> デザインが綺麗でおしゃれ!評判のSWELLをレビュー!

ブログリード文の書き方【例文・型】心理学も活用

リード文の書き方

ブログで「読者を離脱させないために」重要なリード文の書き方を初心者向けに解説!

ブログのリード文ってどう書けばいいのかな?

いつも、何を書けばいいか分からずに悩んでいます・・・。

こういったお悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログリード文の目的・役割

・ブログリード文の書き方

・ブログリード文の「型」

・有名ブロガーの具体的例文

重要です

結論、ブログ記事の中でもリード文は特に重要な部分です。

読者がブログを読んでくれるかどうかは、このリード文にかかっていると言っても過言ではないですから。

とはいえ、僕も初心者の頃は良く分かりませんでしたし、リード文を上手く書けといわれても難しいですよね・・・。

でも安心してください。この記事を読めば、読者の離脱率を減少させ、滞在時間を増やし、上位表示しやすくなるリード文の書き方の基本がつかめますから。

リード文を改善して、読了率・成約率を高めたい方は、是非この記事を読んでみてくださいね。

それでは、見ていきましょう。

どこでも稼げて、スキルアップになり、素晴らしい仲間ができ、充実の毎日が手に入る。

誰でも簡単5分で作れる「WordPressブログの始め方」はこちら。

オシャレで高機能、しかも使いやすくて効率的に記事執筆ができる。

12コの有料テーマを使った中でのイチオシWordPressテーマ「SWELL」はこちら!

タップできる目次

ブログのリード文(導入文)とは?

リード文というのは、記事の導入部分(最初の見出しまでの部分)の文章のことで「導入文」ともいいます。

例えば、今お読みの本ブログ記事でいえば・・・下記の部分がそうですね。

ブログで「読者を離脱させないために」重要なリード文の書き方を初心者向けに解説!

ブログのリード文ってどう書けばいいのかな?

いつも、何を書けばいいか分からずに悩んでいます・・・。

こういったお悩みを解決します。

本記事の内容

・ブログリード文の目的・役割

・ブログリード文の書き方

・ブログリード文の「型」

・有名ブロガーの具体的例文

重要です

結論、ブログ記事の中でもリード文は特に重要な部分です。

読者がブログを読んでくれるかどうかは、このリード文にかかっていると言っても過言ではないですから。

とはいえ、僕も初心者の頃は良く分かりませんでしたし、リード文を上手く書けといわれても難しいですよね・・・。

でも安心してください。この記事を読めば、読者の離脱率を減少させ、滞在時間を増やし、上位表示しやすくなるリード文の書き方の基本がつかめますから。

リード文を改善して、読了率・成約率を高めたい方は、是非この記事を読んでみてくださいね。

それでは、見ていきましょう。

上記のリード文については、次のような流れで構成されています。

  1. 悩みの表面化
  2. 不安をあおる
  3. 共感
  4. メリット・効果
  5. ターゲット限定

このような流れはオーソドックスで、良く見るタイプですね。

ブログリード文(導入文)の書き方

では、リード文の書き方を解説します。

具体的には、リード文は下記を織り交ぜて構成すると良いです。

  • 読者の疑問・悩みを明確にする
  • 不安をあおる
  • 共感する
  • メリット・効果を明確にする
  • ターゲットや期間を絞り込む
  • 実績や権威を示す

大抵のリード文は、上記を織り交ぜたものではないかと推測します。

もちろん、上記がないからダメというわけではないですが、何を書くべきか分からないという方は参考にしてみてください。

リード文の書き方①:読者の疑問・悩みを明確にする

  • リード文の書き方が分かりません。
  • リード文をキチンと書く理由が分かりません。
  • リード文に悩んで時間がかかってしまいます。

このように、なるべく最初の方に読者が抱えている悩み・疑問を書くと、読んでくれる確率が高まります。

その悩みに共感した読者が、「自分ごと」として感じやすくなるからですね。

人は、自分に関係すると判断したものに対して注意力が上がりますから。

この心理現象をカクテルパーティ効果といいますが、コレを利用するというわけです。

リード文の書き方②:不安をあおる

結論、記事の中でもリード文は特に重要な部分です。

読者が本文を読んでくれるかどうかは、リード文にかかっていると言っても過言ではないですから・・・。

仮に、リード文を適当にしてしまうと、離脱率が高まり、読了率も低下し、ひいては収益性が下がります。

というように、不安をあおるのも有効な方法です。

「それは、ヤバイ」というように、読者の興味を引きつけることができますからね。

リード文の書き方③:共感する

ただ、そうはいっても、ブログ初心者にとってリード文を上手く書くのは難しいものですよね。

といった共感も、「自分のことを分かってくれている」「自分のために書かれた記事だ」と感じてもらいやすくなるので、有効です。

リード文の書き方④:メリット・効果を明確にする

これを読めば、リード文の書き方が分かり、本文が読まれやすくなる

滞在時間が増え、上位表示に有利になる

読了率が高まり、成約率をも高められる

このように、「こんなメリットや効果が得られます」ということを伝えてあげることで、興味を引き付け、記事を読むモチベーションをアップさせることができます。

その記事が自分の利益に繋がると分かれば、積極的に関与したくなるものですしね。

逆に、読まないと損をするという逆のアプローチも効果的です。

リード文の書き方⑤:ターゲットや期間を絞り込む

今なら1ヶ月間無料期間中。2月末までの方のみ対象となります。

100名様限定、残り23名様のみとなっておりますので、お急ぎください。

このように、ターゲットや期間を絞り込むことで、今行動しないと損をしてしまうという心理を突く方法も有効です。

人は、損したくない生き物なので。

リード文の書き方⑥:実績や権威をアピールする

「月に500万円稼ぐ僕が」

「ブログ収入:最高380万円 / 月」

「Twitterフォロワー:約5万人」

「チャンネル登録者数10万人」

これらは、実績のある有名ブロガーやインフルエンサーが使う常套手段で、このように実績を載せることで、記事の信頼性がグッと高まります。

初心者が書いた記事と、実績も経験もある人の記事、どちらを読みたいでしょうか?

はい、そういうことです。

実績や経験をアピールすることは、信頼を獲得し、本文へとリードできる可能性も高まるでしょう。

リード文には、書き方の型のようなものがあります。

ブログリード文の書き方:「僕」の例文

お伝えした書き方をふまえた例文を示すと、下記ですね。

STEP
読者の悩みを明確にする

もっと読まれるブログにしたいけど、記事の書き方が分かりません。

記事の書き方を知りたいな。

STEP
記事内容を明確にする
本記事の内容
  • 読まれるブログ記事の書き方
  • 記事ライティングにおすすめの本5冊
STEP
不安をあおる

ブログ記事の書き方は重要です。

なぜなら、上位表示や成約率に直結するから。

もし、記事の書き方を知らないでいいとお考えなら、稼がなくても良いといっているようなものです。

STEP
共感する

とはいえ、どうしたら上手く書けるかが分からないから、困っているのですよね。

僕もそうでしたから、分かります。

STEP
メリットを書く

でも、ご安心ください。

ブログで月500万円を稼ぐ僕が、ブログ記事の書き方を分かりやすく解説していきます。

この記事を読むことで、読者に読まれる文章が書けるようになるでしょう。

STEP
期間を絞り込む

ただ、この記事は今月限定での公開となります。

お見逃しないよう、ぜひ「いま」見ていってくださいね。

STEP
記事の信頼性を伝える
この記事の著者
  • ブログ収入:最高月503万円
  • ブログ歴16年2か月
  • Twitterフォロワー21.1万人
私に任せろ

と、こんな具合ですが、これは PASONAの法則 を取り入れた僕の一例にすぎません。

PASONA(パソナ)の法則とは、Problem(問題) Agitation(扇動) Solution(解決策) Narrow down(絞込) Action(行動)の頭文字で、消費者の購買を促すためのメッセージの法則性を表したものです。

