> デザインが綺麗でおしゃれ!評判のSWELLをレビュー!
ぶろぐ学部

【失敗しない】本当におすすめのWordpressテーマ7選|ランキング・比較

「Wordpressテーマ選びで失敗したくない」というあなたへ。

人気テーマの中でも、本当におすすめなブログテーマを7つだけに厳選して紹介します。

いま選ぶべきWordpressテーマとは・・・?

テーマ名特徴ランク評価公式サイト
ワードプレステーマSWELL
SWELL
・デザインが綺麗でおしゃれ
・めちゃくちゃ高機能
・一番使いやすい
一位1位
4.74点
詳しく見る
SANGO
SANGO
・ポップでかわいいデザイン
・装飾の種類が豊富
・マジで安い
2位2位
4.08点
詳しく見る
AFFINGER6
AFFINGER6
・収益機能に優れている
・細かいカスタマイズが可能
・やや難しい
3位3位
4.02点
詳しく見る
the-thor
THE THOR
・高機能
・スタイリッシュ
・クラシックエディター向け
4位
3.82点
詳しく見る
THE-SONIC
THE SONIC
・最速レベルのスピード
・使いやすい
・サブスク型
5位
3.66点
詳しく見る
JIN
JIN
・初心者に優しい
・丸みを帯びたデザイン
・機能少なめ
6位
3.66点
詳しく見る
Cocoon
Cocoon
・シンプルデザイン
・有料なみの機能性
・上級者向け
7位
3.0点
詳しく見る

WordPressテーマは、デザインや使いやすさはもちろん、ブログの成功にも関わる重要なもの。

でも、本当に良いテーマはどれなのかを判断するのは難しいですよね・・・。

ヒナキラ

過去、僕もテーマ選びで失敗した経験があります。

後悔をしないように、本当にオススメのテーマだけを紹介します。

これを見れば、テーマ選びでの失敗を防ぐことができ、あなたにピッタリなテーマを見つけられるでしょう。

ぜひ、最後までチェックしていってくださいね。

hinakira

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代ブロガー。ブログ収益6桁。有料テーマ11コを扱うテーマおたく。25万円高額コンサルでSEO勉強中。

11コの有料テーマを使用

タップできる目次

WordPressテーマおすすめランキング

では、僕が11コの有料テーマ、7コの無料テーマを実際に使って分かったWordPressテーマのおすすめランキングを発表します。

注目のWordpressテーマ

PR

ホームページ作成の必要機能がガッツリ詰まったWordpressテーマ。

専門知識がなくても、様々なバリエーションのサイトを作成することが可能。

シンプルに作るも、こだわりのサイトを作るもあなた次第。

  • 特別な知識なしに、ホームページやブログが作れる
  • SEO/高速化対応済み
  • SNS連携対応・インスタのタイムライン埋め込みが可能
  • メインビジュアルにはスライダー・動画・お勧め記事を表示可能
  • お客様の声、FAQ、お知らせ、ブログを簡単に作成&更新
  • レビュー・ランキング機能
  • 吹き出し・定型分の保存、呼び出し機能
  • ブログを書くのに便利な、マーカー、カスタムボタン・ボックス機能
  • 広告挿入機能
  • WordPressテーマおすすめランキング
テーマ名特徴ランク評価公式サイト
ワードプレステーマSWELL
SWELL
・デザインが綺麗でおしゃれ
・めちゃくちゃ高機能
・一番使いやすい
一位1位
4.74点
詳しく見る
SANGO
SANGO
・ポップでかわいいデザイン
・装飾の種類が豊富
・マジで安い
2位2位
4.08点
詳しく見る
AFFINGER6
AFFINGER6
・収益機能に優れている
・細かいカスタマイズが可能
・やや難しい
3位3位
4.02点
詳しく見る
the-thor
THE THOR
・高機能
・スタイリッシュ
・クラシックエディター向け
4位
3.82点
詳しく見る
THE-SONIC
THE SONIC
・最速レベルのスピード
・使いやすい
・サブスク型
5位
3.66点
詳しく見る
JIN
JIN
・初心者に優しい
・丸みを帯びたデザイン
・機能少なめ
6位
3.66点
詳しく見る
Cocoon
Cocoon
・シンプルデザイン
・有料なみの機能性
・上級者向け
7位
3.0点
詳しく見る

