> 比較付きでSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

ブログは匿名と実名どっちがいい?

今回は、ブログを書くのに匿名と実名のどちらが良いのかについてお答えします。ブログは実名(リアルネーム)でも匿名でもどちらでも書くことができます。今回は、ブログを書く上で「匿名と実名」のメリット・デメリットを比較します。また、「顔出し」vs「顔なし」についても解説しますので、最後まで読んでいただければ、自分に合った方針でブログを運営することができるようになると思います。

見たいところに飛べる目次

ブログは匿名でも実名でも「どっちでもOK」

ブログをやるなら匿名でも実名でもいい。ただ、実名にした場合、読者はあなたのブログを読んで「安心感」や「信頼感」を感じることができます。なぜなら、あなたは何も隠すことがなく、勇気を出して自分を出していることがわかるからです。これは、ブロゴスフィア(ブログ圏)で露出を増やすための利点になります。

しかし、匿名でブログを書くことを選択すれば、特定される心配なくブログを書くことができます。また、匿名でブログを書くと、反響を恐れることなく、正直になって特定のトピックを議論することができます。実名では受け入れられないような話題についても、率直な議論やバランスの取れた見解を示すことができます。

匿名でブログを書くメリット

①現実世界と切り離すことができる

匿名でブログを書くと、現実世界と完全に独立した世界を作ることができます。現実では話しにくいことも、匿名なら気軽に話せることもあります。

②身バレする可能性が低い

匿名でブログを書くことで、身バレに対する一定の安全性が確保されます。匿名のブロガーやその個人情報を特定するのは難しいので、身バレや身元がバレる可能性は低くなります。

③なりたい自分になれる

匿名ブログでは、ネット上で全く別の人物になりきることができます。アバターをカスタマイズしたり、ペルソナを作ったり、実生活ではできないような自己表現が可能です。

④個性を表現できる

匿名なので、反響を気にすることなく、自由に好きなキャラクターを表現することができます。検閲を気にすることなく、より素直に自分を表現することができます。

⑤自分や家族に危険が及ばない

匿名であれば、自分自身や家族へのリスクを心配する必要はありません。あなたは誰に対しても責任があるわけではないので、反響の心配はありません。

匿名でブログを書くデメリット

①信頼性の低下

読者は、自分の素性を明らかにしている個人を信用する傾向が強いため、匿名でブログを書くと信頼性が低下します。そしてそれは、Googleからの評価にも影響しかねません。

②実社会での信用を生かせない

匿名でブログを書くと、実社会での信用・評判を活かせない可能性があります。たとえば、あなたが専門的な分野で働いていて、論争の的になるようなトピックについてブログを書いている場合、匿名だと人々はあなたのブログを真剣に受け止めないかもしれません。現実世界での評判を持つ人の意見は、より信頼される可能性が高いのです。

③ビジネスの拡大が難しい

匿名でブログを書いているビジネスは、既存のネットワークや信用に頼って新規顧客を獲得することができないため、ビジネスの拡大が難しくなります。また、匿名では、他のブロガーとの関係を築くことも困難です。

④ブログでの成果を評価されない

残念ながら、匿名でブログを書いていると、ブログでの成功や成果を誰にも分かってもらえません。あなたが口にしない限り、誰も称賛してはくれません。

実名でブログを書くメリット

①信頼性が高まる

実名にすることで、読者はあなたが発信する情報を信頼することができます。そのため、ブログの信頼性が高まり、読者との信頼関係を築くことができます。さらに、実名を使うことでコミットメントを示し、エンゲージメントの向上につながります。

②ビジネスの幅を広げやすい

実名でブログを書いていると、同じ業界の人たちと仕事上の関係を築きやすくなります。これにより、コラボレーションやネットワーキングの新しい機会が開かれ、ビジネスのさらなる発展や拡大につながる可能性があります。

③ブログの評判が現実に生かせる

実名のブログは、現実の世界でもあなたの評判を高めることができます。講演やインタビュー、コラボレーションなど、新たなチャンスも広がります。

④現実での評判は、ブログにも活用できる

現実の世界で仲間から評判が良ければ、ブログを成功させるのにも役立ちます。評判が良ければ、ブログのフォロワーが増え、読者との会話も弾みます。

⑤Googleの評判が高まる可能性がある

Googleが検索エンジンでランキングする際に、コンテンツの著者の実名を考慮することができる可能性もあります。理由は、やはり信頼性や信用を評価する傾向にあるからです。実名でのブログ投稿により、SEOの面で競合他社に優位に立てる可能性があります。

実名でブログを書くデメリット

①個人情報を盗まれる可能性

実名でブログを書くと、個人情報を盗まれる危険性があります。サイトがハッキングされたり、悪意のある人があなたのブログを見つけたりすると、あなたの情報が盗まれる可能性があります。ブログには個人情報が含まれていることが多いので、個人情報を盗まれると大変なことになります。

②新しいキャラクターイメージを表現するのが難しい

実名でブログを書くと、新しいキャラクターを表現することが難しい場合があります。ネット上の活動とは異なる過激な意見が書かれていると、周囲からネガティブな印象を持たれる可能性があります。そのため、実名でブログを書くと、自分を表現することやリスクを取ることが難しくなる場合があります。

③ネットの活動が実世界に影響する

実名でブログを書く場合、自分の活動が現実の世界に影響を及ぼす可能性があることを考慮することが重要です。ブログに書き込んだ内容は、勤務先や家族、友人などに簡単に見つかってしまいます。このように、自分のコンテンツが外部にどのような影響を与えるかを考えることが重要です。

④自分や家族に被害が及ぶ可能性

実名でブログを書くことは、自分や家族に危害が及ぶ可能性があることも事実です。ある記事が物議をかもしたり、誰かがブログ主やその家族を標的にしようと思えば、簡単に攻撃や傷つくコメントにつながる可能性があります。

ブログの「顔出し」対「顔なし」

「顔出し」対「顔なし」の議論については、多くのブロガーが自分の写真をブログに掲載しないことを選択しています。これは、家族や友人、会社に自分のブログのことを知られたくないブロガーがいるからです。さらに、顔認識技術に利用される可能性があるため、匿名であることがプライバシーの保護につながるのです。

しかし、顔を出すことを選択するブロガーもいます。これは、読者にとって、そのブログがアルゴリズムではなく、生身の人間によって書かれていることが明確になるため、利点となり得ます。さらに、ブログには複製できないユニークな個人的品質が加わり、ブログに信憑性が加わります。

まとめ

このように、匿名でブログを書くか、実名でブログを書くかには、メリットとデメリットがあります。最終的には個人の好みと、どちらがより快適かということになります。もしあなたがよりプライバシーや匿名性を求めるのであれば、匿名でブログを書くことはあなたにとって素晴らしい選択肢となるでしょう。一方、個人ブランドを確立するために実名を使いたいのであれば、実名を使うのがよいでしょう。

\ 充実の毎日を始めよう! /

※在宅で稼げて、月10万円も夢じゃない!

≫ブログ(その他)カテゴリー記事一覧へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次