PASONAの法則

ぶっちゃけ、好きなブロガーのリード文を見て、同じようにリード文を書いてみるのがオススメです。

そして、そこから少しアレンジして自分の型にしてしまう、と。

リード文の流れなどは、好きなブロガーさんの「型」を盗んでしまえばラクです。

あ、文章を丸ごとコピペするなど、パクりはNGですよ。

ブログリード文の書き方:「有名ブロガー」の例文

好きなブロガーから学ぶのがオススメということで、有名ブロガーのリード文はどうなっているのかも見ておきましょう。

有名ブロガーのリード文から書き方を学び、マネをするだけで、良いリード文にすることができますからね。

下記より、有名ブロガーのリード文を見ることができます。

有名ブロガーのリード文を見てみましたが、良く見られる点は下記です。

  • 疑問や悩みを表面化する
  • 問題点を明示する
  • 不安をあおる
  • メリットや効果を明示する
  • 実績や権威を示す

これらを使うと使わないとにかかわらず、意識はしていきたい点でしょう。

リード文の目的・役割

リード文の目的は、ひとことでいうなら「本文を読ませること」です。

本文を読ませるには、記事の冒頭部分において「読みたい」と思わせなくてはなりません。

心理学的には、ザイガニック効果や、カクテルパーティー効果といったものを使う感じです。

リード文の必要性

紙の書籍と違い、ブログをはじめとした無料のWEB媒体は、じっくりと読まれません。

紙の書籍であれば、購入したという「もったいなさ」もあるので、一字一句読まれやすいのですが・・・。

やはり、「無料」というのは軽く扱われがちなのかもしれませんね。

おそらく、サンクコスト効果という心理効果が働いて、このような結果になるのだろうと想定されます。

そしてリード文は、しっかりと読まれにくいブログ記事を読ませるために必要なもの。

ユーザーはすぐに答えを知りたいものなので、「その記事を読む価値があるのかどうか」をリード文で判断します。

逆に言えば、リード文の質が悪いと読まれません。ということ。

リード文を書くことで得られる4つの効果

リード文を書くことによる効果についても解説します。

具体的には下記です。

  1. 共感・興味を持ってもらえる
  2. 内容を理解してもらえる
  3. 読者の滞在時間向上
  4. 成約率の向上

リード文の効果①:共感・興味を持ってもらえる

リード文では、読者の悩みや疑問を表面化させることが多いです。

リード文の書き方が分からない。

リード文がどのようなものか分からない。

リード文の重要性が分からない。

このように、読者が持っているであろう疑問や悩みを明示してあげることで「自分に関係する内容だな」「ここで答えが見つかりそうだ」というように興味をもってもらうことができます。

興味を持ってもらえればコッチのもの。読者は自然と本文を読んでくれるでしょう。

リード文の効果②:内容を理解してもらえる

下記のように内容を列挙することで、本文内容を一目で理解してもらうこともできます。

本記事の内容
  • リード文の役割と効果
  • リード文の書き方
  • リード文の型
  • トップブロガーの具体例

これによって、自分が知りたい内容が本文内にあるかどうかを判断することができます。

ここで「答えが見つかりそうだ」となれば、本文へとリードすることができるでしょう。

リード文の効果③:読者の滞在時間向上(SEO効果)

読むかどうかの判断がリード文で行われることはお伝えしているとおり。

そこで読む価値があると判断されれば、じっくり読んでもらえる確率は高くなります。

結果として滞在時間が増え、検索エンジンからの評価が高まり、SEOにおいても有利に。

つまり、リード文は上位表示させるのにも重要ということですね。

リード文の効果④:成約率の向上

ブログの目的の一つは、「成約」にあります。成約することで収益があげられるので。

そして、当然ですが読まれなければ成約率は上がりません。

リード文で、本文に誘導すること、興味を持たせること、それからターゲットを限定することも有効ですね。

その結果、成約率の向上へと繋げることができます。

まとめ|リード文(導入文)の書き方を学び、読まれるブログにしよう

今回は、ブログ記事にとって最も重要といえるリード文(導入文)の目的や必要性、書き方について見ていただきました。

ぶっちゃけ、有名ブロガーのような魅力的なリード文を書くことは、意識すれば誰にでもできます。

リード文の「型」を持てばいいのです。盗んでしまえばいいのです。

その結果、ブログの読了率・成約率が上がるようになるでしょう。

と、いうわけで今回は以上となります。

では、また!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次
閉じる