ランキング結果、主な特徴は上記のとおりです。では、それぞれのWordpressテーマごとに紹介します。

一位1位:Wordpressテーマ「SWELL」

SWELL公式サイト

ワードプレステーマ
【SWELL】

  • ワードプレステーマSWELLの基本情報
テーマ名ワードプレステーマSWELL
公式サイト詳しく見る
販売価格税込 17,600円(買い切り型)
開発者了さん(@ddryo_loos
おすすめ度 4.74点
レビュー記事SWELLの評判・レビュー
  • ワードプレステーマSWELLのメリット・デメリット
メリットデメリット
デザインが綺麗でおしゃれ

圧倒的な使いやすさ

表示速度が速い

かなり高機能

詳細なマニュアルあり

CSS、HTMLの知識が不要

開発者の対応力がスゴイ
ブログが楽しくなる
高めの価格設定

単独での開発リスク
CSSの知識習得がしにくい

SWELLは、当サイトでも使用している圧倒的おすすめナンバーワンのWordpressテーマです。

オシャレで高機能なのに加えて、初心者にも使いやすいさらに表示のスピードも速くSEOでも有利に働きます。

今回ご紹介しているWordpressテーマのなかでは高い価格なのがデメリットですが、本当に万能なテーマなので、迷ったらSWELLにすれば間違いないです。

\ いま一番おすすめのWordpressテーマ /

▼迷子にならない為のSWELLの始め方

2位2位:Wordpressテーマ「SANGO」

WordpressテーマSANGO

ワードプレステーマ
【SANGO】

  • ワードプレステーマSANGOの基本情報
テーマ名ワードプレステーマSANGO
サイトURL詳しく見る
販売価格税込 11,000円(買い切り型)
開発者サルワカさん(@saruwakakun
おすすめ度 4.08点
レビュー記事SANGOの評判・レビュー
  • ワードプレステーマSANGOのメリット・デメリット
メリットデメリット
価格が安い

表示速度が速い

ポップでかわいいデザイン

ブロックエディターが使いやすい

装飾の種類が豊富

開発者の対応が良い
ややスタイリッシュにしにくい
デザインが被りやすい

収益系機能に乏しい

SANGOは、なんといってもポップでかわいいデザインが特徴のWordpressテーマです。

ブロックエディター対応度も高くて、使いやすい。そして安い。特に最近はアップデート頻度が多く、進化を続けているテーマ。

欠点としては、ややデザインをスタイリッシュにしづらく、収益機能に乏しい点ですが、かわいいデザインのブログを作りたい方、コスパの良いテーマにしたい方におすすめです。

\ アップデートが頻繁で進化を続ける /

3位3位:Wordpressテーマ「AFFINGER6」

ワードプレステーマ
【AFFINGER】

  • ワードプレステーマAFFINGER6の基本情報
テーマ名ワードプレステーマAFFINGER6
サイトURL詳しく見る
販売価格税込 14,800円(買い切り型)
開発者Enjiさん(@ENJILOG
おすすめ度 4.02点
レビュー記事AFFINGER6の評判・レビュー
  • ワードプレステーマAFFINGER6のメリット・デメリット
メリットデメリット
高い機能性(有料プラグイン必須)

SEO対策プラグイン必要なし

細かいカスタマイズが可能

プラグイン購入で収益力向上

稼ぐための機能に優れている

実際に稼げているブロガー多数
初心者にはやや難しい

デザイン設定が難しい

どのWordpressテーマよりも優れた収益機能、そして細かいカスタマイズが可能な点が特徴で、まさに稼ぐに特化したテーマといえるでしょう。

ただ、基本のテーマ機能だけではやや物足りなさを感じるため、ゆくゆくは有料プラグイン導入が必須となります。

ブログ初心者にとっては少々難易度高めではありますが、本気で稼ぎたい方にオススメです。

\ 収益機能とカスタマイズ性の高さはピカイチ /

▼設定で迷子になりやすいAFFINGER6の初期設定方法

4位:Wordpressテーマ「THE THOR」

「Wordpressテーマ」THE THOR(ザ・トール)

ワードプレステーマ
【THE THOR】

  • ワードプレステーマTHE THORの基本情報
テーマ名ワードプレステーマTHE THOR
サイトURL詳しく見る
販売価格税込 16,280円(買い切り型)
開発会社FIT株式会社
おすすめ度 3.82点
レビュー記事THE THORの評判・レビュー
  • ワードプレステーマTHE THORのメリット・デメリット
メリットデメリット
初めから機能が多い

スタイリッシュでオシャレ
装飾までスタイリッシュ
デザインが人と被りにくい

記事の装飾もオシャレで見やすい

記事分析機能あり
ブロックエディター未対応

設定の難易度が高め

マニュアルが分かりにくい

THE THORはスタイリッシュで多機能なテーマ。

なんといってもデザインの良さが光ります。そして他のテーマにはない記事分析機能なども搭載していて高機能なので、おすすめのWordpressテーマとなります。

一点、ブロックエディター未対応という点が本当に惜しい点ですね。ただ、クラシックエディター派の方であれば、そこの問題はありません。

\ オシャレでスタイリッシュなWordpressテーマ/

5位:Wordpressテーマ「THE SONIC」

ワードプレステーマ
【THE SONIC】

  • ワードプレステーマTHE SONICの基本情報
テーマ名ワードプレステーマTHE SONIC
サイトURL詳しく見る
販売価格税込 1,078円/月(サブスク型)
開発会社THE SONIC OFFICIAL
おすすめ度 3.66点
レビュー記事THE SONIC レビュー
  • ワードプレステーマTHE THORのメリット・デメリット
メリットデメリット
鬼の速さ
収益機能が豊富
ABテスト機能が有能
HowToのjson-ldを出力できる
記事装飾が簡単
装飾デザインがかわいい
初期コストが少なく済む
サブスク型の為、費用がかかる

ユーザーが少ない
サポートが・・・
デザインが物足りない

THE SONICは、とにかくスピードが速く、収益機能にも優れたWordPressテーマです。

特にスピード面ではトップレベルで、SWELLをも上回るパフォーマンスを発揮します。

また、珍しくサブスク型である点も特徴的です。これについては、初期投資は少なく済むものの、長い目で見れば高く付いてしまうデメリットも・・・。

\ 鬼のスピードを誇るWordpressテーマ/

6位:Wordpressテーマ「JIN」

WordpressテーマJIN

ワードプレステーマ
【JIN】

  • ワードプレステーマJINの基本情報
テーマ名ワードプレステーマJIN
サイトURL詳しく見る
販売価格税込 14,800円(買い切り型)
開発者ひつじさん(@hituji_1234
おすすめ度 3.66点
レビュー記事JINの評判・レビュー
  • ワードプレステーマJINのメリット・デメリット
メリットデメリット
初心者にも分かりやすく、使いやすい

かわいいデザイン

ヒトデさんなど有名ブロガーも使用

文章が読みやすく設計されている
カスタマイズの幅が狭い

スタイリッシュにしにくい

機能が少ない

JINは、シンプルで初心者にも扱いやすいテーマです。

また、読みやすい文章になるように設計されているので、ブログ初心者はもちろん読者にも優しいテーマですね。

機能が少ないのと、スタイリッシュにしにくいのがデメリットですが、かわいいデザインが好きな初心者ブロガーにおすすめ。

\ かわいいテーマJINを使ってみる /

7位:Wordpressテーマ「Cocoon」

【Wordpresテーマ】Cocoon

ワードプレステーマ
【Cocoon】

  • ワードプレステーマCocoonの基本情報
テーマ名ワードプレステーマCocoon
サイトURL詳しく見る
販売価格無料
開発者わいひらさん(@MrYhira
おすすめ度 3.54点
レビュー記事Cocoonの評判・レビュー
  • ワードプレステーマCocoonのメリット・デメリット
メリットデメリット
無料最強のテーマ

