>おしゃれなブログデザイン200選はこちら

読まれるブログ記事の書き方|初心者が押さえておきたい基本16選

ブログの最重要スキル「ライティング力」を向上させる、ブログ記事の書き方・手順を「ブログ初心者」向けに解説します!

  • ブログ記事の書き方が分からない。
  • 上手くブログ記事を書くことができない。
  • 読まれるブログ記事の書き方が知りたい。

こんなお悩みがある方は、本記事を読んでみてください。

ブロ美ちゃん

ブログ初心者ですが、ブログ記事の書き方は特に勉強したことがありません。

かなり自己流で書いてるけど、これで大丈夫かなあ・・・。

ヒナキラ

はい、それは危険ですね。

というより、ブログ初心者なのに自己流で書いているのは、ほぼ間違いなくアウトです。

読まれなくてもいいなら、話は別ですが・・・。どうせなら、読んでもらいたいですよね。

本記事の内容

  • ブログ記事を書く上での「大切な心得」
  • ブログ記事を書く手順
  • 初心者が押さえておきたい基本16選

ブログで最も重要なのは、ライティング力です。

この記事を読めば、ブログ記事の基本をしっかりと押さえることができ、ライティング力の向上が見込めるでしょう。

今回の記事では「書き方の手順」と「書き方の基本」という二部構成になっています。

どちらも学ぶことで、一気にレベルアップすること間違いなし。

是非じっくり見ていってくださいね!

目次

ブログ記事を書くうえでの大切な心得

まず大前提のお話になります。

ブログ記事を書く上で最も大切なこと、それはなんといっても「読者目線」であることです。

あなたの記事が、読者にとって面白いか、役に立つか、悩みや疑問を解決してあげられるかが大事。

ヒナキラ

「読者目線」だけは絶対に忘れてはなりません。

ユーザーファーストの記事は、結果的にGoogleからも評価されます。

ブログ記事の書き方【手順編】

まずは、記事を書く手順について見ていきましょう。

具体的な手順については、下記のとおりです。

記事の書き方(手順)

では、ひとつづつ解説しますね。

手順①:書く記事の内容を決める

まず、どのような記事を書くのかを決めます。

出来れば、これまでに書いた記事と関連するものが良いですね。(SEOで有利に働く)

まだブログのジャンルが決まっていない方は、自分の得意分野・好きな分野・興味のある分野にしておくと良きかと。

ヒナキラ

これまでに書いた記事と関連するものを書くのはオススメです。

内部リンクを設定することで記事同士のつながりが出来て、記事の評価が高まります。

バラバラな内容だと、記事同士が孤立していってしまい、SEOで不利です。

なお内部リンクとは、自分のサイト内の記事同士を繋ぐリンクのことをいいます。(下記参照)

内部リンク

手順②:キーワードを決める

書きたい記事の内容が決まったら、キーワードを決めましょう。

キーワード選定は重要です。

検索からの流入を狙うなら、キーワード選定は必ず行うことですね。

その際、ニーズのないものをキーワードに設定しないこと。

ヒナキラ

検索する人が全くいないようなキーワードでは、キーワード選定をしていないも同然となってしまいますよ。

検索ボリュームがあるかどうか(ニーズがあるかどうか)は、キーワードプランナーなどで調べられます。

なお、キーワード選定の流れは下記のとおり。

キーワード選定の流れ

手順③:想定読者(ペルソナ)を設定する

キーワードが決まったら、想定読者(ペルソナ)を設定しましょう。

架空の読者を作るということですね。

詳しく設定すればするほど、その想定読者の悩みや疑問をあぶり出しやすくなり、想定読者と同じような悩みを持つ方に「刺さる」記事を書けるようになります。

ヒナキラ

記事は大勢に向けるよりも、たった一人の読者に向けて書くと良いですよ。

「刺さる」記事は読了率が高まり、悩みや疑問を解決してあげられる記事は、上位表示されやすくなります。

手順④:記事の構成を決める

想定読者を設定して、悩みや疑問をあぶり出すことができたら、それを解決してあげる内容を考えます。

構成に関しては、設定したキーワードで検索してみることをオススメします。

検索で上位表示されている記事は、結果的に読者の悩みや疑問を解決しているものが多いので、大いに参考にしましょう。

ヒナキラ

検索エンジンから実際に評価されている構成になっているので、参考にしましょう。

あ、パクリはNGですよ。

なお、構成の決め方(流れ)は下記のとおり。

構成の決め方

手順⑤:記事本文を書く

ここまで来たら、決めた構成に沿って本文を書いていくだけです。

なお、リード文とタイトルは、後回しでいいです。

どのみち、あとから直すことになるので。

ヒナキラ

構成が出来ていれば、本文は難しくないです。

あとは、画像や装飾なども使って読みやすく、分かりやすくなるようにしてあげましょう。

「12歳でも分かるように」なるべく分かりやすく。

手順⑥:リード文(導入文)を書く

記事の本文が書けたら、リード文(導入文)を書きましょう。

先に書いても良いのですが、本文を書き終えたあとに見ると過不足が見えて、結局手直しをすることが多いです。

リード文(導入文)は、記事の結論やまとめを書いておく部分なので、書いた本文をふまえて最後に書くことをオススメします。

ヒナキラ

導入文は、読者に読んでもらえるかを左右する特に重要な部分なので、しっかり作りましょう!

本文を書いたあとに書くと、本文内容をしっかり理解できている状態で書けるのでまとめやすいです。

なお、リード文の書き方の例は下記のとおり。

リード文の書き方

手順⑦:タイトルを付ける

本文・リード文が書けたら、タイトルを決めましょう。

初めに決めたキーワードを入れながら、記事の内容とズレのないタイトルにします。

また、クリックしてもらえるようなキャッチーなタイトルだと更に良いですね。

ヒナキラ

検索結果に表示されるのは30文字前後なので、タイトルの文字数は30文字前後がベターですよ。

なお、タイトル付けのポイントは下記のとおり。

タイトルの付け方のポイント

手順⑧:メタディスクリプションを書く

記事の書き方-メタディスクリプション

メタディスクリプションは、上記のようにタイトル下に表示されるものです。

メタディスクリプションは、記事の内容を簡潔に示す文章になるので、内容が分かるようにしてあげましょう。

読者はタイトルとメタディスクリプションを読んでクリックするかどうかを判断するので、重要です。

ヒナキラ

メタディスクリプションはクリック率につながります!

文字数は120文字程度にして、特に前半に伝えたい内容を入れておきましょう。

手順⑨:記事を確認する

記事が書けたら、書いた記事を確認しましょう。

PCからだけでなく、モバイルからも確認することが重要です。

モバイルで見ると、思ったより文字が多くなっていたり、レイアウトがおかしかったり、ということも良くあります。

ヒナキラ

誤字や脱字、装飾なども含めて総点検だぁ!

確認が出来たら、アイキャッチ画像を設定して、パーマリンクを設定して、世界に羽ばたかせましょう!

書き方の手順まとめ
  1. 書きたい内容を決める
  2. キーワードを決める
  3. 想定読者を設定する
  4. 記事の構成を決める
  5. 記事本文を書く
  6. リード文を書く
  7. タイトルを付ける
  8. メタディスクリプションを書く
  9. 記事を確認する

ブログ本文の書き方【基本編】

では次に、ブログ本文を書くうえで心得ておくべき基本を「16個」解説します。

まとめると下記です。

書き方の基本16選
  1. PREP(プレップ)法を意識する
  2. キーワードを適切に入れていく
  3. たった一人の想定読者に向けて書く
  4. 記事タイトルからズレない内容に
  5. モジモジしないように
  6. 簡潔に書く
  7. 段落は長くしない
  8. こまめな改行を
  9. 「」を使って強調する
  10. ひらがな・カタカナ・漢字の割合
  11. 長文には小見出しを活用
  12. 同じ語尾を3回以上連続しない
  13. 「です・ます」調で統一する
  14. 難しい言葉はなるべく使わない
  15. 句読点を上手に使う
  16. カラフルにしすぎない

ひとつずつ解説していきますね。

ライティング基本①:PREP(プレップ)法を意識する

ブロ子

どのように文章を構成すればいいのか分からない!

そんなときに役に立つのが、文章構成のテンプレートです。

ここではテンプレートの一つ、「PREP(プレップ)法」をご紹介します。

PREP法
ヒナキラ

上記の画像は、「PREP(プレップ)法」という文章構成テンプレートです。

文章が論理的でわかりやすいものになりますよ。

  1. Point  ・・・結論
  2. Reason ・・・理由
  3. Example ・・・具体例、解説
  4. Point  ・・・結論

PREP法① 結論(P)

導入部分で結論を伝えましょう!

導入部分で「この記事を見れば答えが得られる」「この記事には価値がある」と思ってもらうことが重要。

【結論】
記事の書き方を学ぶことは超重要!!!

PREP法② 理由(R)

理由の部分では、導入部分でかかげた「結論」や「主張」に対する理由を説明しましょう。

【結論】
記事の書き方を学ぶことは超重要!!!

【理由】
なぜなら、たくさんの読者に読んでもらう為には必須のスキルだから!!!

PREP法③ 具体例・解説(E)

理由に対しての具体例や、具体的な解説をしましょう。

理由の裏付けを示してあげることで、納得してもらいやすい文章になります。

【結論】
記事の書き方を学ぶことは超重要!!!

【理由】
なぜなら、たくさんの読者に読んでもらう為には必須のスキルだから!!!

【具体例・解説】
記事の書き方を学ぶことで、検索エンジンに評価されつつ、多くの読者に読んでもらえるようになった。
もし記事の書き方を学んでいなかったら、いつになっても読まれない記事を延々と書き続けていたかも・・・。
結果、ブログから離れていたかもしれない。

PREP法④ 結論(P)

再度の結論、まとめになります。

結論→理由→具体的解説→結論という流れで、ユーザーの「納得」を勝ち取りましょう!

【結論】
記事の書き方を学ぶことは超重要!!!

【理由】
なぜなら、たくさんの読者に読んでもらう為には必須のスキルだから!!!

【具体例・解説】
記事の書き方を学ぶことで、検索エンジンに評価されつつ、多くの読者に読んでもらえるようになった。
もし記事の書き方を学んでいなかったら、いつになっても読まれない記事を延々と書き続けていたかも・・・。
結果、ブログから離れていたかもしれない。

【結論】
だから、記事の書き方を学ぶことは超重要!!!

ライティング基本②:キーワードを適切に入れていく

キーワード

Google検索エンジンに評価されるためには、タイトルや見出し、本文にキーワードを盛り込んでいく必要があります。

検索上位を取れなければアクセスは集まりませんから、とても重要です。

ヒナキラ

キーワードが入っていないと、いくら良い記事でも検索順位は上がりません。

最重要ポイントの一つですね。

意識するべき点は下記です。

キーワード意識のポイント
  1. 記事タイトルにキーワードを含める
  2. h2見出しにもキーワードを入れる
  3. 本文内にもキーワードを盛り込む

その1:記事タイトルにキーワードを含める

記事タイトルには必ずキーワードを入れましょう。(できれば左寄せ)

検索上位に表示させたいのであれば「必須」です。

狙うキーワードを「英語 勉強 方法」と設定したのに…

【門外不出】英語学習のコツ!僕がやってきた効果絶大のメソッド15選

と、上記のようなタイトルにしてしまうと、狙ったキーワードが「英語」しか含まれていません。

今回のケースなら、「英語」「勉強」「方法」をすべて組み合わせてタイトルを付けるべきですね。

ヒナキラ

意外と初心者にはありがちなんですよね。

キーワードが入ってないと、狙ったキーワードで上位表示されるのは難しくなってしまいます。

その2:h2見出しにキーワードを

見出しにもキーワードを含めましょう!

特にh2見出しにキーワードを入れるのは重要かつ、SEOの基本です。

ただし、無理にキーワードをつめ込んで不自然な見出しになってしまうのはNGなので、ほどほどに。

ヒナキラ

h2見出しには、必ずキーワードを入れましょう。

h3見出しには、不自然にならない程度で(なくても良き)。

あくまでもユーザーファーストで。

その3:本文内にもキーワードを盛り込む

本文内にもキーワードを入れましょう。

不自然にならない程度に、適切にキーワードを入れていきます。

たまに、記事の〇%はキーワードを含めたほうがいい。

などといったものを見ますが、あくまでも自然に読める範囲にしておいた方がいいですね。

ヒナキラ

自然にキーワードを入れられるところがないかチェックしましょう。

僕はあまり気にしていないですが、目安としては3~5%くらい良いとかなんとか。

ライティング基本③:たった一人の読者に向けて書く

想定読者(ペルソナ)

記事は、不特定の大勢に向けて書くのではなくたった一人の読者にむけての記事を書きましょう。

一人の読者の悩みを徹底的に解決してあげることで、結果的には近い境遇の人たちに対して「刺さる」内容にすることができます。

心理学的には「カクテルパーティ効果」といって、自分に関係するものに対しては注意力が上がるという効果が働くのです。

ライティング基本④:記事タイトルからズレない内容に

記事の内容は、タイトルからズレないように。

この記事でいえば、タイトルは「ブログ記事の書き方」ですが、もし中身がブログの作り方だったらどうでしょう。

まさに「秒で」離脱されますよね。

ヒナキラ

検索エンジンから評価されない上に、ユーザーからも嫌われるので注意しましょうね。

そんな人いないでしょ?と思うかもしれませんが、たまにいるんです。

まあ、僕の例は極端ですがね。

ライティング基本⑤:モジモジしないように

書き方-文字

文字だらけにならないように、という意味です。

適度に画像・吹き出し・表などを使っていくことで、文字だけにならないようにするべきです。

「負担を感じにくくする」、「飽きさせない」、「理解を助けてあげる」ためですね。

ヒナキラ

なるべく読者を疲れさせない、飽きさせない工夫の一つとして、「文字だらけにしない」ということがあるんですね。

目安として、スマホで見たときに画面いっぱい文字だけで埋まっていたら、モジモジしていると思っていいです。

ライティング基本⑥:なるべく簡潔に書く

書き方-簡潔に書く

記事はできるだけ簡潔にしましょう。

意味もなく長々とした文章にすることは読者ファーストではありません。

下記はNGパターン(上)と、簡潔にしたパターン(下)になります。

この記事では、ブログ記事を書く上において心得ておくべき、とても重要かつ大事な知識を、できるだけ難しくならないように、わかりやすく平易な形で解説していきます。

この記事では、ブログ記事を書く上で心得ておくべきことを、わかりやすく解説します。

文章はかなり短くなっていますが、いいたいことは変わりません。

読者の負担を軽減してあげるためにも、できるだけ簡潔にしてあげましょう。

ライティング基本⑦:段落は長くしない

書き方-段落

段落、意識してますか?

段落というのは、ブログでいうと改行を入れるまでの文章のまとまりのことです。

どこかの利用規約や法律の条文のように、一つの段落が延々と続く文章だったらイヤになってしまいますよね。

ヒナキラ

できれば、一つの段落は4行以内に収めるようにしましょう。

長すぎると、文章の圧迫感が出てしまいます。

ライティング基本⑧:こまめに改行する

書き方-改行

ブログ記事では改行を多めにしましょう。

今はPCよりモバイルから見るユーザーの方が多いので、なおさらですね。

モバイルでは、文字が小さいので文章が固まっていると読みづらく感じます。

スクロールをしながらでも内容を理解しやすくするには、改行を多めにするなど工夫が必要。

ヒナキラ

とりあえず1~2文ごとに改行するのがオススメ!

スマホユーザーの方が多いので、スマホユーザー対策は必須です。

ライティング基本⑨:強調したいところは「」などを使う

強調したい部分は「カギカッコ」などで囲ってあげるのが良きです。

たとえば、下記をご覧ください。

心理学的にはカクテルパーティ効果というものを利用した方法です。

心理学的には「カクテルパーティ効果」というものを利用した方法です。

下の文章の方が強調されていることが分かりますね。

ヒナキラ

このように強調したい部分を「」で囲うことで、より臨場感のある文章にすることができるんです。

他には、太字やマーカー、下線などでも強調できますよね。

ライティング基本⑩:ひらがな・カタカナ、漢字の割合に気を付ける

記事書き方

ブログ記事の文章では、ひらがな・カタカナ・漢字の割合にも気を付けましょう。

ひらがなばかりでもよみづらいですし、カタカナバカリデヨミヅラクナリマスシ、漢字ばかりでは難しくなってしまいます。

割合の目安として、ひらがな7割、漢字2割、カタカナ1割(または、ひらがな7割、漢字3割)が黄金比といわれていますので、できるだけこれに近い形にするといいですね。

ライティング基本⑪:長文記事は小見出しを活用

長文になる記事では、小見出しを使いましょう。

見出しはいいたいことのまとめでもあり、これからどんなことが書かれているのかを端的に示すものです。

1つの見出しに言いたいことがいくつも混同していると、読者は何が言いたいのか分からなくなってしまいます。

小見出しを適切に使って、読者が理解しやすい構造にしてあげましょう。

ヒナキラ

初心者は、1つの見出しに1つの言いたいことを意識するとよきですよぉ。

見出しと見出しの間に、多くの内容を詰め込み過ぎないことですね。

ライティング基本⑫:同じ語尾を3回以上連続しない

同じ語尾は連続して使わないことを心がけましょう。

今日は晴れ!いい天気です!

これで、予定通り遠足に行けそうです。

ほんと、待ちに待った遠足です!みんなで行けるのがすっごく楽しみです!

「です」の連続ですね。

なんか、幼稚な感じになってしまいますよね。

ヒナキラ

「です」にかぎらず、「ます」、「ましょう」なども連続しやすいので、気を付けましょうねぇ!

ライティング基本⑬:です・ます調に統一する

語尾は「です・ます」調で統一しておいた方がいいですね。

  • 「です・ます」調・・・〇〇〇〇〇ですが、〇〇〇〇〇です。
  • 「だ・である」調・・・〇〇〇〇〇だが、〇〇〇〇〇である。
  • 混在している場合・・・〇〇〇〇〇だが、〇〇〇〇〇です。

「だ・である」調で統一しても良いのですが、個人ブログでは「です・ます」調にしておくとソフトな印象になりますし、オススメです。

「です・ます」調と「だ・である」調がごちゃまぜになっているのは基本NGですね。

ライティング基本⑭:難しい言葉はなるべく使わない

書き方-難しい

ジャンルにもよりますが、ブログではなるべく難しい言葉、専門用語などを使わないようにした方が良いです。

読者が、あなたと同じ知識レベルを持っているという前提は捨てましょう。

理解できない言葉が並んでいたら、読者に負担をかけてしまいますので・・・。

ヒナキラ

簡単な言葉に言いかえたり、外せない大事な用語の場合には解説を付けてあげるといいですね。

12歳でも分かるように書くことを意識すると良いかも。

ライティング基本⑮:句読点を適切に使う

読点「、」が適切に使われていないと、文章の区切りが分かりづらくなります。

句点「。」は文の終わりに付けるものです。

この記事を読めばブログの書き方が分かりますのでぜひ最後までじっくりとご覧ください

この記事を読めば、ブログの書き方が、分かりますので、ぜひ、最後までじっくりと、ご覧ください。

ヒナキラ

句点、読点、どちらも適切に使わないと、読みづらい文章になってしまいます。

かといって、使いすぎてもよろしくないですね。

ライティング基本⑯:カラフルにしすぎない

ブログ記事でカラフルにしすぎている人、たまにいますが・・・

正直言って、見づらくて読者が疲れてしまいます。

ヒナキラ

目安として、「3色まで」というのを意識しておくと良いでしょう。

ちなみに、この記事では「茶色」「赤」「青」の3色。(画像は除く)

以上、ブログ記事の基本の書き方の解説でした。

たくさんあって忘れてしまっていると思いますので、下記で再度おさらいをしておきましょう。

ライティング基本16選のおさらい
  1. PREP(プレップ)法を意識する
  2. キーワードを適切に入れていく
  3. たった一人の想定読者に向けて書く
  4. 記事タイトルからズレない内容に
  5. モジモジしないように
  6. 簡潔に書く
  7. 段落は長くしない
  8. こまめな改行を
  9. 「」を使って強調する
  10. ひらがな・カタカナ・漢字の割合
  11. 長文には小見出しを活用
  12. 同じ語尾を3回以上連続しない
  13. 「です・ます」調で統一する
  14. 難しい言葉はなるべく使わない
  15. 句読点を上手に使う
  16. カラフルにしすぎない

まとめ|読まれるブログ記事の書き方と手順【初心者必見】

ブログ記事書き方のコツ

いかがでしたでしょうか?

ちょっと長い記事でしたが、重要なポイントを厳選してのご紹介でした。

今回の内容は基本であり、忘れてはならない部分ですので、しっかりと押さえておいてくださいね。

ヒナキラ

意外と記事を書いている時は忘れてしまいがちなんですよね。

気を付けるポイントがたくさんありますからね・・・。

つまり一度では覚えられないので、何度か見返していただくのがオススメ。(また来てほしい・・・)

「もう覚えたよ」という天才さんは、是非とも今後の記事作成に活かしていってくださいね。

「もう忘れちゃった」という方のために最後に再再度の「おさらい」を。

書き方の手順まとめ
  1. 書きたい内容を決める
  2. キーワードを決める
  3. 想定読者を設定する
  4. 記事の構成を決める
  5. 記事本文を書く
  6. リード文を書く
  7. タイトルを付ける
  8. メタディスクリプションを書く
  9. 記事を確認する
書き方の基本16選
  1. PREP(プレップ)法を意識する
  2. キーワードを適切に入れていく
  3. たった一人の想定読者に向けて書く
  4. 記事タイトルからズレない内容に
  5. モジモジしないように
  6. 簡潔に書く
  7. 段落は長くしない
  8. こまめな改行を
  9. 「」を使って強調する
  10. ひらがな・カタカナ・漢字の割合
  11. 長文には小見出しを活用
  12. 同じ語尾を3回以上連続しない
  13. 「です・ます」調で統一する
  14. 難しい言葉はなるべく使わない
  15. 句読点を上手に使う
  16. カラフルにしすぎない

これで以上となります。この記事が「役に立ったよ!」という方は、シェアしていただけると嬉しいです!

ではでは、またのお越しをお待ちしてま~す♪

\楽しくライティングを学びたいならこちら!/

SEOに関わる指標「ページスピード」の表示が速く、安い、そして簡単。

そんな超おすすめの方法でWordPressブログを始めたい方は、下記からどうぞ!

大手エックスサーバー(x10)より速く、半額程度!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる