ「THETHOR」の画像
THE THOL

THE THORはスタイリッシュで多機能なWordpressテーマ。

集客、収益に徹底的にこだわったWordpressテーマといえますね。

ポップでかわいいテーマ「SANGO」

Wordpressテーマ「SANGO」の画像
SANGO

SANGOの特徴は、やはりポップでかわいいデザインです。

また、SANGOは有料テーマの中でも表示速度の速いテーマでもあります。

トップブロガーが選ぶWordpressテーマ

トップブロガーの選ぶワードプレステーマ

ここからは、ブロガーなら誰もが知る有名なトップブロガーが何のテーマを使っているのかご紹介していきます。

今回ご紹介するの、下記の5名です。

  1. ヒトデさん
  2. マナブさん
  3. クニトミさん
  4. TSUZUKIさん
  5. サンツォさん

①:ヒトデさん「hitodeblog」の使用テーマ

まずは、初心者ブロガーの救世主ヒトデさんです。

ヒトデさんの「hitodeblog」では、JINを使っています。

②:マナブさん「manablog」の使用テーマ

これまた高い知名度を誇るマナブさんです。

マナブさんの「manablog」では、自作したWordpressテーマ「Manablog Copy」を使用しています

③:クニトミさん「副業コンパス」の使用テーマ

「月500万稼ぐ僕が~」が印象的なクニトミさん。

クニトミさんの「副業コンパス」で使用しているWordpressテーマはSANGOです。

④:TSUZUKIさん「TSUZUKI BLOG」の使用テーマ

ブログ最高月収380万円のTSUZUKIさん。

TSUZUKIさんの「TSUZUKI BLOG」での使用テーマはAFFINGERです。

⑤:サンツォさん「ブログ部」の使用テーマ

ブログで300~400万円稼ぐサンツォさん。

サンツォさんの「ブログ部」で使用するWordpressテーマはSWELLです。

WordPressテーマ変更時の注意点5つ

最後に、Wordpressテーマ変更時の注意点も見ておきましょう。

具体的には、下記の5つです。

  1. 子テーマのインストール・有効化
  2. 変更前はバックアップを
  3. 野良テーマは使わない
  4. インストール後はテーマ更新を
  5. テーマの変更はお早めに

変更の注意点①:子テーマのインストール・有効化

WordPressテーマには「親テーマ」と「子テーマ」があります。

WordPressでは基本的に「親テーマ」ではなく「子テーマ」を使用して編集をしていきます。

仮に「親テーマ」を使って設定やカスタマイズをしてしまうと、Wordpressテーマの更新が入ったときに初期化されてしまうリスクが・・・。

忘れずに「子テーマ」もインストールして、子テーマの方を「有効化」しておきましょう。

変更時の注意点②:変更前は必ずバックアップを

テーマ変更をする前は、ファイルのバックアップを取っておきましょう。

もしテーマ変更によって問題が起きた場合に、バックアップを取っておけば元の状態に戻せますからね。

バックアップするにはプラグイン(backWPupなど)を使って手動バックアップがおすすめ。

変更時の注意点③:野良テーマを使わない

WordPressテーマの中には、野良テーマと呼ばれる無料テーマがあります。

野良というだけあって、ネット上に転がっているような無料のWordpressテーマですね。

特に海外の無料テーマには安全性に問題があるものも多く、リスクがありますので注意です。

基本的には、使用者が多くて実績のあるWordpressテーマを使っておくというのが安全ですし、そうすべきですよ。

変更時の注意点④:インストール後はテーマ更新を

WordPressテーマをインストールしたあとは、テーマを最新の状態に更新しましょう。

古いバージョンのままだと、セキュリティ面で脆弱となってリスクがあります。

最新の状態であることを確認してから使うようにしましょう。

変更時の注意点⑤:テーマの変更はお早めに

テーマを変更すると、それまで行ってきた装飾やデザインが一気に崩れます。

つまり、記事数が多ければ多いほどテーマの移行は困難になるということ。

記事数が多くなってからテーマ変更をした場合、その分だけ修正の手間が発生してしまうんですよね・・・。

変更を考えているのであれば、早めにテーマ変更することをオススメします。

まとめ|失敗しないWordpressテーマの選び方

Wordpressテーマの選び方で光を見いだした女の子

いかがでしたでしょうか。

WordPressテーマ選びは重要であり、同時に難しいものでもあります。

テーマ選びで失敗しない、後悔しないためには、今回お話したテーマの選び方を頭に入れて判断することが大切です。

「あれ、忘れちゃった!」という方のために再度テーマの選び方について特に重要な点をおさらいしておきましょう。

  • 好きなデザインにできそうか
  • 使いやすいか
  • トラブル対応がしやすいか
  • ブロックエディター対応か
  • 進化(アップデート)のスピードはどうか

これら5つのポイントを判断材料にしながらWordpressテーマを選ぶと良いですね。

また、あわせてWordPressおすすめテーマ6選も見ていただければ、よりテーマ選びの参考になるのでオススメかと。

では最後に、僕が一番オススメするWordpressテーマもご紹介しておきますね。

僕が選ぶ「本気で」おすすめなWordpressテーマ

僕が「本気で」オススメするWordpressテーマは、当サイトでも愛用している「SWELL」です。

有料テーマに限ればSWELL使用者が圧倒的に多く、最も多くのブロガーに支持されているテーマといえます。

特徴を抜粋すると・・・

  • スタイリッシュで美しいデザイン
  • 使いやすい
  • トラブル対応がしやすい
  • 新エディター「Gutenberg」完全対応
  • 進化のスピードが速い

といったような、すばらしいWordpressテーマです。

詳しくは、SWELL公式サイトからどうぞ。

というわけで、ワードプレステーマの選び方については以上です。

またのお越しをお待ちしてま~す。

WordPressテーマ関連記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次
閉じる