有料テーマに劣らない機能性

表示速度が速い

カスタマイズ性が高い

使用者が圧倒的に多く、情報を探しやすい
カスタマイズが難しい

おしゃれなデザインにするのが困難

初心者が使いこなすのは難しい

無料のWordpressテーマの中ではダントツの人気テーマです。

カスタマイズ性やスピード、機能面でも有料テーマに全く引けを取りません。

デザインがシンプルすぎる点、初心者には少々難しい点がデメリットとはなりますが、無料のWordpressテーマを選びたい方はCocoonで決まりかなと。

\ 無料テーマならコレ一択 /

WordPressテーマのおすすめを比較

WordPressテーマのおすすめを実際に使ったうえで比較しました。

スクロールできます
テーマ名デザイン性使いやすさSEO対策表示速度機能性カスタマイズ性時間効率性進化性トラブル対応
SWELLスタイリッシュで綺麗なデザイン非常に使い勝手が良いSEOに強いだけでなく、対策のしやすさでも優秀スマホ、デスクトップ速度ともに最高レベル収益機能を含め、非常に機能性が高いデザインのカスタマイズ性が高い非常に時間効率性が高い非常に頻繁なアップデートフォーラム、コミュニティ、開発者対応など万全
SANGOポップでかわいいデザイン使い勝手良しSEOに強いだけでなく、対策のしやすさでも優秀SWELLには劣るが速い収益機能面が物足りないカスタマイズ性で劣る面あり時間効率性高い非常に頻繁なアップデート開発者の迅速な対応力が良い
AFFINGERやや地味めのデザイン初心者にはやや難しいSEOに強いだけでなく、対策のしやすさでも優秀SWELLには劣るが速い特に収益機能が豊富で強力非常にカスタマイズ性が高いやや扱いにくく効率性で劣るやや物足りない印象ユーザーが多く情報が多い
THE THOR極めてスタイリッシュなデザイン初心者にはやや難しいSEOに強いだけでなく、対策のしやすさでも優秀スマホの速度が遅い高い機能性を誇る高いカスタマイズ性やや扱いにくく効率性で劣るやや物足りない印象フォーラムあるもユーザーが少ない
THE SONICシンプルなデザイン使いやすい各種SEO対策においても優秀最高速度高い機能性を誇るカスタマイズ性で劣る面あり時間効率性高いやや物足りない印象ユーザーが少ない
JIN丸みを帯びたかわいらしいデザイン初心者にも使いやすい各種SEO対策においても優秀SWELLには劣るが速い機能性はやや低めカスタマイズ性に難ありやや扱いにくく効率性で劣るやや物足りない印象コミュニティがあり安心
Cocoonシンプルなデザイン初心者にはやや難しいSEOに強いだけでなく、対策のしやすさでも優秀SWELLには劣るが速い高い機能性を誇る高いカスタマイズ性やや扱いにくく効率性で劣るやや物足りない印象ユーザーが多く、フォーラムもある

上記テーブル内の「◎」を4点、「〇」を3点、「△」を2点、「×」を1点として数値化すると、下記の結果となりました。

スクロールできます
SWELLSANGOAFFINGERTHE THORTHE SONICJINCocoon
一位 35点2位 29点3位 26点24点24点22点24点

WordPressテーマ別の「スピード」比較

ページスピードの比較条件
  • 同一サイトで比較
  • テーマ高速化機能「ON」
  • 高速化プラグイン「不使用」
  • メインビジュアル画像「なし」
  • 記事数「4記事」

上記のような比較条件のもとで、各Wordpressテーマのスピードを計測した結果は下記です。

Wordpressテーマのスピード
スクロールできます
テーマ名パソコン速度モバイル速度公式サイト
SWELL10098詳しく見る
SANGO9990詳しく見る
AFFINGER10089詳しく見る
THE THOR9352詳しく見る
THE SONIC10099詳しく見る
JIN9990詳しく見る
Cocoon9989詳しく見る

結果、最も速いWordpressテーマはSWELLでした。パソコン速度、モバイル速度ともにトップスコアとなっています。

当サイトでもSWELLを使用しており、ときおりALL100が出ますよ。

WordPressテーマ別の「デザイン」比較

百聞は一見にしかず。こと、デザインにおいては文章で説明されるよりも見たほうが早いです。

というわけで、ここではWordpressテーマごとにデザイン例をご紹介します。

もっとたくさん見たい!という方は「おしゃれなブログデザイン集」からチェックしてみて下さい。

WordPressテーマ別の「移行率」比較

SNS上において、Wordpressテーマごとの移行率(他のテーマへ移った人の割合)についてアンケート調査しました。

移行率が低いということは、そのテーマに満足していることを示しますし、逆に高いなら不満があるために移行したと考えることができるでしょう。

調査結果は下記です。(THE SONICはユーザー少なくデータなし)

テーマ名テーマ移行率満足度公式サイト
SWELL6.2%93.8%詳しく見る
SANGO19%81%詳しく見る
AFFINGER631.6%68.4%詳しく見る
THE THOR38.5%61.5%詳しく見る
THE SONIC詳しく見る
JIN44.4%55.6%詳しく見る
Cocoon60%40%詳しく見る
SWELL満足度93.8%
SWELLの移行率

