> 12コの有料テーマを使うマニアが大評判のSWELLを徹底レビュー!

「unify」の設定方法・使い方を解説|キーワード管理プラグイン

configure-the-unify-plugin
タップできる目次

プラグイン「unifyキーワード」のインストール方法

unifyキーワード

まずは、unifyのサイトで「unifyキーワード」をダウンロードします。

\ キーワード管理が簡単!順位の推移も一目でわかる /

ダウンロードができたら、次はWordPressにインストールしていきましょう。

STEP
WordPress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリック
plugin新規追加
STEP
「プラグインのアップロード」をクリック
pluginのアップロード
STEP
「ファイルを選択」をクリック
ファイルを選択
STEP
ダウンロードしたunifyのファイルを選んでアップロード
ファイルをアップロード
STEP
アップロードができたら「プラグインを有効化」してインストール完了
プラグイン有効化

次に、unifyとGoogleサーチコンソールとの連携設定をしていきます。

unifyとGoogleサーチコンソールとの連携設定

次に、unifyとGoogleサーチコンソールとの連携方法を解説します。

連携方法は以下の通り。

STEP
「Google API プラットフォーム」と検索して、「Google Cloud プラットフォーム」をクリック
Google-cloud-プラットフォーム
STEP
Google Cloudにアクセスできたら、検索窓に「Google-search-console」と入力
Google-search-consoleと入力
STEP
「Google search console API」をクリック
Google-search-console-API
STEP
「有効にする」をクリック
有効にするをクリック
STEP
「OAuth 同意画面」をクリック
OAuth同意画面
STEP
アプリ情報を入力していく
アプリ情報

①「アプリ名」は、なんでもOK。

②「ユーザーサポートメール」にはメールアドレスを入力。

ドメイン入力-保存して次へ

③「承認済みドメイン」に連携させるドメインを入力。

④「保存して次へ」をクリック。

STEP
メールアドレスを入力して「保存」をクリック
メールアドレスを入力して保存
STEP
認証情報を作成
認証情報を作成

①サイドバーの「認証情報」をクリック。

②「認証情報を作成」をクリック。

STEP
OAuthクライアントIDの作成を行う
クライアントID

①「URI 1」に連携するサイトのURLを入力。

②承認済みリダイレクトURIの「URI 1」に下記を入力

https://ドメイン/wp-admin/admin.php?page=menu_uy_google_api

※ドメインには、あなたのサイトで使用しているドメインを入力しましょう。

③「作成」をクリック。

STEP
クライアント作成ができたら、「JSONをダウンロード」をクリック
「JSONをダウンロード」をクリック
STEP
ダウンロードしたJSONファイルをクリック
JSONファイルを開く
STEP
WordPress管理画面から「unify設定」をクリック
unify設定をクリック
STEP
「キーワードプラグイン」をクリック
キーワードプラグインをクリック
STEP
「入力/認証」をクリック
入力認証
STEP
「JSONファイル」を選択する
JSONファイルを選択する
STEP
「API連携」をクリック
API連携をクリック
STEP
GoogoleSearchConsoleにログインして「サマリー」のURLをコピー
サーチコンソールのURL
STEP
GoogoleSearchConsoleURLに貼り付け
サーチコンソールのURLを貼り付け
STEP
以上で、unifyとサチコの連携設定は完了です。
ヒナキラ

これでサチコと連携設定ができました。

unifyの使い方

unifyの使い方について解説します。

主に、以下3つの機能について解説します。

  1. キーワード管理機能
  2. GSCチェッカー(順位チェック機能)
  3. キーワードディスカバー(サチコ連携機能)
ヒナキラ

それぞれ解説します。

①キーワード管理機能

まずは、キーワード管理機能についての使い方を解説します。

キーワード管理機能では、以下の手順で設定・運用していきます。

  1. キーワードを登録
  2. キーワードと「すでに書いた過去記事」を設定
  3. キーワードと「これから書く予定の記事」を設定

①キーワードを登録

STEP
[u]キーワード管理をクリック
キーワード管理
STEP
「新規追加」をクリック
新規追加をクリック
STEP
メインキーワードを入力
メインキーワードを入力
STEP
カテゴリの「選択」をクリック

