> 大評判のSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

JINの評判&レビュー|悪い口コミは5つ【正直に言います】

JIN評判レビュー

WordPressテーマ「JIN」の口コミ評判、メリデメやデザイン例まで詳しくレビュー!

ブログ初心者

WordPressテーマ「JIN」が気になっています。
実際、どうなんでしょう?

ヒナキラ

こんな疑問を解決します。

僕はこれまで12種類の有料テーマを使ってきました。

その視点から言うと、正直JINは、前は良かったのですが今はオススメできません。

この記事の内容
  • JINの口コミ評判
  • JINのメリットデメリット
  • JINを使ったサイト25選
  • JINをオススメしない理由

上記のような流れで、ひとつひとつ見ていきたいと思います。

これを見れば、JINの評判やメリットデメリット、オススメしない理由まで分かりますので、ぜひチェックしていってください。

WordPressテーマおすすめランキング

デザインが綺麗でオシャレ、使いやすく、高機能。

SWELLの評判を集めた記事は →SWELLの口コミ評判・レビュー

有料テーマ12コ使う僕のイチオシWordPressテーマです。

≫SWELL公式サイトはこちら

テーマ名JIN
価格14,800円(税込)
デザインかわいい
機能性低い
カスタマイズ性低い
使いやすさ初心者には使いやすい
利用者数少なめ
サポートフォーラムあり
タップできる目次

WordPressテーマJINの評価レビュー

評価項目評点
総合評価3.46
デザイン性3.5
使いやすさ4.0
サポート3.0
収益性3.5
機能性2.8
僕のJIN評価レビュー
  • シンプルで使いやすい
  • JIN BLOG CAMPという専用コミュニティがアツい
  • 文章が読みやすい
  • 操作が分かりやすい
  • デザインがかわいい
  • 機能が少なめ
  • アップデート少なめ
  • サイトが重くなる
WordPressテーマ「JIN」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • シンプルで使いやすい
  • JIN BLOG CAMPという専用コミュニティがアツい
  • 文章が読みやすい
  • 操作が分かりやすい
  • デザインがかわいい
  • 複数サイトに利用できる
デメリット
  • 機能が少なめ
  • ブロックエディター対応がイマイチ
  • アップデートが少なめ
  • サイトが重くなる

JINの評価は、5点満点中の3.47点です。

見た目のかわいさに定評のあるテーマで、設定項目が分かりやすく、初心者でも使いやすいのも大きな特徴の一つ。

ただ、誤解をおそれずに言えば、他の人気テーマと比べると機能が少ないといった側面があります。

その理由は、機能を必要最小限にすることで、初心者に分かりやすいテーマにすることを目指したからだと推測。

ヒナキラ

JINは、かわいいデザインが好きなブロガーや、超初心者ブロガーにオススメなテーマです。

といったところになります。

ただ・・・

WordPressテーマ「JIN」の評判・口コミ

では、実際にJINを使っている方の評判を見ていきましょう。

JINの良い評判・口コミ

まず、JINの良い評判です。

JINの良い口コミ評判まとめ
  • 使いやすい
  • ブログを書くのが楽しくなる
  • 記事が見やすい
  • サポートがしっかりしている
  • 複数サイトに利用できる

使いやすい

ブログを書くのが楽しくなる

ブログ記事が見やすい

サポートがしっかりしている

  • ランサーズで集めたJINの良い評判
スクロールできます

30代女性 評価

いつでも質問できる掲示板が用意されている。
JINの制作者がSNSに居るので、問題があってもコンタクトが取れる。
複数サイトに使用できる

30代女性 評価

デザインがかわいいので気に入っています。
使い方なども、公式がわかりやすく解説してくれています。
細かい不明点も調べれば情報があるので助かっています。

30代男性 評価

画面がとにかくシンプルなので何をするにも取り組みやすいですし、直感的に操作ができるので難しい知識が必要ないのは大変良かったです。

40代男性 評価

デザインのカスタマイズが豊富で操作も簡単。
デザインのカスタマイズが豊富で操作も簡単。

50代男性 評価

レイアウトの変更が簡単な点、複数のサイトで使える点、マニュアルがしっかりしている点。
商品ランキング機能など収益化に直結する機能も良い。

男性

40代男性 口コミ

良い点は複数サイトで使用する事が出来るのでコストパフォーマンスに優れている点が良いです。

男性

40代男性 口コミ

WEBデザインを簡単にカスタマイズできる点です。スタイルシートやHTML5などWEB画面専用の知識がなくても、搭載されているプラグインを活用することで初心者でも簡単にカスタマイズできました。

男性

30代男性 口コミ

有名なインフルエンサーのテーマでサポートもちゃんとしていて始めやすい所が良い点です。

40代女性 評価

JINは、レイアウトの変更が簡単なため、ユーザーは手軽に自分好みのデザインでサイトを運営できる。

男性

30代男性 口コミ

初心者でも、簡単に扱えます。

男性

20代男性 口コミ

HTMLやCSSの知識がなくても直感的にレイアウト変更できる点が良いです。
また、SEOにも強いので無料のテンプレートよりも確実に稼ぎやすい点。

20代女性 評価

・操作が直感的でわかりやすい
・使ってる人が多いので、操作に困ったときはググれば解決できることが多い
・「ブログキャンプ」というJIN購入者なら無料で加入できるコミュニティがあるので、個別に困ったことも質問したら解決できることが多い

ヒナキラ

以上、JINの良い口コミ評判でした。

JINの悪い評判・口コミ

次に、JINの悪い口コミ評判も見ていきたいと思います。

表示速度が遅い

ブロックエディター完全対応ではない

他と比べると使いづらい

ふきだしが使いにくい

カスタマイズしにくい

  • ランサーズでのJINの悪い口コミ評判
スクロールできます
男性

50代男性 口コミ

サイトが重くなりがちな点、AMPが非対応な点

男性

30代男性 口コミ

たくさんの人が使いすぎててひと目で同じテーマを使っていることがわかる。それが故にブログで差別化ができず、ブログの構成見た時点で離脱する人も多かった。

女性

30代女性 口コミ

小さな不具合が多くストレス。

男性

30代男性 口コミ

読み込みが遅くて表示の際には重たさを感じるのはストレスになります。

男性

40代男性 口コミ

悪い点としてはサイトが重くなりがちで表示速度が遅くなってしまう事です。

男性

40代男性 口コミ

価格が高い点です。品質は申し分ないのですが、もう少し安ければありがたいと思いました。

男性

40代男性 口コミ

ユーザーが多く、一目でこのページはJINで作ったなと直ぐに判る。
価格が高い。

40代女性 評価

JINは、デザイン面にこだわっていることもあり、他のWordPressテーマに比べるとやや動作が重い傾向にあります。

男性

30代男性 口コミ

悪い点はあまりありませんが、少し高いです。

男性

20代男性 口コミ

料金がやや高いこと。
お試し期間が相応にあると尚良いと思います。

女性

20代女性 口コミ

・公式マニュアルの情報がちょっと古い
・公式マニュアルだけでは情報が足りないこともある
・classicエディタ基本の作りで、ブロックエディタへの移行がほかのテーマと比べて遅い(少しずつ移行はしてる)

ヒナキラ

以上が、JINの良くない評判でした。

ワードプレステーマ「JIN」のメリット

JINのメリットについては、下記をご覧ください。

  1. 人気有料テーマの中では安い
  2. 使いやすい(初心者にもやさしい)
  3. ブログの文章が読みやすい(読者に優しい)
  4. トップページデザインをボタン1つで「切り替え」できる
  5. おすすめのデザインに「着せ替え」できる
  6. デザインがシンプルで可愛い
  7. 「収益化」機能を搭載
  8. 表示速度が速い
  9. 問題解決をしやすい
  10. JIN BLOG CAMPが良き
  11. 複数のサイトで使える

メリット①:人気の有料テーマの中では安い

人気の有料テーマ価格表
SWELL
17,600円
THETHOR
16,280円
AFFINGER
14,800円
JIN
14,800円
SANGO
14,800円
STORK19
11,000円

人気の有料テーマを6つに絞って比較しています。

上記の画像をみていただければ分かりますが、この6テーマのうちJINは安い方に分類されます。

同列にAFFINGERがありますが、そちらは追加費用が出る(AFFINGERは有料プラグインがないと微妙なので)ので、実際にはJINの方が安いです。

この6テーマを選んだ理由は、有料テーマについてはこの6テーマの使用者がほとんどだからです。

Twitterにて200以上のサイトを集めてブログデザイン集を作成しましたが、この5テーマでほぼ99%の集まりでしたので間違いないかなと。

利用者数の多い順に並べると、SWELL>>>AFFINGER=JIN>THETHOR=SANGOという結果でした。

メリット②:使いやすい(初心者にもやさしい)

使いやすさ

「真の使いやすさを追求したWPテーマ『JIN』」とは、JINのキャッチコピーです。

その言葉どおり、JINの最大の特徴は「使いやすさ」にあります。

難しいことが分からない初心者にとっても優しいテーマですね。

JIN初心者
JIN公式
ヒナキラ

ブログは継続が大事。

継続を助けてくれる「使いやすさ」は重要な要素です。

メリット③:ブログの文章が読みやすい!

インフルエンサー「イケハヤ」さんもJINは読みやすいと太鼓判を押しているようですね。

これは同感です。

読みやすいJIN
ヒトデブログ

また、これはトップブロガーのヒトデさん(JIN)の記事を一部抜粋したものですが、やはりJINの記事は読みやすい。

読みやすさの理由は、テキスト文字が大きめにできることと、広めの行間です。

Webでは、モバイルで見る方が圧倒的に多いとあって、文字が大きめで行間が広い方が読みやすいんですよね。

そして、ヒトデさんはこう言っています。「読みやすさは、正義!!」

メリット④: デザインをボタン1つで「切り替え」できる

JINきりかえ

JINには、ボタン1つで簡単にデザインを変更できます。

デザイン変更できる内容は下記です。

  • ヘッダーデザイン(9パターン)
  • サイドバーデザイン(5パターン)
  • フッターデザイン(2パターン)
  • 記事リストデザイン(3パターン)

簡単にデザインが切り替えできるというのは、初心者にとってもありがたい機能です。

実際、僕はこの機能にだいぶ助けられました。

ヒナキラ

簡単!というのは初心者にとって非常に嬉しいことですね!

メリット⑤: トップページをおすすめデザインに「着せ替え」できる

JINデモ

JINでは、プラグインを活用することで、おすすめデザインに簡単に「着せ替え」ができる機能があります。

やり方は、下記です。

  1. JIN公式サイトでデモデザインをダウンロード
  2. WordPressプラグイン「Customizer Export/Import」をインストール
  3. WordPress管理画面から、外観→カスタマイズ→エクスポート/インポートに進む
  4. ダウンロードしたファイルをインポート

といった流れで、着せ替えが完了です。

有料テーマを買ったけどうまくデザインできないというのは良くあることですが、この着せ替え機能を使えばそういった心配はなく、デザイン変更にかかる時間も大きく短縮できちゃいます。

ヒナキラ

デザイン変更が簡単にできる。

初心者には嬉しい機能ですね。

メリット⑥: デザインが可愛い

JINかわいさ

JINのデザインは丸みがあって、どこかフェミニンな雰囲気があります。

つまり、とっても可愛いデザインということですね。

ヒナキラ

もちろん多くの男性にも好まれていますけど、どこか女性的な雰囲気がありますね。

そして、JINには女性向けにスペシャルデザインが用意されています。

CARAT

JIN専用の有料デザインプラグイン「CARAT」(税込2,480円)です。

というわけで、「可愛い」を追求したい方に、JINはとてもオススメなテーマですね。

メリット⑦: 「収益化」機能をしっかり搭載している

JIN収益化機能

JINには、稼ぐために役に立つアフィリエイトの「収益化」を後押しできる機能があります。

開発者でありアフィリエイターである「ひつじさん」ならではのアフィリエイトノウハウが結集されているとのこと。

主な収益化機能は下記です。

  • CVボタン(全4種)
  • ランキング作成
  • 広告一括管理
  • CTAエリア作成
  • HTMLタグ管理
  • インフィード広告
JIN広告
ヒナキラ

アフィリエイターの「ひつじ」さんが作っただけあって、アフィリエイターに嬉しい機能ありです。

メリット⑧: 表示速度が速い(初期状態)

JINは、かつては表示速度が「遅い」といわれていました。

表示速度が遅いというのは、大きなデメリットです。

遅くなればなるほど、読者の離脱率が増えて大きな機会損失になるので・・・。

また、表示速度はSEO(検索エンジン最適化)にも関わってくる非常に重要な要素です。

かつて「遅い」といわれていたJINですが、だいぶ速くなっています。

当サイトで実際に調べたデータは下記です。

テーマPC速度スマホ速度
JIN9990
SWELL10099
SANGO9990
THE THOR9352
AFFINGER10089
Cocoon9989

大人気テーマの「SWELL」「AFFINGER」「THE THOR」「SANGO」「Cocoon」とで比較されたものですが、JINはSWELLに次いで2位となっていますね。

かつて遅いといわれていたJINが、業界最高水準の表示速度をうたっているTHE THORよりも速くなっているのですから、驚きのひとことです。

注意点として、JINは機能が少なくプラグインが多くなりがちなので、結果的には遅くなりがちな点です。

メリット⑨: 問題解決をしやすい

JINマニュアル
JIN MANUAL

上記のように、JINには詳細で分かりやすいマニュアルが用意されています。

また、分からないことがあれば「JIN Forum」で相談することもできます。

JINフォーラム
JIN Forum

それに、JINはユーザーが多いので、仮にマニュアルやForumで解決できなくても、検索エンジンで分からないことや追加したい機能などの検索をすると比較的解決策が見つかることが多いですね。

ヒナキラ

初心者にとっては、何かが起きたときに解決しやすいというのは非常に大きいポイントです。

メリット⑩:JIN BLOG CAMPが良き

JIN BLOG CAMP

JINには、「JIN BLOG CAMP」という専用コミュニティがあります。

ここでは、開発者のひつじさんがブログ相談を行うなど、他のテーマのコミュニティとは違ったサービスを受けられます。

ひつじさん自身がアフィリエイターですので、貴重な意見をもらえることでしょう。

また、コミュニティ内ではJINユーザーが集まっているので、何か分からないことがあった場合の相談など、問題解決しやすい環境があるので良きです。

メリット⑪:複数のサイトで使える

JINは、一度購入すれば複数のサイトで使えます。

追加で購入することもなく無料で使えるので、サイトが増える程にお得になります。

ヒナキラ

将来、複数のブログを運営したい方にも嬉しいですね。

ワードプレステーマ「JIN」のデメリット

続いては、僕が感じたJINのデメリット(気になる点)をご紹介します。

JINの気になる点をまとめると、下記です。

  1. 機能が物足りない
  2. プラグインが多くなってしまいがち
  3. デザインがスタイリッシュとはいえない

では、ひとつずつ見ていきましょう。

デメリット①:機能が物足りない

JINの最も気になった点は、僕がほしい機能があまりないという点です。

足りないと感じたものを3つだけご紹介すると・・・

  • 記事上パンくずリストが作れない
  • 目次作成機能がない(サイドバー追従の目次も)
  • テーブルスクロールができない
ヒナキラ

上記がJINにはないので、僕としては残念でした。

プラグインを使えば追加できるのですが、外部プラグインで対応すると見た目に違和感が出るなどというデメリットがあります。

デメリット②:プラグインが多くなってしまいがち

JINは機能を極力省いて簡単に使える反面、ほしい機能がないことも多いです。

実際、機能を追加するためにCSSを追加したり、プラグインを追加して対応していました。

すると、プラグインがいつのまにか多くなってしまうという現象に・・・。

ヒナキラ

プラグインが多くなるとサイトが重くなったり、不具合が起きやすくなってしまったりと、良くない状態になってしまします。

デメリット③:デザインがスタイリッシュとはいえない

JINはめっちゃ可愛いけれど、スタイリッシュではない、と感じています。

逆にいうと、可愛いスタイルが好きな方にはデメリットではないです。

それに、有料プラグインの「CARAT(2,480円)」を使えばお洒落なデザインにできます。

ヒナキラ

ぶっちゃけ、これは好みなのでデメリットではないけど、個人的には気になっている点として挙げておきました!

「JIN」を使ったサイトデザイン事例

では、かわいいいと評判のJINを使ったサイトのデザインも見ておきましょう。

今回ご紹介するのは一般ブロガーのサイトと、有名ブロガーのサイトです。

  • 一般ブロガーのサイト
  • 有名ブロガーのサイト

▼もっとJINのデザインを見たい方はこちら▼

JINよりオススメしたいWordPressテーマ

最後に、WordPressテーマの中でも断然イチオシのものを紹介します。

  1. 機能が物足りない
  2. サイトが重くなる
  3. オシャレにできない

このようなJINのデメリットを解消できるテーマが「SWELL」です。

ワードプレステーマSWELL
SWELL

SWELLは高機能で、スピードが速く、そしてスタイリッシュなテーマでもあります。

つまり、JINのデメリットを完璧にカバーできるテーマ。

逆に、JINにあってSWELLにないという部分は、「価格」と「かわいさ」だけでしょう。

主な違いは以下の通りです。

テーマ名価格デザイン使いやすさSEO表示速度機能性カスタム
SWELL
JIN
ヒナキラ

価格は17,600円でJINよりも2,800円高いですが、総合的に考えれば圧倒的にSWELL優勢です。

\ 抜群の機能性!初心者でもデザイン性抜群のサイトにできる /

※いま一番オススメのWordPressテーマ

SWELLの評判付きレビュー記事はこちら

JINのインストール方法

JINのインストール方法については、開発者のひつじさんが動画解説されています。

不安な方は、下記を参考にダウンロードしていきましょう。

JIN導入後はプラグインを最適化しよう

WordPressテーマ「JIN」を導入したら、プラグインの最適化を行いましょう。

JINは再三の説明となりますが、機能が少ないので、プラグインが多くなりがちです。

そのため、プラグインの導入は必要最小限に抑えることを意識しましょう。

では、JINと相性の良いプラグインと悪いプラグインを紹介します。

JINと相性の良いプラグイン

JINと相性の良いプラグインは下記です。

プラグイン名プラグインの機能
EWWW Image Optimizer画像最適化により、サイトを高速化
Autoptimizeコードを圧縮して、サイトを高速化
Rich Table of Contents目次の自動作成
Contact form 7お問い合わせフォーム作成
Rinker物販リンク管理
AddQuicktagクラシックエディター効率化
Search Regex記事の内容を一括置換
XML Sitemap & Google NewsXML Sitemap作成
BackWPup データ・ファイルのバックアップ
Classic EditorClassic Editorを使用
Classic Widgets旧式ウィジェットを使用

JINと相性の悪いプラグイン

続いて、JINと相性の悪いプラグインの紹介です。

プラグイン名プラグインの機能
All in One SEO Pack多機能SEO対策プラグイン
W3 Total Cacheキャッシュ、サイトの高速化
Shortcodes Ultimateショートコードで記事装飾

JIN導入後の注意点

JINを導入したら、特に注意したい点について解説します。

エディターは旧式推奨(Classic Editor)

JINは旧式エディター推奨となっています。

現在の最新エディターはGutenberg(ブロックエディター)ですが、JINは完全対応していません。

そのため、JINの機能を使いこなすには旧式のClassic Editorを使用する必要があります。

ウィジェットは旧式推奨(Classic Widgets)

ウィジェットも旧式タイプでないと正常に動作しません。

そのため、Classic Widgetsというプラグインの導入が必要です。

目次作成はプラグインを使用

JINには目次作成機能がないので、こちらもプラグインの導入でカバーします。

自作でも良いですが、見た目や効率化を考慮すると、Rich Table of Contentsなどのプラグインを使うのがオススメ。

JINの良くある質問

パソコン初心者でも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

マニュアル通りに進めれば誰でも使えます。

また、そんなPC初心者にこそオススメなテーマです。

JINは本当に使いやすいですか?

はい、JINは比較的使いやすいです。

ただ、機能面が少なく、ほしい機能を追加するのに四苦八苦した覚えがあります。

また、ブロックエディターの対応は出来てはいるものの、もう一つという印象です。

正直、使いやすさと機能の両方を求めるならSWELLがオススメです。

JINの一番の特徴は何ですか?

JINの一番の特徴は、見た目のかわいさと、読みやすさです。

各種デザインが丸みを帯びていることなどから、柔らかい印象を受けます。

また、文字が大きく、行間も広いため、特にモバイルで見た場合の読みやすさはトップクラスですね。

逆に文字が小さくて行間がビッシリ詰まっている文章は疲れますし、読む気をなくさせます。

まとめ|JINは「超初心者」にならオススメ

WordPressテーマ「JIN」
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • シンプルで使いやすい
  • JIN BLOG CAMPという専用コミュニティがアツい
  • 文章が読みやすい
  • 操作が分かりやすい
  • デザインがかわいい
  • 複数サイトに利用できる
デメリット
  • 機能が少なめ
  • ブロックエディター対応がイマイチ
  • アップデートが少なめ
  • サイトが重くなる

今回は、Wordpressテーマ「JIN」についての評判とレビューの紹介でした。

JINは、初心者には使いやすい(上級者には物足りない)ので、ブログ初心者にオススメなテーマです。

僕はこれまで19種類のテーマ(有料12、無料7)を使ってきましたが、JINは特に「設定の分かりやすさ」「記事の読みやすさ」が優れているテーマだと感じます。

見た目が好みで、機能性を気にしない方は、JINを検討してみてくださいね。

ここから本音です。

家族や友人におすすめするかと聞かれれば、ぶっちゃけおすすめしません。

それは、JINから今のテーマに移行した経験から、やはり物足りなさがぬぐえないためです。

正直、数年前まではオススメだったのかもしれないけど、今は違う、というのが率直な感想。

もちろん、無料テーマよりは使いやすいですが、有料テーマとしては物足りないです。

今後のアップデート次第、といったところでしょう。

人気有料テーマとの比較表

スクロールできます
テーマ名価格デザイン性SEO対策表示速度使いやすさ機能性カスタマイズ性公式サイト
JIN14,800円かわいいSEO対策面で問題なし速い使いやすい物足りない低い詳しく見る
SWELL17,600円スタイリッシュでおしゃれSEO対策しやすい最速一番使いやすい超高機能やや高い詳しく見る
AFFINGER14,800円デザイン性は低いSEO対策しやすい速い使いにくい高機能もはや最強詳しく見る
THE THOR16,280円スタイリッシュでおしゃれSEO対策面で問題なしやや遅いやや使いにくい高機能高い詳しく見る
Cocoon0円シンプルSEO対策面で問題なし速いやや使いにくい高機能高い詳しく見る

時短に繋がる、超高機能Wordpressテーマ。

WordPressテーマ「SWELL」の特徴
総合評価
( 5 )
メリット
  • とってもオシャレなサイトが誰でも作れる
  • 構造化機能も充実!SEO対策をしやすい
  • ダントツクラスの機能性
  • 高速化のプロを顧問!ページスピードが速い
  • 時短機能も充実!記事執筆を効率化できる
  • ブロックエディター対応度ナンバーワン
  • ブログ運営が楽しくなる
  • 初心者でもカスタマイズしやすい
  • 買い切り、複数サイトに使える
  • アプデが頻繁で進化が止まらない
デメリット
  • 値段が安くない(17,600円)
  • AMP非対応
  • 個人開発

SWELLはオシャレで、非常に使いやすく、時短に繋がる生産性高いWordpressテーマ。

17,600円の価格も、抜群の機能性やSEO対策面、記事執筆効率化などを考慮すればむしろ安いです。

使ったら二度と手放せなくなるWordpressテーマ「SWELL」の感動を、あなたにも。

\オシャレで使いやすく機能性抜群のテーマ/

※今まで使った有料テーマの中で一番おすすめ

WordPressテーマ関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次