SWELLユーザーの移行率は、6.2%

AFFINGER満足度調査
AFFINGERの移行率

AFFINGERユーザーの移行率は31.6%

THETHORの満足度調査
The Thorの移行率

THE THORユーザーの移行率は38.5

JIN満足度調査
JINの移行率

JINユーザーの移行率は44.4%

SANGO移行率
SANGOの移行率

SANGOユーザーの移行率は19.1%

Cocoonの満足度調査調査
Cocoonの移行率

Cocoonユーザーの移行率は60%

上記の結果、SWELLが最もテーマ移行率が低い(満足度が高い)ということが分かりました。

「目的別」Wordpressテーマのおすすめ

ここまでWordpressテーマのおすすめランキングや比較を見てきましたが、結局どのテーマを選ぶべきかは、あなたが何を重視するのかによって変化します。

例えば、ブログで稼ぎたいなら収益化しやすい機能が豊富なテーマを選ぶべきですし、ブログを楽しみたいなら操作がラクでストレスフリーなテーマが良いでしょう。

目的別のおすすめテーマは下記です。

目的おすすめテーマ
無料・安いCocoonSANGO
稼ぎたいSWELLAFFINGER6
デザインが良いSWELLTHE THOR
使いやすいSWELLJIN
高機能SWELLAFFINGER6
表示速度が速いSWELLTHE SONIC
失敗したくないSWELLSANGO
目的別のWordpressテーマおすすめ

ぶっちゃけ、結論です。

価格以外の目的なら正直SWELLにしておけば間違いないです。

\全てに強い!最高のテーマといえば/

WordPressテーマの基礎知識

では、ここからはWordpressテーマについての基礎知識を解説していきます。

WordPressテーマとは

WordPressのテーマとは、簡単にいえばブログのデザインや構成などを簡単に変更できるテンプレートのことです。

現在、8,000種類以上もあり、ぶっちゃけ選びきれません。

また、Wordpressテーマは「デザインテーマ」と呼ばれることもあるくらい、テーマごとにデザイン性が大きく異なります。

デザインはモチベーションにもかかわる為、軽視できない部分だと考えています。

「無料」と「有料」の違い

WordPressテーマには、無料テーマと有料テーマがあります。

無料のWordpressテーマでも十分なら良いのですが、そうは問屋がおろしません・・・。

無料と有料の違いについては、下記をご覧ください。

無料テーマの特徴
有料テーマの特徴
  • とにかく無料
  • デザインがイマイチ
  • 収益機能に乏しい
  • 操作難易度が高め
  • 表示速度は速い
  • 効率的な運営がしにくい
  • ブログスキルが必要
  • 有料(~2万円)
  • デザインが良い
  • 収益機能が多い
  • カスタマイズしやすい
  • 使いやすい
  • 表示速度は速い
  • 効率的に収益化できる
  • 時間を生み出せる
  • ブログが楽しなる

上記のとおり、残念ながら無料テーマはほとんどの面で有料テーマに劣ります。

無料テーマの方が「お得」には見えますが、長いブログ運営を考えるとむしろマイナス効果が大きくなるかなと。

特に、時間効率の面は大きいです。

投下したお金は取り戻せても、投下した時間は二度と戻ってはきませんから。

後悔しないWordpressテーマの選び方【初心者向け】

有料のWordpressテーマは決して安くはないので、失敗はしたくないもの。

でも、ブログ初心者であれば「どんなところに注意して決めたらいいか」が分からないでしょう。

ということで、Wordpressテーマの選び方(注意点)を見ていきましょう。

具体的に、特に注意すべき点は下記の5つです。

  1. デザイン性
  2. 表示スピードは速いか
  3. 使いやすさ
  4. トラブル対応がしやすいか
  5. テーマの進化度合い

注意点①:デザインが好みかどうか

デザインが好みかどうか、というのはモチベーションに関わる大きなものです。

実際、僕はデザイン性を重視していたので、気に入ったデザインに出来たことでモチベーションも大きく向上しました。

デザインは実際に色んなサイトを見ると良いです。

注意点②:表示スピードは速いかどうか

これについては、先ほど見ていただいたとおりですね。

ここで紹介したテーマであれば、どのテーマを選択しても「遅い」ということはないので、ご安心を。

と、いいたいのですがSEOにおいては2021年6月より表示スピードの重要性が高まりました。

やはり、速ければ速いほど良いというのは間違いないでしょう。

注意点③:使いやすいかどうか

使いやすさも、とても重要なポイントです。

どんなに優れたテーマであっても、使いこなせなければ意味をなしません。

さらに、使いにくいテーマではモチベーションも下がってしまうでしょう。

ブログ運営の最大の壁は「継続」ですから、できるだけ使いやすいものが良いのはいうまでもありません。

注意点④:トラブル対応がしやすいかどうか

トラブル対応がしやすいかどうかも、重要です。

何か問題が起こった時に、すぐに対応できるかどうか。

できれば、サポート体制やマニュアルが充実しているテーマ、ググると対応方法が見つかりやすいテーマ、使用者が多いテーマを選ぶと安心ですね。

注意点⑤:テーマの進化度合い(開発の熱意と情熱)