キーワード管理から新記事作成する際の「デフォルトのカテゴリ」となります。

カテゴリ選択
STEP
カテゴリを選んでチェックを入れたら、「適用」をクリック
カテゴリを選ぶ
STEP
「保存」をクリック
保存をクリック
ヒナキラ

続いて、管理したいキーワードを登録します。

STEP
キーワード一覧画面で「キーワード管理」をクリック
キーワード管理をクリック
STEP
「キーワード編集」をクリック
キーワード編集
STEP
「ファイルを選択」をクリック
fileを選択

選ぶファイルは、キーワードプランナー等を使ってダウンロードした月間検索ボリュームのファイルになります。

STEP
ファイルを読み込んだら「保存」をクリック
keyword保存

これで、キーワード管理の準備ができました。

ヒナキラ

続いて、すでに書いた過去記事と設定したキーワードを連携させていきます。

②キーワードと「すでに書いた過去記事」を設定

STEP
キーワード管理画面で「既存記事に設定」をクリック
既存記事に設定
STEP
連携させたいキーワードにチェックを入れる
管理したいキーワードにチェック
STEP
「対象記事」から連携させる既存記事を選択する
連携させる記事を選択
STEP
「実行」をクリック
実行をクリック
STEP
既存記事とキーワードの連携ができました
記事とキーワードが連携された状態

ちなみに、キーワードに連携させた記事タイトル部分をクリックすると・・・。

記事投稿画面にジャンプ

記事投稿画面にジャンプします。

ヒナキラ

次は「これから書く予定の記事」とキーワードを連携させていきます。

③キーワードと「これから書く予定の記事」を設定

STEP
キーワード管理画面の「新規記事に設定」をクリック
新規記事に設定
STEP
これから書く予定のキーワードにチェックを入れる
キーワードにチェック
STEP
「投稿者」を選択

新規記事を作成するときに投稿者を選ぶ必要がなくなります。
外注ライター運用時などに便利。

投稿者を選択
STEP
新規記事の「タイトル」を入力する
タイトルを入力
STEP
「実行」をクリック
実行をクリック
STEP
キーワードの横に新規記事をセットできました
新規記事がセットされた

キーワード管理機能の基本的な使い方は以上です。

ヒナキラ

あとは、色々と使いながら工夫してみましょう。

では、次は「GSCチェッカー(順位チェック機能)」の使い方を解説していきます。

②GSCチェッカー(順位チェック機能)

GSCトラッカー

順位チェッカー機能は、「GRC」などのように検索順位をチェックできる機能のことです。

順位チェッカー機能を使うには、以下の手順で設定・運用していきます。

  1. キーワードを登録する。
  2. [u]順位チェッカーから順位を確認する。
STEP
[u]GSCトラッカーをクリック
GSCtracker
STEP
「キーワード編集」をクリック
キーワード編集
STEP
順位チェックしたいキーワードを登録する
手動追加

手動でキーワードを追加したい場合は左側に入力します。

キーワード管理に登録したものを呼び出す

キーワード管理に設定したものを使う場合は右側から設定します。
(キーワード管理機能と併せて順位チェックもできる)

STEP
順位チェックしたいキーワードが登録された状態
無料版では10キーワードのみ

キーワード数、および価格については変更あり。

STEP
順位チェックが始まると、以下のように表示されます(推移も分かる)
順位が付いた状態

直近3日間は見れない点に注意。

直近の順位を見たい方は、GRCNobilistaといった順位チェックツールも併用すると良いでしょう。

例えば、最新の順位を知りたい重要キーワードのみGRC、Nobilistaといったツールを利用し、重要度が落ちるキーワードはunifyで管理。といった使い方も良いかと。

Windowsユーザーにおすすめの順位チェックツール

Macユーザーにおすすめの順位チェックツール

③キーワードディスカバー(サチコ連携機能)

準備中。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次