> 大評判のSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

【ロリポップ】LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法

LiteSpeed-Cache-setting-method

ロリポップハイスピードプランを使っている方向け、LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法を解説します。

この記事の内容
  • LiteSpeed Cacheプラグインとは?
  • LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法
Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ月収6桁。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー8,000人。ブログが大好き。

Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ月収6桁。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー8,000人。ブログが大好き。

Wordpressブログのスピード(ロリポップ)
速度100も出せる「LiteSpeed

「ロリポップ!ハイスピードプラン」は「LiteSpeed」という最新の超高速サーバーが使用されていて、上記のようにALL100というスコアをたたき出すことも可能です。

ただ、LiteSpeedサーバーでのみ使える爆速プラグイン、「LiteSpeed Cache」を使えば、の話。

この記事では、爆速を実現できる「LiteSpeed Cache」プラグインの設定方法を解説します。

ヒナキラ

一緒に設定して、爆速を実現しましょう。

タップできる目次

ロリポップを爆速に!「LiteSpeed Cache」プラグイン

LiteSpeed Cache

「LiteSpeed Cache」とは、LiteSpeedサーバーのみで使えるプラグインで、超強力なサイトアクセラレーション(高速化)プラグインです。

正直、すぐに他を圧倒するほどのスコアをたたき出すことが出来るようになります。

なお、「LiteSpeed Cache」は、LiteSpeedサーバー以外では使用できませんので、エックスサーバーや、コノハウイングといったサーバーでは利用不可。

ロリポップハイスピードを選んだあなた、「勝ち」です。

\ 安くて速い、コスパ最高のオススメサーバー /

LiteSpeed Cacheプラグインの設定方法

ちなみに「LiteSpeed Cache」とは、高速化を実現するプラグインのことです。

プラグインとはWordPressの拡張機能のことで、簡単にWordPressを自分好みにアレンジできます。

ヒナキラ

設定変更をする項目のみに絞って解説していきます。

STEP
プラグイン「LiteSpeed Cache」をインストール

①「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

プラグイン追加

②検索窓に「LiteSpeed Cache」と入力。

検索窓に入力

③「今すぐインストール」をクリック。

今すぐインストール

④「有効化」をクリック。

有効化

これで、プラグインのインストールは完了です。

続いて、「LiteSpeed Cache」の基本的な設定を行っていきます。

STEP
「LiteSpeed Cache」の設定(一般)

①「一般」をクリック。

一般

②「ドメインキーの要求」をクリック。

ドメインキー

③数分たったら、ページ更新をする。

このとき、下記のようにドメインキーが自動入力されていればOK。

ドメインキー承認

④「ゲストモード」と「ゲストの最適化」をオンにして変更を保存する。

ゲストモードON
STEP
「LiteSpeed Cache」の設定(キャッシュ)

①「キャッシュ」をクリックする。

キャッシュ

②キャッシュタブの、「ログインしたユーザーをキャッシュ」「REST APIをキャッシュ」「ログインページをキャッシュ」をオフにして、変更を保存する。

キャッシュ制御

③パージタブの、「すべてのページ」「年別アーカイブ」「日別アーカイブ」にチェックを入れて変更を保存する。

パージ

④ブラウザータブの、「ブラウザキャッシュ」をオンにして、変更を保存する。

ブラウザー
STEP
「LiteSpeed Cache」の設定(画像の最適化)

①「画像の最適化」をクリック。

画像最適化

②画像最適化タブの「自動要求Cron」をオフにする。

自動要求Cron

③「Webp画像への置換」をオンにして、変更を保存する。

Webp
STEP
「LiteSpeed Cache」の設定(ページの最適化)

①「ページの最適化」をクリック。

ページの最適化

②HTMLの設定タブ、「DNSプリフェッチ」に下記を入力する。

//www.google-analytics.com

HTML

③「Googleフォント」「Wordpress絵文字を削除」をオンにして、変更を保存する。

フォント

これで、LiteSpeed Cacheの基本的な設定は以上です。

これだけで、ページスピードがチートレベルに速くなります。

試しに、「PageSpeed Insights」でURLを入力して、スピードを調べてみて下さい。

ヒナキラ

僕の場合、コレでALL100になりました。

まとめ|LiteSpeed Cacheプラグインを導入して爆速を実現!

Wordpressブログのスピード(ロリポップ)
速度100も出せる「LiteSpeed

今回は、LiteSpeedサーバーでのみ使える爆速プラグイン「LiteSpeed Cache」の設定方法を解説しました。

ページスピード「100」点を実現できるチートプラグイン。

ロリポップハイスピードプランを使っているなら、絶対に導入したいプラグインです。

ぜひ、この記事を読みながら設定してみてくださいね。

爆速で厳しいブログの道のりを駆け抜けましょう。

では、今回は以上です。

\ 安くて速い、コスパ最高のオススメサーバー /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次