>おしゃれなブログデザイン200選はこちら

SWELLとプラグイン|必要・不要・危険なものまでご紹介

SWELLに必要なプラグインはもちろん、不具合が出る可能性のあるものや機能が被る(いらない)プラグインもご紹介します。

SWELLER

SWELLをインストールしたけれど、プラグインはどうしたらいいんだろう?

入れておきたいプラグイン、いらないプラグインがあれば知りたいな。

こんな疑問を解決します。

テーマをSWELLに変更したら、すぐに記事を書きたいし、早くリライトしていきたいですよね。

ふらんきー

テーマをSWELLに変更したから、さっそくSWELLで記事を書いていくゼェー!

と気持ちが高ぶるのは分かりますが、ちょっと待ってください。

まずは、「プラグイン」の最適化をしておくべきです。

テーマを変更したのに、これまでのプラグインのままで大丈夫だと思っていませんか?

「え?」と思ったアナタは注意です。

SWELLには、SWELLと相性のいいプラグインもあれば、相性の悪いプラグインもあります。

相性の悪いプラグインによって不具合が起きたり、不要なプラグインが増えてしまうことでサイトが重くなる可能性も・・・。

そういったことを防ぐためにも、プラグインの確認・対応をまず初めにしっかり行っておく必要があります。

そこで、この記事ではSWELLにしたら入れておきたいプラグインと、相性の悪いプラグインを紹介します。

記事を読んで分かること
  • SWELLと相性の悪い、不要なプラグインが分かる
  • SWELLに入れておきたいプラグインが分かる
  • プラグインについての評判・口コミも確認できる

不要なプラグインを減らし、SWELLの力を引き出すためにも、この記事で紹介するプラグインについてはしっかりチェックしておきましょう。

目次

SWELLと相性の良いプラグイン

SWELLをインストールしたら、入れておくことをオススメする(推奨されている)プラグインは下記のとおりです。

  • SEO SIMPLE PACK
  • Google XML Sitemaps
  • Highlighting Code Block
  • Useful Blocks
  • Pochipp
  • WP Revisions Control
  • BackWPup
  • Contact Form by WPForms
  • Really Simple SSL
  • Wordfence Security

上記のプラグインについて、解説していきますね。

SEO SIMPLE PACK(開発者=SWELL開発者)

SEO-SIMPLE-PACK

SEO SIMPLE PACKは、とてもシンプルで使いやすいSEO用のプラグインで、開発者はSWELLのと開発者でもある「了」さんです。

設定画面は全て日本語対応していて、他のSEOプラグインよりも分かりやすいです。

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールとの連携も簡単。

ヒナキラ

僕はSWELL移行と同時に「Yoast SEO」から変更しました。

Google XML Sitemaps

XML-サイトマップ

XMLサイトマップを作成できるプラグインです。XMLサイトマップはSEOに重要なものです。

また、SWELLで推奨している「SEO SIMPLE PACK」にはサイトマップ作成機能がありません。

「SEO SIMPLE PACK」を使う場合は、このプラグインを入れることをオススメします。

Highlighting Code Block(開発者=SWELL開発者)

Highlighting Code Block


プログラミング関連記事などでコードを書く人におすすめのプラグインです。

コードブロックを簡単に挿入できて、選んだ言語に合わせてシンタックスハイライトしてくれます。

Useful Blocks(開発者=SWELL開発者、他)

USEFUL-BLOCKS

グーテンベルクプラグイン専用のプラグインで、記事作成に役立つ複数のブロックが使えるようになります。

HTML・CSSの知識がなくても簡単にスタイルの変更が可能です。

以下のようなブロックが使えるようになります。

【比較ブロック】

USEFUL-BLOCKSブロック

【CVボックス】

USEFUL-BLOCKS-CVボックス

【アイコンボックス】

USEFUL-BLOCKS-アイコンボックス

【棒グラフ】

USEFUL-BLOCKS-棒グラフ

【評価グラフ】

USEFUL-BLOCKS-評価グラフ

めちゃくちゃ可愛いのでおすすめ。

また、1,200円でプロ版に移行することもできます。(僕も即プロ版に移行しました。)

Pochipp(開発者=SWELL開発者、他)

ポチップ

ポチップは、Amazonや楽天市場から商品を検索してアフィリエイトリンクを管理できるプラグインです。

大変使いやすいと評判です。

WP Revisions Control

リビジョンコントロール

リビジョンデータを簡単に制限できるプラグインです。

ほっとくと、いつのまにか100件以上になることもある恐怖の「アイツ」を制御できます。

BackWPup

BACKWPUP

画像ファイル、記事、プラグインまでまるっとバックアップが取れる「BackWPup」は、入れておくべきプラグインの筆頭です。

定期的に自動でバックアップを取ってくれる優れものです。

Contact Form by WPForms

Contact-Form-by-WPForms

コンタクト(お問い合わせ)フォームを簡単に設置できるプラグインです。

SWELLではこちらを紹介していますが、「Contact Form 7」でも良いです。

Really Simple SSL

Really-Simple-SSL

自動で設定を検出し、サイトを「https」で実行するように設定できるプラグインです。

軽量化のため設定は最小限に抑え、サイト全体を「SSL」に移行します。

すでにSSL化が終わっているなら、入れなくてオッケーです。

Wordfence Security

Wordfence-Security

セキュリティ系プラグインです。

WordPressのファイアウォール、セキュリティスキャナーができます。

SWELLには不必要なプラグイン

ではここからは、SWELLと相性の悪い(不必要・非推奨)プラグインについてご紹介していきます。

まずは、基本的にSWELLの標準機能として備わっていたりと、不必要になるプラグインをご紹介します。

不必要なプラグインをまとめると、下記です。

  • Table of Contents Plus
  • Lazy Load
  • Speech bubble
  • WordPress Popular Posts
  • Classic Editor

