> 【チート級】ChatGPTでブログ執筆を超効率化へ!10倍速で書く方法
PR

SWELLでサイトマップを作る方法【XML・HTML】

How-to-make-a-sitemap-in-SWELL

SWELLでXMLサイトマップとHTMLサイトマップを設定する方法を、詳しく解説します。

本記事の内容
  • XMLサイトマップとHTMLサイトマップの役割
  • XMLサイトマップの設定方法
  • HTMLサイトマップの設定方法
Blog

この記事を書いた人

ヒナキラ

ブログ最高月25万円。SNS最高日給12万円。Twitter(X)フォロワー13,300人。ブログとSNSとSEOがすき。ChatGPTでの効率化も。SWELL大好き自称テーマおたく。

Blog

この記事を書いた人

ヒナキラ

ブログ最高月25万円。SNS最高日給12万円。Twitter(X)フォロワー13,300人。ブログとSNSとSEOがすき。ChatGPTでの効率化も。SWELL大好き自称テーマおたく。

この記事を読むと、SWELLでのXMLサイトマップ、HTMLサイトマップを設定する方法が分かります。

サイトマップの設定で悩んでいる方は、ぜひ最後まで見ていって下さい。

見たいところに飛べる目次

XMLサイトマップとHTMLサイトマップの役割

サイトマップには2種類あることはご存じでしょうか。

すなわち、「XMLサイトマップ」と「HTMLサイトマップ」の2つです。

XMLサイトマップ」とは、検索エンジンにサイトの内容を知らせる役割があります。サイト内の情報を検索エンジンに伝えることで、インデックスされやすくなる効果があります。

HTMLサイトマップ」とは、読者にサイト内のコンテンツ情報を伝えるためのものです。SEO的には意味がない為、絶対に必要というわけではありません。

では、この2つのサイトマップについて、SWELLで設定する方法を解説していきます。

SWELLでXMLサイトマップを作る方法

SWELLでXMLサイトマップを作るには、プラグインを使用するのがオススメです。

当サイトでは「XML Sitemap & Google News」を使用しているので、こちらで解説していきます。

SWELLにXMLサイトマップを設定する手順は以下の通りです。

  1. プラグイン「XML Sitemap & Google News」をインストール
  2. XML Sitemap & Google Newsの基本設定を行う
ヒナキラ

順番に見ていきましょう。

①プラグイン「XML Sitemap & Google News」をインストール

STEP
「プラグイン」→「新規追加」
「プラグイン」→「新規追加」
STEP
「XML Sitemap & Google News」と入力
XML Sitemap & Google News
と入力
STEP
XML Sitemap & Google News の「インストール」をクリック
今すぐインストールをクリック
STEP
「有効化」をクリック
「有効化」
ヒナキラ

これでプラグインのインストールは完了です。

②XML Sitemap & Google Newsの基本設定

STEP
「設定」→「表示設定」
表示設定をクリック
STEP
XMLサイトマップインデックスにチェック
XMLサイトマップインデックスにチェック
STEP
「設定」→「XMLサイトマップ」
XMLサイトマップをクリック
STEP
タクソノミー設定
0.5以上に変更

設定画面になったら「タクソノミー」タブをクリックして、「タクソノミーを含める」にチェックを入れ、「優先度」を0.5以上に設定しましょう。

STEP
投稿者設定
著者アーカイブ(authorページ)を作っている場合はチェックを入れる

続いて「投稿者」タブに移って、「投稿者を含める」にチェックを入れることを推奨します。ただし、投稿者情報を編集するつもりはないよ・・・という方は、外したままでOKです。

XMLサイトマップは、設定が終われば自動的に作成され続けますので、一度設定すればもう触る必要はないです。

では続いて、SWELLでHTMLサイトマップを作成する方法を見ていきましょう。

SWELLでHTMLサイトマップを作る方法

SWELLでHTMLサイトマップを作るにもプラグインを使用するのが「簡単でオススメ」です。

プラグインは「WP Sitemap Page」という人気プラグインを使用して解説していきます。

設定手順は以下の通り。

  1. プラグイン「WP Sitemap Page」をインストール
  2. サイトマップ用の固定ページを作成
  3. プラグインの基本設定
  4. フッターに配置
ヒナキラ

順番に解説します。

①プラグイン「WP Sitemap Page」をインストール

STEP
「プラグイン」→「新規追加」
「プラグイン」→「新規追加」
STEP
「WP Sitemap Page」をインストール
WP Sitemap Page と入力
STEP
「有効化」をクリック
有効化をクリック
ヒナキラ

これでプラグインのインストールは完了です。

②サイトマップ用の固定ページを作成

次に、サイトマップ用の固定ページを作成します。

STEP
「固定ページ」→「新規追加」
「固定ページ」→「新規追加」
STEP
固定ページを編集して「公開」する
サイトマップ

カスタムHTMLに貼り付けるコードについては、以下のものをコピペしてください。

[wp_sitemap_page display_category_title_wording="false"] 
STEP
「公開」したら固定ページのIDを確認
固定ページIDを記憶

③プラグインの基本設定

STEP
「設定」→「WP Sitemap Page」
WP Sitemap Page をクリック
STEP
プラグインの基本設定を行う
設定
設定2
STEP
「変更を保存」をクリックして設定完了
ヒナキラ

これでサイトマップの設定は一応終わりですが、フッターに配置するまで解説していきますね。

④フッターに配置

STEP
「外観」→「メニュー」
「外観」→「メニュー」
STEP
「サイトマップ」にチェックを入れて「メニューに追加」をクリック
「サイトマップ」にチェックを入れて「メニューに追加」をクリック
STEP
サイトマップが追加されたら「メニューを保存」をクリック
サイトマップが追加されたら「メニューを保存」をクリック
ヒナキラ

これで、すべての工程が完了です。

実際にフッターからサイトマップ確認してみましょう。

サイトマップの例

こんな感じでHTMLサイトマップが作れていると思います。

まとめ|SWELLにサイトマップを実装して適切に情報を伝えよう

今回はSWELLを使ってXMLサイトマップとHTMLサイトマップを設定する方法を解説しました。

特にXMLサイトマップは、SEO的にも重要な意味を持つので必須です。必ず設定しておきましょう。

HTMLサイトマップはお好みですが、ユーザーにとってはサイトマップが見られる方がありがたいので、設置推奨です。

では、今回は以上となります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • はじめまして。
    いつもブログを参考にさせてもらっています。

    サイトマップを作ろうと思ってきましたが、もう「PS Auto Sitemap」なさそうです。
    もう、知ってたらごめんなさい。

    ありがとうございます。
    インスタもみてます。
    ダイレクトメールも返信してくれてうれしいです。

    これからも頑張ってください。

  • 困っていたので助かりました!
    画像がたくさんあったので分かりやすく、迷うことなくサイトマップ作成できました。
    感謝です!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次