開発者の熱意や情熱があるWordpressテーマは、すばらしいテーマだといえます。

常に進化し、常に新たな機能が追加されていく。

これは、ユーザーにとっては本当に嬉しいことです。

反対に、対応が遅いテーマであれば、あっという間に過去のテーマとなってしまうでしょうね。

⇧目次に戻る

WordPressテーマのインストール方法

WordPressテーマが決まったら、Wordpressにテーマをインストールをしていきます。

簡単に流れを説明すると、下記です。

  1. WordPressテーマ購入
  2. WordPressテーマダウンロード
  3. WordPressにテーマをインストール
  4. WordPressテーマを有効化
  5. WordPressテーマを更新

詳しくは、「SWELL導入|インストール方法を分かりやすく解説【動画付き】」より確認してみてください。

テーマは違っても、基本的なダウンロードやインストール方法は同じになります。

⇧目次に戻る

不要なWordpressテーマの削除方法

最後に、新たなWordpressテーマを導入して、不要になったテーマの削除方法を解説します。

使わないWordpressテーマは、セキュリティの脆弱性、不具合が起きる可能性もあるので、消去してしまって良いかと。

削除方法の流れは下記です。

  1. 削除するWordpressテーマを選ぶ
  2. 「削除」をクリック

たったこれだけ。簡単ですね。

⇧目次に戻る

WordPressテーマに関する良くある質問

WordPressテーマ選びはどんなところに注意すれば良いですか?

WordPressテーマを選ぶ際には、デザインが自分好みか、機能面はどうか、テーマの更新性はどうか、といった点を気にすると良いでしょう。

SEOを気にされる方もいますが、有名テーマであれば気にするほどの差異はありません。

初心者ですが、初心者にもオススメなWordpressテーマはどれですか?

初心者におすすめのWordpressテーマは、3つあります。

すなわち、スタイリッシュな有料テーマのSWELLか、かわいい有料テーマのSANGOか、無料のCocoonか、です。

AFFINGER6もおすすめですが、やや難易度が高いので中級者以上向けかなと考えています。

デザインの良いおすすめWordpressテーマはどれですか?

デザインの良いおすすめWordpressテーマはSWELLです。

当サイトでも使用していますが、細かいところまでオシャレでおすすめです。

機能的に優れているおすすめWordpressテーマはどれですか?

機能的に優れたおすすめWordpressテーマは、SWELLかAFFINGER6です。

クリック率計測機能があるなど、どちらも収益系の機能が豊富で頼りになります。

ただ、AFFINGER6の場合は有料での機能追加が必要な点は注意です。

ページスピードに優れたWordpressテーマはどれですか?

ページスピードの速いWordpressテーマは、SWELLとTHE SONICです。

モバイル・パソコン速度スコア100も出せます。

ブログを始めたばかりですが、初めは無料テーマでも良いですか?

本当はブログ初心者こそ有料テーマを使うべきところですが、最初の数か月程度は無料テーマでも良いと考えています。

その後、ブログを続けられそうと思えた時点で変更しても良いかなと。

ただ、いずれ有料テーマを使うのであれば早めの移行がおすすめです。記事の修正が少なくて済みますので。

まとめ|Wordpressテーマのおすすめ6選【ランキング・比較】

テーマ名デザイン使いやすさSEO表示速度機能性カスタム満足度
一位 SWELL
2位 SANGO
3位 AFFINGER
THE THOR
THE SONIC
JIN
Cocoon

これまでに11種類の有料テーマを試して分かったこと、それはWordpressテーマはブログ運営の成否を左右するということ。

たかがWordpressテーマと思ってはいけません。

テーマ選びで失敗したくない方は、今回紹介した中から選ぶことを強くオススメします。

特に、下記の3つから選べば間違いないですよ。

WordPressテーマおすすめランキング
一位【1位】SWELL(デザイン・総合力№1)
2位【2位】SANGO(コスパGOOD!)
3位【3位】AFFINGER6(収益力№1)

⇧目次に戻る

WordPressテーマおすすめ記事

⇧目次に戻る