では、順に紹介していきます。

Table of Contents Plus

SWELL非推奨Table of Contents Plus

Table of Contents Plusは、記事に目次を表示できるWordPressプラグインです。

目次作成機能がないテーマであれば、必須レベルのプラグインです。

ですが、「SWELL」には目次作成機能が標準装備されているため、不必要なプラグインとなります。

Lazy Load

Lazy Load

たくさんの画像があるページは、表示速度が遅くなります。

表示速度が遅くなればなるほどユーザーの離脱率がUPしてしまうことが分かっているので、対策が必要です。

そこで、この「Lazy Load」というプラグインの遅延ロード機能が有効なのですが、これもSWELLに標準装備となっているため、不必要なプラグインになります。

Speech bubble

Speech bubble

ふきだし作成プラグインです。

これもSWELL標準装備となるので、不要なプラグインとなります。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Posts

人気記事リストの設置・表示ができるようになるプラグインです。

SWELLでも人気記事リストを作れる機能が備わっているので、このプラグインも不要なものとなります。

Classic Editor

Classic Editor

SWELLではブロックエディターを推奨しています。

SWELLでブロックエディターを使う人にとっては、旧エディター「クラシックエディター」は不要なものとなります。

また、クラシックエディターとあわせて使うことが多い、下記のプラグインも不要となります。

「AddQuicktag」

「TinyMCE Advanced」

SWELL非対応のプラグイン

WooCommerce

WooCommerce

WooCommerceとは、カートシステムを簡単に構築でき、自分のwebサイトをネットショップ化することができるというものです。

ただ、SWELL開発者いわく、「EC系のプラグインは基本的に対応しておりません」とのことなので、SWELLでは非対応のプラグインとなります。

SWELLと相性の悪い・不具合が起きるおそれのあるプラグイン

これから紹介するのは、SWELL開発者が不具合が起きる可能性があると注意を促しているプラグインです。

Autoptimize

Autoptimize

CSSやJSなどのリソースを軽量・最適化してくれるプラグインです。

SWELL開発者いわく「不具合が発生する可能性が高いです。」とのことです。

また、SWELLではもともとコードを圧縮したりできるだけファイルをまとめたり、適切な軽量化を行っているようなので、仮に使えたとしても大きな効果は見込めないでしょう。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin

セキュリティを向上させることができるセキュリティプラグインです。

日本語で設定できるので非常に人気のプラグインですが、不具合が発生してしまう報告があるようです。

なので、いまのところは使用しない方がベターではないでしょうか。

EWWW Image Optimizer (僕は使用してます)

EWWW Image Optimizer

画像圧縮系のプラグインで、利用者はかなり多いです。

SWELL開発者いわく「画像がアップロードできなくなる不具合が起きている場面に何度か遭遇していますので、必要な時だけ有効化して使うくらいがいいかなと個人的には思います。」とのことです。

対応としては、「TinyPNG」などを使ってあらかじめ圧縮済みの画像をWordPresにアップロードしていくことが推奨されています。

TinyPNG」の使い方は簡単です。下記の点線に画像ファイルをドロップするだけ。すると、勝手に画像が圧縮されます。

TinyPNG
TinyPNG

ただ、ぶっちゃけ僕は「EWWW Image Optimizer」を使っています。

が、いまだ不具合は発生していないので特に問題ないのでは?と思って使い続けています。

そのへんは、自己判断で。

SWELLで「おすすめ・いらない・注意すべき」プラグインのまとめ

今回は、SWELLで「推奨・非推奨・不要となる」プラグインについてご紹介させていただきました。

SWELLは多機能です。それゆえに必要なプラグインも比較的少なくて済みますし、逆に不要になるプラグインもあります。

ちなみにですが、プラグインは不要なものは極力入れない方が良いです。不具合のもとですし、サイトが重くなる原因となります。

逆に、必要なものがなくても使い勝手が悪くなってしまう。

つまり、必要なものは導入して、不必要なものは排除しておくというように「プラグインの最適化」が重要となります。

以上、お読みいただきありがとうございました。

WordPressテーマ【SWELL】について

SWELLは、使いやすくて、お洒落で、表示速度も速い、素晴らしいテーマです。

ヒナキラ

僕にとっては冗談ぬきに「神テーマ」です!

ブロ美ちゃん

なんでですか?

ヒナキラ

おしゃれだし、便利な機能も多いし、ブロックエディタは有料テーマ中でも一番使いやすいし。

あげればキリがないですね。

ブロ美ちゃん

ふーん、そんなにSWELLっていいんですね。

ヒナキラ

うん、SWELLは本当にオススメ!みんなに体感してもらいたい!

と、いうわけで、SWELLに興味がある方は、下記よりどうぞ~~~。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる