> 比較付きでSWELLを徹底レビュー!気になる口コミ・評判は?

Catchy評判レビュー|ブログ記事への活用法も【AIライティング】

ブログ記事作成を超高速化できるAIライティングツール「Catchy」の評判や、実際に50記事作成して分かった感想をレビューします。

本記事の内容
  • Catchyの感想レビュー
  • Catchyの口コミ評判
  • Catchyの基本的な使い方
  • Catchyのブログ活用法
Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ最高月20万円。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー9,300人。ブログが大好き。

Blog

この記事の監修者

ヒナキラ 編集長

30代凡人ブロガー。ブログ最高月20万円。複数サイト運営。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitter(@OneokrockHomme)フォロワー9,300人。ブログが大好き。

Catchyは、ブログ運営やライティングを超高速化させてくれるAIライティングツールです。

ただ、難点もあります。それは、やはりAIは「人間ではない」という部分。

人間のような文章を書くことはできません。

しかしながら、道具は使いようです。その長所をうまく活かせれば、ブログ運営にとって強力な武器となるでしょう。

この記事では、Catchyの口コミ評判、僕の感想レビュー、効率的な使い方まで分かるので、AIライティングツール「Catchy」を使おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

見たいところに飛べる目次

AIライティング「Catchy」感想レビュー

Catchy
総合評価
( 5 )
メリット
  • 記事作成が鬼速くなる
  • SEO対策に使える
  • コスパが最高
  • 色々できて楽しい
  • 1日10記事以上作成可能
デメリット
  • 面白味のない文章になる
  • ちょっとしたコツが必要
  • 値段が高い
Catchy感想レビュー
  • 記事作成が鬼速くなる
  • SEO対策に使える
  • コスパが最高
  • 色々できて楽しい
  • 面白味のない文章になる
  • ちょっとしたコツが必要
  • 値段が高い

Catchyは、文章を自動作成してくれるAIライティングツールです。

なんといっても作業の効率化、つまり時短を実現できるのが素晴らしいところ。

実際、15分あれば2000文字の記事を作れます。いや、慣れればもっと速くすることも可能でしょう。

料金は年払いタイプだと月7,840円です。(月払いタイプでは月9,800円)

ちなみに、ライターさんに外注すると、文字単価1.0円だとすると2000文字2000円かかります。つまり4記事お願いするとCatchyの月額を超えます。

それと、ライターさんに依頼するにも時間はかかります。指示出しやコミュニケーション、修正などを考慮すると、1記事2000文字を15分では対応できません。(指示出しまで外注している場合は別ですが

もちろん、ライターさんの腕次第ではありますが・・・。

つまり、時間的にも費用的にも、AIライティング「Catchy」は非常に優れているといえるでしょう。

あとはデメリット的な部分でいうと、やはり文章が人間的でないところです。違和感があるというか、カタいというか・・・。

好みの文章を作る、というのは不可能かなと感じています。

ちなみにですが、Catchyで作成した記事で、月間検索回数2400のキーワードで10位以内に入りました。それと、月間検索回数1000以上のキーワードでも20位以内が多数です。

その結果、実験サイトにおいて以下のような伸びを示しています。

検索パフォーマンス

AIライティング【Catchy】を無料で使ってみる

Catchyの良い評判・メリット

Catchyの良い口コミ評判・メリットについて紹介します。

今回紹介するのは、以下の5つです。

Catchyの良い口コミ評判・メリット
  1. ブログ以外にもかなり使える
  2. 記事作成スピードが鬼
  3. AIツールで一番使いやすい
  4. かなり便利
  5. アイデアをもらえる
  6. 記事数が増えて順位が上がる
ヒナキラ

それぞれ見ていきましょう。

①:ブログ以外にもかなり使える

Catchyは、記事作成にとどまらず、いろいろな活用ができます。

以下の画面からも明らかですね。キャッチコピーから、SNSの文章まで何でもござれです。

Catchyいろいろできる

たとえば、「反対意見を述べる」という機能を使って以下の内容に反論させてみます。

「ブログで稼ぎたいのなら、Twitterなどに時間を使うべきではない。そんな時間があったらブログ書け。フォロワー増やしてもアクセスなど大して増えない。収益も大して増えない。Twitter✕ブログが相性が良いなどまやかしだ。」

