> 【国内最高】人気№1のブログテーマ「SWELL」をガチレビュー!
PR

ブログキーワード選定の初心者むけ解説|簡単に上位をとる方法とは?

Blog-Keyword-selection-method

ブログ初心者向けに、キーワード選定のやり方・手順を解説。

簡単に上位をとる方法や、ここにしかない、ぶっちゃけ激ヤバ情報の「稼げるキーワードリスト」も公開中です。

初心者ですが、キーワード選定のやり方が分かりません。難しいです・・・。

ヒナキラ

こういったお悩みを解決します。

正直、キーワード選定といっても、ブログ初心者にとっては良く分からないし、難しいですよね。

僕も、ブログを始めて半年くらいはキーワード選定などせず、書きたい記事ばかり書いていました。

でも、それでは非効率なんですよね・・・。

ということに、半年以上たってから気付いたんです。

僕みたいに回り道しないためにも、キーワード選定はしてほしいなと思います。

キーワード選定をしないで時間を無駄にしたい方は回れ右で良いですが、そうでない方は是非この記事をチェックしてみて下さいね。

▼初心者向けのSEO対策まとめ▼

▼ブログ収益化ロードマップ▼

見たいところに飛べる目次

ブログ初心者に難しい「キーワード選定」とは

ブログにおけるキーワード選定とは、あなたが検索上位を取りたい「単語」や「単語の組み合わせ」を決めることをいいます。

例えば、あなたが何か調べ物をするとき、検索エンジンの検索窓に文字の組み合わせを入力しますね。

キーワード選定 やり方」「副業 おすすめ」などのように。

この検索窓に打ち込まれる文字の組み合わせこそが、キーワードです。

そして、キーワードを選ぶことが「キーワード選定」というわけですね。

ヒナキラ

キーワードは、読者の悩みを解決するための「単語」「単語の組み合わせ」とも言えますね。

ブログ初心者向けキーワード選定の「基礎」

では、キーワード選定の前に、キーワードに関する基礎知識を見ておきましょう。

キーワードの検索ボリューム

検索ボリューム

キーワードには、それぞれ検索ボリュームというものがあります。

検索ボリュームとは月間検索回数のことで、月に何回検索されたか、というものです。

なお、上記画像のとおり検索ボリュームに応じて呼び方が変わります。

一般的には、0回〜1000回までをロングテールキーワード、1000〜10000回までをミドルキーワード、10000回以上をビッグキーワードと呼びます。

ヒナキラ

ビッグキーワードほど悩みの範囲が広くて薄い傾向に、ロングテールキーワードほど悩みの範囲が狭くて強い傾向に。

例えば、「ブログ」というキーワードは検索数の非常に多いビッグキーワードですが、そこには「ブログの書き方」「ブログの稼ぎ方」「ブログの始め方」など色んな悩みが含まれています。

そして、「WordPressブログ 始め方 簡単」などとすると検索数は減りロングテールキーワードとなりますが、できるだけ簡単にWordPressでブログを始める方法を知りたい、という購入に直結する、購入に近い悩みとなるわけです。

言い換えると、ビッグキーワードほど購入意欲が低くて、ロングテールキーワードほど購入意欲が高いともいえます。

ということは、何がなんでも検索ボリュームの多いキーワードを優先的に狙うべきではない、ということが分かるわけです。

ヒナキラ

検索ボリュームが小さくても、売上は出せます。

キーワードの4分類

キーワードの4分類

それと、キーワードの4分類についても知っておくと良いでしょう。

キーワードには、上記のような4つのタイプがあります。

すなわち、「知りたい」「〜したい」「行きたい」「買いたい」という4つです。

「知りたい」キーワード

知りたい」キーワードとは、例えば「〇〇とは」「〇〇 使い方」のようなもので、何かを知りたいという悩みを解決するキーワード。

KNOWクエリ
Knowクエリ

「~したい」キーワード

〜したい」キーワードとは、「YouTubeアプリ ダウンロード(YouTubeアプリをダウンロードしたい)」のように「〇〇したい」という悩みがあるキーワード。

DOクエリ
Doクエリ

「行きたい」キーワード

行きたい」キーワードとは、「YouTube」や「マナブログ」など「どこかのサイトに行きたい」という悩みがあるキーワード。

GOクエリ
Goクエリ

「買いたい」キーワード

買いたい」キーワードとは、「〜したい」キーワードに近いもので、「〇〇 購入(〇〇を購入したい)」など、さらに購入に近いキーワードで、積極的に狙いたいキーワードとなります。

BUYクエリ
Buyクエリ

ブログ初心者が「意外とやっていない」キーワード選定

ブログ初心者が”意外とやっていない”重要キーワードとは、下記です。

  • 購入意欲の高い、成約に近いキーワード(~したい、買いたい)

先ほど見たばかりの「~したい」「買いたい」というキーワードですね。

初心者でたまに見るのですが、成約から遠いキーワードを延々と描き続ける方がいます。これではいくら記事数が増えようが売上からは遠いまま・・・。

逆に購入意欲の高いキーワードを書き、そこへの流入が増えれば売上に繋がります。

例えば、「おすすめ」「比較」「評判」「購入」「格安」「ランキング」といったようなキーワードですね。

ヒナキラ

成約に近いキーワードは意識しておきましょう。

もちろん、ブログ運営の目的が売上でないレアケースなら、別ですが。

ブログ初心者向けキーワード選定のやり方・手順

では、キーワード選定のやり方・手順について解説していきます。

具体的には以下の通りです。

  1. メインキーワードを決める
  2. 関連するキーワードを洗い出す
  3. 検索ボリュームを調べる
  4. キーワードをまとめる
  5. 書くべきキーワードを吟味、可視化する
ヒナキラ

順番に解説します。

①:メインキーワードを決める

メインキーワード

まずは、あなたのブログのメインキーワードが何であるかを確認しましょう。

ここでメインキーワードに据えるのは、「1語」ないし「2語」の検索ボリュームの多いキーワードです。

例えば、上記画像にあるように「ペット」「SEO」「ブログ」などというものになります。

②:関連するキーワードを洗い出す

メインキーワードが決まったら、次に関連するキーワードを洗い出します。

この時に便利なツールが「ラッコキーワード」というツール。

アクセスできたら、ラッコキーワードの検索窓にメインキーワードを入力して、検索ボタンをクリックします。

ラッコキーワード

すると、上記画像のように関連キーワードがズラっと表示されます。

次に、これらの検索ボリュームを調査していくのですが、下記画像のとおりキーワードをコピーしておきましょう。

キーワードコピー

③:検索ボリュームを調べる

関連キーワードを抽出したら、それらの検索ボリュームを調査しましょう。

調査に使うツールは、有料プランのラッコキーワードでも良いですし、無料のGoogleキーワードプランナーでもOKです。(キーワードの分類分けも出来るラッコキーワードがおすすめ)

ここでは、無料のキーワードプランナーを使って解説します。

STEP
「検索ボリュームと予測のデータを確認する」をクリック
キーワードプランナー
STEP
コピーした関連キーワードを貼り付けて「開始」をクリック
キーワード貼り付け
STEP
キーワードごとに月間検索ボリュームが表示される
月間検索ボリューム

これで、月間検索ボリュームが表示されました。

が、無料のキーワードプランナーでは、検索ボリュームに幅があります。(1000~10000など)

なので、もっと具体的に知りたいという方は、ラッコキーワードや、ウーバーサジェストといった有料ツールを利用しましょう。

④:キーワードを一覧表にまとめる

続いて、キーワードを一覧表にまとめます。

やり方は下記のとおりです。

STEP
検索ボリューム表示後、「ダウンロードマーク」をクリック
クリック
STEP
過去のプラン指標の「.csv」をクリック
CSV切り出し
STEP
「キーワード管理ツール」にcsvをアップロードする

ここでは、ドムさんという方が作成した「キーワード管理ツール」を使います。

アクセスしたら、下記のようにcsvファイルをアップロードしましょう。

csvアップロード

使い方は「キーワード管理ツール」記事内で解説されています。

STEP
「内容をコピーする」をクリック
内容コピー
STEP
「コピー用スプレッドシート」をクリック
コピー用スプシ
STEP
「ファイル」→「コピーを作成」をクリック
コピー作成
STEP
名前を決めて「保存」をクリック
ドキュメントコピー
STEP
スプレッドシートに「キーワード管理ツール」でコピーした内容を貼り付ける

