> 比較付きでSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

【AI】Catchyの使い方|ブログ・ライターにおすすめの活用法

Usage-for-Catchy-blog

AIライティングツール「Catchy」の使い方を、ブログ運営者、およびWebライター向けに紹介します。

本記事の内容
  • Catchy基本の使い方
  • ブログ記事作成を効率化する方法
Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ最高月20万円。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー9,300人。ブログが大好き。

Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ最高月20万円。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー9,300人。ブログが大好き。

Catchyは、ブログ運営者、Webライターにとって、超効率化を実現できるAIライティングツールです。

しかし、デメリットとして「扱いが難しい」といったことがあります。

高いのに、全然使えなかった・・・。ということもあるでしょう。

でも大丈夫。安心してください。

この記事では、AIライティングツール「Catchy」で50記事以上を作成し、実際にミドルキーワード(月間検索回数1000以上)で多数TOP10を実現した僕が、その効果的な使い方を解説します。

ぜひこの記事を見て、Catchyを導入し、ライティング作業を効率化し、そして収益力を爆上げしていってください。

見たいところに飛べる目次

「Catchy」基本の使い方

ブログ記事作成におけるCatchyの基本的な使い方を解説します。

流れとしては、以下のとおりです。

  1. Catchyにログイン
  2. 「記事作成」をクリック
  3. STEP4「本文作成」をクリック
  4. タイトルと導入文を入力
  5. 本文の内容を入力
  6. 「作成する」をクリック
ヒナキラ

では、見ていきましょう。

①:Catchyにログイン

ログイン

AIライティング【Catchy】にログイン

まずは、Catchyにアクセスして、ログインしましょう。

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

②:「記事作成」をクリック

「記事作成」をクリック

ログインできたら、「記事作成」をクリックしましょう。

③:STEP4「本文作成」をクリック

STEP4をクリック

次に、STEP4の「本文作成」をクリックします。

④:タイトルと導入文を入力

タイトルと導入文を入力

「記事のタイトルと導入文を入力してください。」というところに、タイトル文と導入文を入力します。

ちなみに、ここで書いた文章をあとでブログにコピペすればOKですね。一石二鳥です。

⑤:記事の見出しを入力

記事の見出しを入力する

「記事の見出しを入力してください。」というところに、記事の見出しを入力していきます。

⑥:「作成する」

作成するをクリック

最後に「作成する」をクリックすると、文章が十秒くらいで出来上がります。

上記のタイトル、導入文、見出しからできた文章は以下のとおり。

キャッチーの使い方|ブロガー・ライター向けおすすめ活用法

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」のブロガー・ウェブライター向けの使い方をご紹介しています。Catchyは、ブログ運営者・Webライターの超効率化を実現できるAIライティングツールです。

しかし、そのデメリットとして、扱いが難しいという点が挙げられます。高いのに、全然使えない。でも、ご安心ください。今回は、AIライティングツール「Catchy」を使って50記事以上作成し、実際にミドルキーワード(月間検索数1000以上)で10位以内を多数達成した私が、AIライティングツール「Catchy」の効果的な使い方を解説します。ぜひこの記事を参考にして、Catchyを導入し、ライティング作業を効率化し、稼ぐ力を爆発させてください。

Catchy(キャッチー)」の基本的な使い方

Catchyを効果的に使うには、まずそのための環境を整えることが大切です。文章のスタイルの選択、1段落の文字数の設定、キーワードの調整、希望する検索ボリュームの入力などです。これが終われば、「Catchy」を使う準備は完了です。

次に、種となるテキストを選択します。これは、AIを使って他のバリエーションを生成するための起点となるテキストです。シードテキストを選択または作成すると、Catchyを使用して他のユニークなコンテンツを生成する準備が整います。その後、設定を調整して、生成される単語や文字の数を変更したり、テキストをいくつかの部分に分割して、数百または数千の単語を含む記事を生成することができます。

ブログでおすすめの「Catchy」使い方

ブログライターにおすすめの「Catchy」の使い方としては、AIによる記事トピックの作成が挙げられます。これは、関連するキーワードを含む複数の種明かしの文章を入力し、異なる文章からCatchyにトピックを生成してもらうというものです。短時間で数十の記事トピックを作成できる、最も効率的かつ効果的な方法の一つです。

トピックを生成した後は、Catchyを使ってブログ記事を生成することができます。ターゲットキーワードと記事の検索ボリュームを選択し、種明かしのテキストを入力すれば、AIがコンテンツを生成してくれます。また、AIを使って、記事のタイトルや様々なコピーを生成することもできます。

その他の「キャッチー」の使い方

Catchy」は、他にもさまざまな用途に活用できます。例えば、ECショップの商品説明文をAIで生成したり、メールマガジンのコンテンツに利用したり、ランディングページの生成に利用したりすることも可能です。AIはさまざまな用途に使えるので、ニーズに合わせてさまざまな使い方を模索することが重要です。

まとめ

キャッチー

どうでしょうか。

ヒナキラ

ぶっちゃけ、まったく使い物になりません。

それは、こちらの意図した文章とまったく違う文章ができてしまうためです。

ブログ向け「Catchy」おすすめの使い方

ブログ記事を作成するための「Catchy」おすすめの使い方を紹介します。

そのまま使ってしまうと意図しない文章ができあがってしまう、ということを回避する方法です。

具体的には、以下の方法になります。

h2見出しだけでなくh3、h4見出しまで入力する

h2見出しだけでなくh3、h4見出しまで入力する。ということですね。

上記で出力されたのが、下記です。

キャッチーの使い方|ブロガー・ライターにオススメの使い方は?

AIライティングツール「Catchy(キャッチー)」のブロガー・ウェブライター向けの使い方をご紹介しています。Catchyは、ブログ運営者やWebライターの超効率化を実現できるAIライティングツールです。しかし、デメリットとして、扱いが難しいことや、高価な割にきちんとした知識がないと使えないことが挙げられます。

しかし、ご安心ください。今回は、AIライティングツール「Catchy」を使って50記事以上を作成し、実際にミドルキーワード(月間検索数1000以上)で10位以内を多数獲得した筆者が、効果的な使い方を解説していきます。ぜひこの記事を参考にして、Catchyを導入し、ライティング作業を効率化し、稼ぐ力を爆発させてください。

Catchy(キャッチー)」の基本的な使い方

はじめに、「Catchy(キャッチー)」に登録し、ログインする必要があります。アカウントを作成すると、そのアカウントを使ってCatchyのサイトにログインし、新しい記事の作成を開始することができます。

1) Catchyにログインする。
新しい記事の作成を開始するには、Catchyのウェブサイトを開き、ログインします。ログイン後、上部のナビゲーションバーから「記事の作成」を選択します。

2)「本文作成」をクリックする
記事を作成する」をクリックすると、記事のタイトルや紹介文を入力するページが表示されます。入力が終わったら、「本文を作成」をクリックして、実際のコンテンツを書き始めてください。

3)タイトルと紹介文を入力する
このステップでは、記事のタイトルとイントロダクションを入力します。読者が検索しやすいように、記事のテーマに関連するキーワードを必ず入れてください。

4)本文の内容を入力する。
記事のメインとなる部分です。ここに、テキスト、画像、動画など、記事に掲載したい内容を入力します。入力した内容に応じて、Catchyが記事のトピックに応じたフレーズを提案します。

5)「作成」をクリックする。
記事の作成が完了したら、「作成」をクリックして保存します。必要であれば、いつでも記事に戻り、修正することができます。

まとめ

AIライティングツール「Catchy」を使用することで、ライティングプロセスを改善し、大きな成果を得ることができます。その特徴や機能をすべて把握し、賢く使って望む結果を手に入れましょう。質の高いコンテンツを書くことが重要であることに変わりはなく、どんなに優れたツールであっても、自分の仕事の質に置き換えることはできないことを肝に銘じておいてください。

こうすると、こちらが意図した内容に近い文章ができあがります。

ヒナキラ

ただ、細かい点についてはリライトが必要でしょう。

また、「ます」「ます」「ます」のように語尾が連続していたり「です」「ます」「である」のように「です・ます調」と「だ・である調」が混ざってくるので注意が必要です。

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

「Catchy」生成ツールのブログ活用おすすめ度

「Catchy」生成ツールのブログ活用おすすめ度についても紹介します。

具体的には、たくさんある「生成ツール」のうち、どれがブログに使えるものなのか、という視点で紹介します。

ヒナキラ

正直、ブログ記事を作成する目的であれば、使うべき生成ツールはそう多くはありません。

質問に答える

ブログ活用のおすすめ度
質問に答える

商品説明文

ブログ活用のおすすめ度
商品説明文

反対意見を述べる

ブログ活用のおすすめ度
反対意見を述べる

キャッチコピー(短め)

ブログ活用のおすすめ度
キャッチコピー短め

関連ワードを見つける

ブログ活用のおすすめ度
関連ワードを見つける

記事のアイデア

ブログ活用のおすすめ度
記事のアイデア

トピックから疑問を生成

ブログ活用のおすすめ度
トピックから疑問を生成

AIDAモデル

ブログ活用のおすすめ度
AIDAモデル

4Pモデル

ブログ活用のおすすめ度
4Pモデル

ユーザーの課題と解決策(サービス編)

ブログ活用のおすすめ度
ユーザーの課題と解決策

キャッチコピー(長め)

ブログ活用のおすすめ度
キャッチコピー長め

メタディスクリプション

ブログ活用のおすすめ度
メタディスクリプション

ユーザーの目を引く文章

ブログ活用のおすすめ度
ユーザーの目を引く文章

記事タイトル

ブログ活用のおすすめ度
記事タイトル

記事の目次

ブログ活用のおすすめ度
記事の目次

記事の本文(リスト記事)

ブログ活用のおすすめ度
記事の本文

記事の導入文

ブログ活用のおすすめ度
記事の導入文

記事の結論

ブログ活用のおすすめ度
記事の結論

文章をリライト

ブログ活用のおすすめ度
文章をリライト

短文を長文に

ブログ活用のおすすめ度
短文を長文に

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

まとめ|AIライティング「Catchy」の使い方をマスターせよ!

Catchy
総合評価
( 5 )
メリット
  • 記事作成が鬼速くなる
  • SEO対策に使える
  • コスパが最高
  • 色々できて楽しい
  • 1日10記事以上作成可能
デメリット
  • 面白味のない文章になる
  • ちょっとしたコツが必要
  • 値段が高い

今回は、AIライティングツール「Catchy」の使い方や、生成ツールのブログ活用へのおすすめ度について紹介しました。

ただ、これはあくまでも僕が50記事以上使ってみて分かった現在の所感です。

つまり、僕のやり方以上に効率的なやり方もあると思います。

しかし、この「Catchy」を活用すれば、明らかに、そして圧倒的に早く記事を書けるようになるでしょう。

このAIツールをうまく活用できれば、勝ちやすくなるのではないかと感じています。

ぜひ、この機会をチャンスと捉えて、AIツールでブログ運営、まったはライター業の収益力を爆上げしていきましょう!

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次