これに対するCatchyの反論は以下です。

反対意見
ヒナキラ

めちゃくちゃ的を得ている反論がかえってきました。

あくまでも一例ですが、色々なアイデアに活用できる予感がしますね。

②:記事作成スピードが鬼

やはり、なんといってもスピードが速いことが最大の良さでしょう。

逆にいえば、AIを使っているのに、結局修正などに時間を使うようであれば、本末転倒となるので注意ですね。

ヒナキラ

ちなみに、僕の場合だと30分で2記事(合計4000文字)作成できます。

③:AIツールで一番使いやすい

AIライティングツールは色々と種類がありますが、今のところCatchyが最も使いやすいと評判です。

色々なツールを比較している凄腕アフィリエイター「こまめさん」も言っているので間違いないでしょう。

ヒナキラ

僕は他のAIは使ったことないですが、Catchyで十分かなと感じています。

④:かなり便利

ぶっちゃけ、Cacthyはかなり便利です。

ヒナキラ

記事作成のスピードが劇的に改善するので、当然といえば当然ですが。

それに、自分が気づいていない点が分かることもあるので、メインは自分が書いて、内容を補足するなど補助的に使うのもアリだと思います。

ただ、正しい情報になっているかどうかのファクトチェックは必要です。AIが正しいとは限りませんからね。

⑤:アイデアをもらえる

先ほど解説した内容に似ていますが、AIに「アイデアをもらう」という使い方もおすすめです。

自分が知らない内容なども出力してくれるので。

つまり、まったく知らないジャンルであろうと、ある程度の内容をいきなり書けます。

事実、僕の場合でも、AIライティング実験サイトでは全くジャンルがバラバラの記事を書いていますが、ある程度の情報をAIが持ってきてくれるので、非常に助かっています。

知らないジャンルであれば、なおのことファクトチェックは必要ですが。

⑥:記事数が増えて順位が上がる

これは僕の実験サイトでの結果ですが、順位が一気に上昇しています。

理由は、AIを使って一気に記事数が増え、Googleのサイトに対する評価が高まったため、と考えられます。

例えば、新サイトを立ち上げて一気にスタートダッシュをかけたい場合に、もしかしたら最善の手法となるかもしれません。

ヒナキラ

AIなので質は高くないのですが、それでも気持ち良いくらい順位が上がっているので、正直びっくりでした。

Catchyの悪い評判・デメリット

Catchyの悪い口コミ評判・デメリットについても紹介します。

ここで紹介するのは以下の2つ。

Catchyの悪い口コミ評判・デメリット
  1. 生成する文字数が少ない
  2. まだ文章には違和感がある
ヒナキラ

それぞれ見ていきましょう。

①:生成する文字数が少ない

Catchyで作成できる文字数は、2000文字くらいまでです。

なので、長文コンテンツを一度に作成するのには向いていません。

ヒナキラ

が、ちょっとしたコツを用いれば、長文コンテンツ作成も可能となるので、記事後半にご期待ください。

②:まだ文章には違和感がある

Catchyの文章には、機械的な印象があります。

「ます」「ます」「ます」というように同じ語尾が連続したり、「です」「である」「です」というように違和感のある語尾になることも多いです。

また、基本的に内容が「カタい」ので、「人が書いた文章ではないな」というのが分かってしまいますね。

AIライティング【Catchy】を無料で使ってみる

Catchyの基本的な使い方(ブログ記事作成)

