≫ 超高速!Wordpressブログの始め方はこちら

WordPressインストール後|初めに入れたいプラグイン7選

WordPress開設・インストールをしたばかりの初心者が最低限入れておきたい、おすすめのプラグインをご紹介!

カラフル娘

ワードプレスを開設したばかりです。
どんなプラグインを入れておいたらいいのかサッパリわかりません!

こういったお悩みを解決します。

プラグインというのは、簡単にいうとWordpressへの追加・拡張機能のことです。

ひなきら

基本、プラグインはサイト運営のためには必須のものです。

今回ご紹介する7つのプラグインは、ワードプレス開設後に初心者が最低限入れておきたいプラグインです。

慣れてくればな不要なものもありますが、とりあえず初心者のうちは、黙って全部入れときましょう!

では、プラグインの導入・設定をしていきますので、付いてきてねっ。

SEOに関わる指標「ページスピード」の表示が速く、安い、そして簡単。

そんな超おすすめの方法でWordPressブログを始めたい方は、下記からどうぞ!

大手エックスサーバー(x10)より速く、半額程度!

目次

プラグインとは、Wordpressへの「拡張機能」

プラグインとは、一言でいうと「拡張機能」です。

つまり、プラグインを入れれば入れるほど機能が追加されます。

プラグインを入れることによって、サイトの使いやすさを向上させることができます。

ただし、注意点もあります。

入れれば入れるほど、サイトが重くなってしまう。不具合の可能性も高まる。

というものです。

ひなきら

サイトが重くなったり、不具合が発生したりという可能性が・・・。

つまり、たくさん追加すればいいわけではないということです。

むしろ、必要最小限にとどめるべき、といえるでしょう。

実際に、PageSpeed Insightsではサイトの表示スピードを調べられるのですが、プラグインを入れるほど遅くなっていくという傾向が顕著にみられました。

ひなきら

表示速度の遅いサイトは、ユーザーからもGoogleからも嫌われてしまいますから注意ですよ。

というわけで、今回は初心者が入れておくべき最低限のプラグインに絞って紹介していきます。

初心者が最低限入れておきたいWordpressプラグイン7選

WordPressを開設して、まず入れておきたいプラグインは下記の7つになります。

これが絶対!というわけではないですが、初めはプラグインのことも良く分からないと思いますので、

黙って入れておきましょう!

入れておきたいWordpressプラグイン
  • Classic Editor(ブロックエディタを使う場合は不要)
  • Contact Form 7
  • Akismet
  • EWWW Image Optimizer
  • BackWPup
  • All in One SEO(またはSEO SIMPLE PACK)
  • Site Kit by Google
ひなきら

上記プラグインについて、インストール方法~初期設定まで解説していきます!

これを見ながら、一緒にインストール~初期設定作業をしていっちゃいましょ~。

テーマに同様の機能が付いている場合など、機能が被ってしまうものは導入しないでオッケーです。

WordPressプラグインの追加・インストール方法

では、まず初めにプラグインのインストールの方法を解説していきます。

ひなきら

ここでは「クラシックエディター」というプラグインをインストールする方法で解説していきます。

萌え袖娘

他のプラグインでもやり方は同じだよっ!

プラグイン追加・インストール

プラグイン新規追加

まず、Wordpress管理画面から「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。

プラグイン-クラシック-検索

①右上の検索窓に「クラシックエディター」と入力します。

②Classic Editorの「今すぐインストール」をクリックしましょう。

プラグイン-クラシック-有効

インストールが完了したら、「有効化」をクリックします。

ひなきら

インストールをしたら、有効化をする必要があるんです。

以上、ここまでがプラグインをインストールするまでの一連の流れです。

ブロ美ちゃん

これだけ?簡単なんですねー。

ひなきら

でしょっ!
繰り返しますけど、他のプラグインであっても流れは同じですよ~。

WordPress開設後に入れておきたいプラグイン7選

では、ここからはオススメのプラグインをご紹介します!

今回ご紹介するプラグインは、下記のようなものです。

  1. 旧式のエディター「Classic Editor」
  2. お問い合わせフォーム「Contact Form 7」
  3. スパム対策「Akismet(アキスメット)」
  4. 画像圧縮「EWWW Image Optimizer」
  5. バックアップ「BackWPup」
  6. 多機能SEO対策ツール「All in One SEO」
  7. Googleツールと簡単連携!「Site Kit by Google」

【プラグイン①】Classic Editor

ブロックエディターを使用する場合は不要です。次に進みましょう。

クラシックエディターというのは、現在のデフォルトのエディター(ブロックエディター)になる前に使われていた旧式の記事投稿スタイルです。

WordPressテーマによっては、この「クラシックエディター」の方が使いやすいという場合があります。

そんな場合に必須のプラグインとなります。

カラフル娘

ブロックエディターに対応しきれておらず、「クラシックエディター推奨」のテーマも多いらしいですね。

ひなきら

そうなんです。
その場合は、このクラシックエディターを使うことになりますね。

ブロックエディターとクラシックエディターの違い

ブロック-クラシックエディター

上の「ブロックエディター」は、WordPressのデフォルト(新エディター)の記事投稿画面になります。

下の「クラシックエディター」は、ブロックエディターに変わる前の旧式の記事投稿画面です。

クラシックエディターの方が、なんとなく馴染みのある感じがしますよね。

ExcelやWordなどとも似ているからでしょうか。

ひなきら

繰り返しになりますが、
ブロックエディターを使う予定なら、クラシックエディターは必要ないですよ~。

インストール・有効化のやり方は、先ほどの説明通りにやればオッケーです。

解説どおりにインストール・有効化をすれば、自動でクラシックエディターに変わりますよ。

ブロックエディターに戻したくなったら、クラシックエディターを削除してしまえばいつでもブロックエディターに戻せます。

【プラグイン②】Contact Form 7

Contact Form 7とは、サイトにお問い合わせフォームを設置するプラグインです。

必要性は下記の通りです。

  1. 相談や質問の受け皿を用意しておくことで、ユーザーに信頼される
  2. アドセンスの審査に通りやすくなる
  3. 思わぬ仕事の依頼がくる可能性がある
ひなきら

インストール~有効化までは、先ほどと同じなので省略しますね。

インストール~有効化が済んだら、お問い合わせフォームを設置しましょう。

お問い合わせフォームの設置

お問い合わせ新規追加

上記のように、「お問い合わせ」⇒「新規追加」を選択します。

プラグイン-保存

編集画面になったら、そのまま「保存」をクリックしましょう。

プラグイン-お問い合わせ-コード

上記のコードをコピーしましょう。

プラグイン-固定ページ

上記のように「固定ページ」⇒「新規追加」を選択します。

プラグイン-お問い合わせフォーム

固定ページのタイトルには、「お問い合わせ」と入力します。

本文には、先ほどのコンタクトフォーム画面でコピーしたコードを貼り付けましょう。

入力ができたら、画面右上にある「公開」をクリックしましょう。

プラグイン-お問い合わせ-表示

次に、「ページを表示」をクリックしましょう。

プラグイン-お問い合わせ-公開

上記のようなお問い合わせフォームができていれば、完成です。

【プラグイン③】Akismet(アキスメット)

このプラグインを使うと、迷惑コメントを自動的にスパムフォルダに振り分けてくらます。

Akismet(アキスメット)は最初からインストールされているので、そのまま有効化しちゃいましょう。

「Akismet APIキー」の取得

Akismetプラグインを利用するには、「Akismet APIキー」を取得して、設定をする必要があります。

Akismet APIキー


上記の画面になったら、「Akismet アカウントを設定」をクリックして下さい。

アキスメット-登録

上記を参考にして入力しちゃいましょう。

入力完了後、「CONTINUE WITH PERSONAL SUBSCRIPTION」をクリックすると、

入力したメールアドレス宛に、認証コードが送られます。

アキスメット

メールで送られてきた認証コードを入力します。

入力ができたら、「Continue」をクリックしましょう。

すると、再度メールが送られてきます。

アキスメット-API

上記の部分にAPIキーが表示されていますので、これを控えておきましょう。

Akismet設定画面でのAPIキー入力

WordPressの管理画面に戻って、Akismetの設定画面に進みましょう。

plugin-API

上記のように「Manually enter an API key」をクリック。

plugin-スパム対策

「APIキー」を入力して、「APIキーを使って接続する」をクリックします。

plugin-Akismet

上記画面になったら、設定完了になります。

【プラグイン④】EWWW Image Optimizer

このプラグインは、画像ファイルをアップロードするときに自動でファイルサイズを圧縮してくれる便利なプラグインです。

ひなきら

画像のデータ量が多いと、それだけサイトの表示速度が遅くなり、悪影響が出てしまいます。

なので、この「EWWW Image Optimizer」で対策しておきましょう。

インストール方法については、「プラグイン」⇒「新規追加」から、「EWWW Image Optimizer」をインストール・有効化でオッケーです。

それだけで、画像をアップするときに自動で圧縮してくれるようになります。

【プラグイン⑤】BackWPup

「BackWPup」は、WordPressのデータをバックアップするためのプラグインです。

サイトが攻撃されたり、設定ミスで画面が真っ白になってしまったり・・・。

そうなってから後悔しても遅い。

ひなきら

そのような不測の事態に備えて、できればインストールをしておきたいプラグインになります。

BackWPupの設定

plugin-バックアップ

まず、「BackWPup」⇒「新規ジョブを追加」をクリックしましょう。

plugin-バックアップ-ジョブ

「一般」の設定になります。

「ジョブ名」を、好きなものに変更しましょう。

分かりやすいものにしておけば良いです。

「ジョブタスク」は、そのままでオッケーです。

「バックアップファイルの作成」も、そのままでオッケーですよ。

プラグイン-バックアップ設定

「アーカイブ形式」はそのままでオッケー。

「バックアップファイルの保存方法」は、上記のように「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れます。