先ほど「内容をコピーする」でコピーしたものを、ここに貼り付けます。

スプレッドシート

①「ひな形」をクリックして、②黄色のセルに貼り付けましょう。

コピーした内容貼り付け

貼り付け方は、「右クリック」→「貼り付け」です。

キーワード一覧

これで、キーワード一覧表が作成されました。

STEP
キーワードを分類分けする

以下のように条件フィルタを使って、キーワードを分類分けしましょう。

条件フィルタ

すると、下記のように抽出できます。

キーワード分類

この機能を使って、書くべきキーワードを分類すると良きですね。

⑤:書くべきキーワードを吟味、可視化する

あとは、書くべきキーワードを吟味、取捨選択して可視化しておくと便利です。

書くべきキーワードを可視化しておくには、「マインドマイスター(ヒトデさんも使用しているツール)」などのマインドマップツールがおすすめです。

マインドマイスター
マインドマイスターの使用例

ブログ初心者でも上位をとれるキーワード選定方法

ここでは、ブログ初心者でも上位を取りやすいキーワード選定方法を教えちゃいます。

そもそも上位を取るにはどうしたらいいかというと・・・

キーワードを決めて記事を書いて、それが競合サイトの記事や、競合サイトのドメインパワーなどと比較して勝っていればいいわけです。

となると、競合サイトが強い場合、競合の記事がたくさんある場合は、難易度が高まってしまいます。

ではどうするかというと、その逆を取れば上位表示も楽チンというわけ。

つまりこうです。

競合サイトの少ないキーワードを狙えば上位表示ができる。

これで簡単に上位表示ができます。

いや、それができねえから困ってんだろうがよ・・・!

と思いますよね。

では、やり方を教えます。

上位表示しやすい競合サイトの少ないキーワードを調べる方法は、allintitle:調べたいキーワード」でOKです。

「allintitle:」というコマンドを入力すると、指定したキーワードをすべて含むタイトルになっているブログ記事を検索することができます。

つまり、そのキーワードを、どれくらい競合が書いているのかが分かる。

「Twitter フォロワー 増やし方」というキーワード
「X フォロワー 増やし方」というキーワード

たとえば上記。

「Twitterフォロワー増やし方」というキーワードでは838件の記事があるけど、「Xフォロワー増やし方」というキーワードでは2件しかないんですよね。(2023年7月時点)

これは、まだ「Twitter」が「X」という名称になって間もないからです。

まだ「X」という呼び名が一般的でないから、記事を書く人もいない。

そして記事を書いている人がいないから、たった2件しかないわけです。

でも、今後このキーワードは伸びます。なぜなら「Twitter」→「X」が一般化すると、そのキーワードで検索する人が増えるから。

で、たくさんの人が書いてから狙うと、難易度が高まります。

でも・・・。たった2件のいまなら余裕で上位が取れちゃうんですよね。

こんな感じです。

ようするに競合があまり書いていないキーワードはカンタンに上位獲得ができる、ということですね。

ヒナキラ

競合が少ないキーワードなら、初心者でも簡単に上位が取れますよ~。

そして、「X」などのように新しいサービスが出たときは、チャンスです。

競合がいないうちに記事を書けば、上位を独占できますからね。

ブログ初心者におすすめの「キーワード選定」ツール

ブログ初心者におすすめの「キーワード選定」に役立つツールを紹介します。

  • ラッコキーワード
  • Googleキーワードプランナー
  • ウーバーサジェスト
  • Googleトレンド
  • Googleサーチコンソール
  • Googleスプレッドシート
  • マインドマイスター
ヒナキラ

既出のものですが、改めて見ていきましょう。

ラッコキーワード

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、関連キーワードの洗い出しに超便利なツールです。

ヒナキラ

無料ツールでは、ほぼ一択かなと。

ちなみに、有料プランにすると「検索ボリューム」「CPC(収益性)」「難易度」まで見れるうえ、キーワードの分類分けまでしてくれる機能が使えるように。

rakko-keyword-有料
有料プランで調査した結果

月に千円程度でかなりの時短効果を生んでくれるので、オススメです。

Googleキーワードプランナー

keyword-planner (1)

キーワードプランナーは、検索ボリュームを確認するのに役立つツールです。

なんといっても無料で使えるのが素晴らしいです。

が、無料の場合、検索ボリューム「1000~10000」など、あまりにも曖昧で使いにくいというのが率直な感想です。

ヒナキラ

できれば、ラッコキーワードウーバーサジェストなどを使って、より具体的な数字をチェックするのがオススメです。

ウーバーサジェスト

ウーバーサジェスト

ウーバーサジェストは、検索ボリュームはもちろん、競合調査や被リンクチェックなど、様々なことができるSEO対策ツールといえます。

月に2,999円から利用可能で、割と安いツールといった印象です。

ヒナキラ

競合が上位を取っているキーワード、被リンク状況をチェックするにも使えたりします。

Googleトレンド

Googleトレンド

Googleトレンドは、キーワードの人気度をチェックできるツールです。

下記をご覧ください。

trend

上記は、ある事件後に「〇〇協会」というキーワードが一気に人気となったことを示しています。

STEPN
STEPN(1年)

上記は、一世を風靡したSTEPNの人気度です。一気に上がって、現在はしぼんでいます。

仮想通貨
仮想通貨(5年)

こちらは、過去5年間の仮想通貨の人気推移。現在はやや下火でしょうか。

といったように、キーワードの人気度を調べることで、安定しているキーワードなのか、これから伸びるキーワードか、または落ちていくキーワードなのかの予想に使えます。

Googleサーチコンソール

グーグルサーチコンソール

こちらは、Googleサーチコンソールです。

キーワード選定に利用する方法としては、検索パフォーマンスを確認して行います。

検索パフォ

例えば、自分が書いたつもりのないキーワードが上位表示されていたり、表示回数が多かったり、クリックされている場合など、そのキーワードを新たに対策することで更なるアクセスを見込めます。

Googleスプレッドシート

スプレッドシート

Googleスプレッドシートは、洗い出したキーワードをまとめておくのに便利です。

上記のようにまとめるには、「キーワード管理ツール」を使いましょう。

なんとなく思い付きで記事を書くよりも、ずっと効率的なブログ運営に繋がります。

マインドマイスター

マインドマイスター

マインドマイスターは、有名ブロガー「ヒトデ」さんも愛用するツール(YouTubeで良く使用)です。

ブログのサイト構成、記事構成、キーワード管理など、様々な使い方ができます。

また、ブログ以外の仕事や私生活にも使えるので、とても便利。

ヒナキラ

マインドマイスターのおかげで仕事の危機を脱したことは何回もあります。

ぶっちゃけ激ヤバ!稼げるキーワードリストを公開中【随時更新】

ここまで見てくれた方へのご褒美です。

題して、ぶっちゃけ激ヤバ!稼げるキーワードリスト!を公開します。

随時変わりますので、ときどき見に来るといいですね。

ちなみに、ここでいう稼げるキーワードとは・・・単価が高い案件、もしくはEPC(1クリックあたりの発生報酬額)が高い案件と絡めることができて、なおかつ個人ブログが1ページ目にある、なおかつキーワードボリュームもそこそこあるというものです。

なので、そのキーワードを書いている方にとっては知られたくない情報でもあります。

つまり、お宝キーワードかもしれません。

では、いきましょう。

案件や、検索ボリュームも載せていますが、これは執筆時点のものになるので変わる可能性があるのはドンマイってことで。

稼げるキーワード候補検索ボリューム案件例
sonorepro 効果1,000sonorepro
シックスチェンジ 口コミ70シックスチェンジ
ノビルン口コミ590ノビルン
緑でサラナ 効果200緑でサラナ
ミラブルゼロ デメリット260ミラブルゼロ
ヒナキラ

基本的に5つくらいのキーワードを、そのつど変更しつつ公開していきます。

まとめ|難しいけどブログ初心者こそキーワード選定が重要

今回は、ブログ初心者向け「キーワード選定のやり方・手順」について解説しました。

キーワード選定はブログ運営でアクセスを増やしたり、売上を上げる為にも重要なポイントです。

僕も初めはテキトーに思い付きで書いていましたが、今では非効率だったなと思っています。

正直、無駄な時間を費やしたくない方は、ぜひキーワード選定をしてみてください。

ヒナキラ

この記事が役立てたなら、望外の喜びです!

では、またです。

\ 充実の毎日を手に入れよう! /

※月20万円稼げました。行動したもの勝ち!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次