ブログ記事作成におけるCatchyの基本的な使い方を解説します。

流れとしては、以下のとおりです。

  1. Catchyにログイン
  2. 「記事作成」をクリック
  3. STEP4「本文作成」をクリック
  4. タイトルと導入文を入力
  5. 本文の内容を入力
  6. 「作成する」
ヒナキラ

では、見ていきましょう。

①:Catchyにログイン

ログイン

AIライティング【Catchy】にログイン

まずは、Catchyにアクセスして、ログインしましょう。

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

②:「記事作成」をクリック

「記事作成」をクリック

ログインできたら、「記事作成」をクリックしましょう。

③:STEP4「本文作成」をクリック

STEP4をクリック

次に、STEP4の「本文作成」をクリックします。

④:タイトルと導入文を入力

タイトルと導入文

「記事のタイトルと導入文を入力してください。」というところに、タイトル文と導入文を入力します。

ちなみに、ここで書いた文章をあとでブログにコピペすればOKですね。一石二鳥です。

⑤:記事の見出しを入力

記事の見出しを入力

「記事の見出しを入力してください。」というところに、記事の見出しを入力していきます。

⑥:「作成する」

作成する

最後に「作成する」をクリックすると、文章が十秒くらいで出来上がります。

ちなみに、上記のタイトル、導入文と見出しからできた文章は以下のとおり。

キャッチー評判レビュー|ブログ記事作成におすすめの使い方

ブログ記事作成を超速化できるAIライティングツール「Catchy」の評判レビューと、実際に40記事作成してわかった感想を紹介します。

Catchyは、簡単に言うとめちゃくちゃ便利なAIライティングツールです。自動で文章作成支援をしてくれ、超高速でブログ記事を作成することができます。Catchyを使えば、生成されるコンテンツは信頼性が高く、ミスのないものになるので安心です。ただし、欠点もあります。それは、AIはやはり「人間ではない」ということです。人間のような文章は書けません。しかし、ツールは便利です。その長所を生かすことができれば、ブログ運営の強力な武器になるはずです。

この記事では、Catchyの口コミ評判や私の感想レビュー、効率的な使い方まで紹介していますので、AIライティングツール「Catchy」を使おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

AIライティング「Catchy(キャッチー)」の感想レビュー

Catchyの評判というと、口コミでは概ね好評のようです。多くのユーザーが、このツールの利便性、正確性、スピードなどを高く評価しています。レビューでは、このツールは素晴らしい時間の節約になるとともに、本当に良いコンテンツを生み出すための信頼できる助けになっていると評されています。一方、ユーザーの創造性やオリジナリティを制限するとして、このツールを批判する声もあります。このツールは、確かにコンテンツをより速く作成するのに非常に便利ですが、ユニークでオリジナルな作品を作成することはできません。

Catchyの良い評判

Catchyの良い評判といえば、このツールの利点はとてつもなく大きいです。まず何よりも、このAIライティングツールは、コンテンツを素早く効率的に生成するのに役立ちます。人工知能エンジンは、自然言語処理技術によって原文のパターンを認識し、新たなコンテンツを生成します。そのため、このツールは適応性が高く、顧客の要件に合わせたコンテンツを生成することができます。さらに、コンテンツに正確さと一貫性を持たせることも可能です。

キャッチーの悪い評判

良い口コミが多いCatchyですが、批判的なコメントもあります。ユーザーからの主な不満点として、AIはまだ「人間ではない」ため、人間のように書けないということが挙げられます。例えば、真にオリジナルなコンテンツのニュアンスや繊細さを、このツールは捉えることができないのです。また、書き手の思考プロセスを真に理解できないため、AIに頼ることで創造性や独創性の欠如につながるという意見もあります。

キャッチーのメリット

Catchyのメリットは数多くあります。前述したように、時間を短縮し、迅速かつ確実にコンテンツを生成できるツールです

まず、指示した見出しは6つでしたが、4つまでしか出力されていません。しかも4つ目の見出しの文は途中で切れています。

ちなみに出力された文字数は1201文字。

つまり、一気に多くの文字数を出力することはできません。

また、あなたが今読んでいる「この記事」と似た見出しで指示していますが、内容はまったく違いますね。当たり前ではありますが。

僕が意図している内容と、全然違う。そして文字数の少なさ。

これが使いにくさの元凶ともいえます。

このあとは、これを改善する方法です。

Catchyのデメリット解消の方法

文字数の少なさと、意図しない文章の作成というデメリットを少しでも改善するための方法を紹介します。

気にするべきは、やはりタイトル、導入文、見出しの「書き方」です。

AIは入力したタイトル、導入文、見出しから、出力するべき内容を自動判定していると考えられます。

つまり、この指示出し次第で、大きく内容が変わるということ。

では、具体的に「文字数」の問題と「意図しない内容」の問題を改善する方法を個別に見ていきましょう。

「文字数」の問題

まず、文字数の問題です。

基本的に、Catchyでは1000~2000文字くらいで出力されます。

つまり、たくさんの見出しを書いて、たくさんの内容を出力させようとしても、途中までしか作成できません。

これを改善するには、単純です。

見出しを少なくして出力させればOK。

10個の見出しを作りたいなら、2個ずつとか、3個ずつとか、複数回に分けて出力させます。

「意図しない内容」の問題

そして、これが大きな問題です。

基本的に、見出しだけを書いていると「意図しない内容」が出力されます。

AIにすべてお任せなので当たり前ですね。

ただし、以下のように指示すると、状況は変わります。

見出し内の内容も簡潔に書く

このように指示出しをして作成すると、以下のようになります。

キャッチー評判レビュー|ブログ記事作成におすすめの使い方

ブログ記事作成を超速化できるAIライティングツール「Catchy」の評判レビューと、実際に40記事作成してわかった感想を紹介します。

Catchyは、簡単に言うとめちゃくちゃ便利なAIライティングツールです。ただし、AIである以上、欠点もあります。それは、AIはやはり「人間ではない」ということです。人間のような文章は書けません。しかし、ツールは便利なもので、その長所を生かせば、ブログ運営の強力な武器になるはずです。この記事では、Catchyの口コミ評判や私の感想レビュー、効率的な使い方まで紹介していますので、AIライティングツールCatchyを使おうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Catchy(キャッチー)のメリット

1)ブログ以外の用途にも使える
AIライティングツールというと、ブログの記事作成にしか使えないというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。しかし、Catchy(キャッチー)はそうではありません。このツールは、ブログ記事だけでなく、商品説明やマーケティング資料の作成など、さまざまなクリエイティブな用途に応用することが可能です。これは、アウトバウンド業務に必要な労力と時間を大幅に削減できるメリットです。

2)何といってもスピード
CatchyのようなAIを活用したライティングツールを使えば、人よりもはるかに速いスピードでブログ記事を書くことが可能になります。3000字のブログ記事を書く場合、人が一から書くと通常1.5日かかりますが、Catchyを使えば30分で書くことが可能です。30倍のスピードアップですね。私の場合、30分で2記事(計4000文字)作成可能です。

3)今のところ一番使いやすいと思われる
AIライティングツールはいろいろありますが、今のところ「Catchy」が一番使いやすいと評判です。直感的なインターフェースに加え、未保存を防ぐ自動保存機能、わかりやすいチュートリアル、AIによるコラボレーション機能で他のライターと同じプロジェクトで共同作業ができるなど、便利な機能が揃っており、チームで使うには大きなメリットです。

まとめ

Catchyは、ブログ運営の強力な武器となるAIライティングツールです。Catchyを使うメリットは、様々な用途に使えること、スピードが速いこと、使いやすいことなど、たくさんあります。そのため、ブログ記事作成に役立つAIライティングツールを探しているのであれば、Catchyは最適な選択肢となり得るでしょう。

もう、お分かりですね。

先ほどと違い、より具体的なメリットが、自分の意図した内容(に近い形)で出力されます。

もちろん細かい点まで見れば「まだまだ」ですが、まったく意図しない内容にはならないので、このような使い方が良いかと。

ただ、これは僕が50記事使ってみたなかで得られた個人的な使い方なので、もっと効率的かつ良い文章を作れる方法もあるでしょう。

なので、あくまでも参考程度に考えていただければと思います。

AIライティング【Catchy】を無料で使ってみる

Catchyおすすめの活用方法

Catchyおすすめの活用方法について話します。

ここは、僕個人の所感なので、参考程度にどうぞ。

SEO対策に特化(専門性を高める)

個人的なおすすめ活用方法は、読みやすさや分かりやすさは度外視して、SEO対策に特化させることですね。

もっというと、Googleが評価する「専門性」を高めるために利用します。

特定のキーワードでの順位を上げたければ、その関連キーワードを書いていく必要があります。

でも、関連するキーワードをたくさん書いていくのは、かなりの時間がかかりますよね。

なので、そこにAIを投入するという使い方です。記事質はともかく、量を増やしておくという考え方です。

ただし、量産するといっても、あまりにも低品質な記事にならないように注意。

2022年12月に導入された「ヘルプフルコンテンツアップデート」によって、低品質記事があるサイトはサイト全体で評価を下げられる可能性が・・・。

先ほどオススメしたやり方のように、ある程度こまかく指示出しすれば、低品質とは見られず、またコピーコンテンツとなる可能性も下げられるでしょう。

競合性の低いキーワードを狙う

僕のAI実験用サイトでは、検索ボリュームが多くて競合性が低いキーワードに限定して記事を書いています。

具体的には、検索ボリュームが1000以上で、競合性が10未満のキーワードで書いています。

競合性

上記のうち、ボリューム2400、競合性7のキーワードで7位となっています。(文字数2302)

15分くらいで、ミドルキーワードで7位。

ヒナキラ

AIおそるべし・・・。

というように、ボリュームが多くて競合性が低いキーワードで上位表示させつつ専門性も高めていく。というのは良い方法でしょう。

まあ、AIが書いた記事では、離脱率は高くなるかもしれませんがね。そこは度外視です。

これで上位表示されたり、流入の多い記事は、あとからしっかりリライトすればOKかなと。

AIライティング【Catchy】を無料で使ってみる

Catchyの料金プラン

最後にCatchyの料金プランについても紹介します。

料金プラン

料金は上記のとおり。

無料プランでは10クレジットとなっていて、記事作成は4クレジット使うので、2本しか作れません。

starterプランでは100クレジット(記事25本)で月3000円です。

ただ、出力してみてしっくりこない場合、もう一度見出しを入れなおして再作成すると思いますが、その場合でも4クレジット使うので、実質的には25本も作成できないでしょう。

なので、個人的にはクレジット無制限のProプランがおすすめです。

ヒナキラ

僕はもちろん、Proプランを使っています。

月40記事だろうが、100記事だろうが、いくらでも使えて圧倒的スピードで記事作成ができるようになりますよ。

AIライティング【Catchy】を無料で使ってみる

AIライティングツールChatGPTと比較した結果

AIライティングツールChatGPTも使ってみて、実際に比較した結果をシェアします。

結論、圧倒的にCatchyの方が使いやすいという結果になりました。

ただ、ChatGPTは無料で使えるので、AIライティングとはどんなものなのか?を知るには良いかもしれません。

試しに、使ってみることをおすすめします。

≫ChatGPTの利用はこちら

結論|Catchyはブログ運営にもライターにも必須のツールとなるでしょう

まさに画期的なツールとは、このことでしょうね。

検索パフォーマンス

AIライティングを使って記事を40本ほど入れてみましたが、結果は上記のとおりです。

AIを使いだしたのが12月4日。そこからというもの、ググググーーーン!と伸びているのが分かります。

実際、ミドルキーワードばかりを狙って作成していますが、ほとんど20位以内は量産できていますし、TOP10に入っているものもあります。

つまり、AIで書いた記事でも十分に評価されるということ。

それに、AIは今後も日進月歩で進化していくのは間違いありません。

今後は、AIを活用するブロガー、ライターが当たり前になるでしょう。

AIが人間に並ぶ日も、そう遠くはないかもしれません。

そうなったとき、AIを味方にしているのか、否か。

あなたは、どうしますか?

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次