「ログファイル」については、どちらもそのままでオッケーです。

プラグイン-バックアップ-スケジュール

次は、「スケジュール」になります。

ここで変更するのは、上記のように「ジョブの開始方法」だけです。

「手動」⇒「Wordpressのcron」に変更します。

変更したら、「変更を保存」をクリックしましょう。

以上で、BackWPupの設定はおわりです。

ひなきら

これで、毎日バックアップを自動でとれるようになります。

【プラグイン⑥】All in One SEO

このプラグインは、非常に重宝します。

その機能は多岐にわたりますが、

特に初心者にとってありがたい3つの機能を紹介します。

・XMLサイトマップを作成してくれる

・記事内のタイトル、キーワード、ディスクリプションなどのメタタグを設定することができる

・記事のSEO対策において、診断結果を点数であらわし、足りていない部分を指摘してくれる

XMLサイトマップを作成できる

XMLサイトマップとは、簡単にいうと検索エンジンに対してサイトの案内をするものです。

検索順位アップ、アクセスアップさせるために必要なもの、と考えていただければ良いですね。

All in One SEO は、サイトマップを自動で作ってくれて、しかも自動で送信してくれます。

メタタグを設定することができる

メタタグというのは、サイトや記事の情報を検索エンジンや、読者に伝えるためのもので、非常に重要です。

サイトや記事のタイトル、キーワード、ディスクリプションなどが「メタタグ」にあたります。

SEO対策で足りていない部分を指摘してくれる

これも初心者にとっては非常にありがたいですね。

検索エンジン対策をアシストしてくれる機能は、本当に便利。

「内部リンクがないですよ」とか、「タイトルが短いですよ」とか、「記事の文字数が少ないですよ」とかですね。

僕自身、ブログの基本をこれで学びました(笑)

All in One SEO Packの設定方法

まずは、プラグインのインストール⇒有効化を行いましょう。

プラグイン-AIOSEO-始める

有効化ができると、上記の画面に移りますので、「始めましょう」をクリック。

プラグイン-AIO

上記の画面では、カテゴリを「ブログ」にします。

「ホームページのタイトル」と、「メタ説明」は、そのままでオッケーです。

プラグイン-AIO設定

上記画面に移ったら、「個人または組織」は「人」を選択します。

「個人を選択してください」という部分は、自分のユーザー名を選択しましょう。

その下は、SNSなどのURLが分かっていれば入力をします。

入力が終わったら、「保存して続行」をクリックします。

plugin-AIOSEO-選択

上記のように、上から3つの項目のみチェックを入れて、「保存して続行」をクリックしましょう。

plugin-AIO-設定

上記のように「複数の作者がいますか?」という部分は「いいえ」を選択。

そのほかの設定は、そのままでオッケーです。

プラグイン-SEO-設定

メールアドレスを確認して、「保存して続行」をクリックします。

Wordpressプラグイン-AIO

ライセンスキー(有料)はないので、空欄のままで「このステップを飛ばす」をクリックしましょう。

プラグイン-AIO-完了

これで、All in One SEO の初期設定は完了です。

「セットアップを完了し、ダッシュボードに移動します」をクリックしましょう。

これで、自動でサイトマップが作成されたり、記事の診断・点数化などがされるようになっています。

All in One SEO の注意点

ただし、こんな便利なプラグインであっても万能というわけではありません。

機能が多過ぎて重いんです。

つまり、サイトの表示スピードを低下させます。

超初心者のうちはAll in One SEOをオススメしますが、慣れたら「SEO SIMPLE PACK」に移行するのがオススメです。

とてもシンプルですが、とても軽くてサイトの表示スピードが上がります。

関連記事:SEO SIMPLE PACKの設定と使い方(画像63枚)【おすすめWordPressプラグイン】

【プラグイン⑦】Site Kit by Google

このプラグインを使えば、ブログの必須ツールである「アナリティクス」や「サーチコンソール」などとWordPressを簡単に連携できます。

「アナリティクス」や「サーチコンソール」の登録をしていない、という方はこのプラグインから利用開始することもできます。

「Site Kit by Google」の使い方については下記の記事をご覧ください。

Site Kit by Googleの設定と使い方を徹底解説!

Site Kit by Google の注意点

このプラグイン、初心者にとってはとても便利です。

でも、デメリットもあります。

それは、サイトが重くなってしまうというデメリットです。

つまりサイトの表示スピードが落ちて、Googleやユーザーからの評価も下がります。

超初心者にはオススメですが、慣れてきたら、このプラグインを使わずに「アナリティクス」や「サーチコンソール」の連携ができるといいですね。

まとめ|Wordpress開設・インストール後に入れておきたいプラグイン

今回は、WordPress開設後の初心者が最低限入れておきたいおすすめのプラグインをご紹介しました。

プラグインをうまく使えば、今後のブログ運用にあたって、非常に役に立つツールとなります。

そして、プラグインを入れる最大のメリットは、

面倒な設定や手続きなどを自力で行う必要がなくなり、貴重な時間を記事を作ることに投下できるという点です。

まずは上記のプラグインを導入して、効率的で快適なブログライフに役立てていきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる