> 時を生みだすテーマSWELLを徹底レビュー!口コミ評判・比較付き

【比較】AIライティングツールおすすめ6選!実際に文章生成してみた。

Recommended-AI-writing-tools

AIライティングツールおすすめ6選を紹介!それぞれの文章力を比較してみました。

なお、こちらはブロガー、アフィリエイター、Webライター向けの記事です。

この記事の内容
  • 初心者向けのAIライティングツール
  • AIライティングツールおすすめ6選
  • おすすめ6選の文章生成力を比較
Blog

この記事を書いた人

ヒナキラ

ブログで月25万円。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitterフォロワー11,000人超。インスタYouTubeもやってます。ブログ、SNS、SEO大好き!

Blog

この記事を書いた人

ヒナキラ

ブログで月25万円。有料テーマ13コを扱う自称テーマまにあ。Twitterフォロワー11,000人超。インスタYouTubeもやってます。ブログ、SNS、SEO大好き!

AIライティングツール、いまや知名度も人気も急拡大していますね。

ただ、AIライティングツールはいろいろあります。

AIライティングツールを使ったことのない方であれば、いったいどれがおすすめなのか、分かりませんよね。

そこで、実際にAIライティングツールで50記事以上作成している僕が、どれが使いやすいのか比較検討してみました。

ヒナキラ

AIライティングでブログ記事作成を超効率化したい方は、必見です。

見たいところに飛べる目次

【結論】AIライティングツールは「Catchy」がおすすめ

Catchy
総合評価
( 5 )
メリット
  • 記事作成が鬼速くなる
  • SEO対策に使える
  • コスパが最高
  • 色々できて楽しい
  • 1日10記事以上作成可能
  • 画像生成AI用の英文作成機能が神
デメリット
  • 面白味のない文章になる
  • ちょっとしたコツが必要
  • 値段が高い

結論からいうと、初心者向けのAIライティングツールは「Catchy」がおすすめです。

chatGPTといったAIライティングツールも悪くはないのですが、正直AI初心者には難しい、と言った感じです。

もちろん、きちんとした運用ができる方であればchatGPTの方が安いのでいいかなと思いますが。

有料とはなりますが、AIライティングを活用して文章生成を超高速化したい!というAI初心者の方、ブログ初心者の方はCatchyを選ぶと良いでしょう。

ちなみにですが、「Bing Image Creator」などAIで画像を生成できるツールがありますが、その画像生成用の英文作成もできます。ぶっちゃけ、これが神でした。

なお、無料で使える「Bing Image Creator」で作った画像作成例は以下です。

bing-image-クリエイター

で、catchyでの指示は以下のような感じです。超簡単すぎて感動しました。

AI画像生成用の英文が作成される

\ 記事生成を超高速化!独自画像の生成も楽しい /

AIライティングツールのおすすめ比較表

今回紹介するのは、以下の6つのAIライティングツールです。

スクロールできます
ツール名おすすめ度文章生成力料金
Catchy月3,000円~月9,800円
ChatGPT無料~月20ドル
PlayAI無料
ELYZA無料
AIのべりすと無料~月2,890円
Transcope無料~月60,000円
ヒナキラ

では、それぞれのツールについて紹介します。

①AIライティングツール「Catchy」

Catchy
項目内容
料金月3,000円~月9,800円
商用利用可能
おすすめ度

Catchyは、日本語表記で使いやすく、文章生成のしやすさにおいても優れているAIライティングツールです。

非常に多機能で、ブログ記事作成はもちろん、SNSの文章生成、コピーの作成など、いろいろな活用が可能。

実際に有料プランを使用していますが、ブログ記事でいえば2時間で10記事作成することができました。

1日8時間をかければ、実に40記事。

AIならではのスピードを活かすという点、それから初心者にも扱いやすいという点においては右に出るツールはないです。

それから、僕が特に良いと思っているのが画像生成用の英文作成機能ですね。

Bing Image Creator」とあわせて使うと、下記のようなパワーをGETできるでしょう。

イラスト画像のクオリティがすごい
Catchy」×「Bing Image Creator」のパワー

こ、これは強い・・・!

\ 記事作成を超高速化!SEO対策が加速する /

②AIライティングツール「ChatGPT」

ChatGPT
項目内容
料金無料~月20ドル
商用利用可能
おすすめ度

ChatGPTは、AIライティングツールというよりも、AIチャットツールですね。

ぶっちゃけ、記事作成のサポートツールとして超優秀。

近い将来、もはや外注ライターいらず、というレベルにも達するでしょうね。

ただ、ChatGPTで生成される文章の良し悪しは使う側のスキルに依存します。

つまり、ブログ初心者やAI初心者にとっては、ちょっと難しいです。

\ 使い方しだいで最強!AI文章生成ツール /

③AIライティングツール「PlayAI」

playai
項目内容
料金無料
商用利用不明
おすすめ度

AIライティングツール「PlayAI」は、日本語、会員登録なし、無料で利用できます。

ただ、少々文章生成の精度が低いので、正直使えません。実用レベルとしてはまだまだかなと。

④AIライティングツール「ELYZA」

ELYZA
項目内容
料金無料
商用利用用途の範囲内で可
おすすめ度

AIライティングツール「ELYZA」は、日本語、会員登録なし、無料で利用できます。

ただ、ブログ記事作成目的では、正直使えません。

⑤AIライティングツール「AIのべりすと」

AIのべりすと
項目内容
料金無料~月2,890円
商用利用可能
おすすめ度

「AIのべりすと」は、最強最大のにほんごAIと銘打つAIライティングツールです。

小説のような文章が生成できます。ただ、ブログ記事作成には向いていません。

⑥AIライティングツール「Transcope

Transcope
項目内容
料金無料~月60,000円
商用利用可能
おすすめ度

Transcopeは、ChatGPTなど他のツールと違い、競合サイトの分析をしながら、SEOに強い文章を生成できます。

また、予約機能を使えば、AIが文章を生成する時間を待つ必要もありません。

それから、テキストだけでなく、URLや画像ファイルなど、様々な入力形式に対応可能です。

価格の折り合いが付く場合は、強力なパートナーとなるでしょう。

\ SEOに強い文章を生成可能!

おすすめAIライティングツールの比較【文章生成力】

実際におすすめAIライティングツールにおいて、同じ指示を出した場合の文章にはどのような違いが出るのか比較してみました。

今回比較したのは、以下のような生成指示に対して、どのような文章が生成されるか、という点です。

AIライティングツールのおすすめ比較

AIライティングツール「Catchy」

AIライティングツール「ChatGPT」

AIライティングツール「PlayAI」

AIライティングツール「ELYZA Pencil」

AIライティングツール「AIのべりすと」

「Catchy」の場合

おすすめAIライティングツール比較

まず最初にご紹介するのは、「Catchy」です。Catchyは、スピードと正確性を重視したAIライティングツールです。Catchyを使えば、ユニークなコンテンツを素早く生成することができます。自分の書いたコンテンツがオリジナルかどうかを心配する必要はなく、Catchyは書いたものすべてが自分の作品であることを保証してくれます。さらに、豊富なテンプレートとシンプルでわかりやすいユーザーインターフェイスを提供します。また、辞書や類語辞典を内蔵しているので、文章を素早くチェックし、推敲することができます。

次に、ChatGPTは、ライティングをより速く、より簡単にするために設計されたAIライティングツールです。ChatGPTは、自然言語処理とディープラーニングに着目し、ライティングプロセスをシンプルにすることを目的としています。また、このツールは、内蔵の文法チェッカー、さまざまなテンプレート、AIに話しかけるだけでコンテンツを作成できる機能など、さまざまなツールや機能を提供しています。さらに、このツールはGoogle DriveやDropboxと統合されており、コンテンツの保存や共有が簡単に行えます。

PlayAIも人気の高いAIライティングツールです。このツールは、強力なAIベースの自然言語プロセッサを搭載しており、最高品質のコンテンツを生成することができます。また、さまざまなテンプレートが用意されており、そこから簡単にコンテンツを生成することができます。さらに、このAIはGoogleドライブと統合されており、コンテンツの保存や共有が簡単に行えるようになっています。最後に、このツールは直感的なユーザーインターフェースを提供しているため、ユニークで興味深いコンテンツを素早く作成することができます。

ELYZA Pencilは、正確さと品質に焦点を当てたAIライティングツールです。ELYZA Pencilを使えば、ユニークなコンテンツをすぐに生成することができます。このツールは、さまざまなテンプレートから選択でき、包括的な文法チェッカーも備えています。さらに、このAIはGoogleドライブと統合されており、コンテンツの保存と共有が簡単にできます。最後に、このツールは直感的なユーザーインターフェイスを備えているので、素早く簡単にコンテンツを作成することができます。

AI Beristoは、私たちのリストで最後のAIライティングツールです。このツールは、自然言語プロセッサ、内蔵辞書、さまざまなテンプレートなど、さまざまな機能を提供しています。さらに、このAIはGoogle DriveやDropboxと統合されているため、コンテンツを素早く保存し、共有することができます。

Catchyの場合、上記のような文章生成がされます。

ヒナキラ

とはいえ、情報の正確性はまだ高いとはいえません。

それと、文章が機械的で、ややカタい印象があります。

ブログに使う場合には、生成後のチェックやリライトも必要でしょう。

「ChatGPT」の場合

上記の AIライティングツールを比較するために、それぞれの特徴や機能、利用料金について調べてみました。

  1. Catchy

Catchyは、機械学習技術を用いたAIライティングツールで、文章の自動生成や編集を行うことができます。主な特徴は以下の通りです。

  • SEOに最適化された文章を自動生成可能
  • 複数の言語に対応
  • カスタムワードの追加が可能

利用料金は、月額49ドルからとなっています。

  1. ChatGPT

ChatGPTは、OpenAIが開発した大規模な自然言語処理AIであり、文章の自動生成や質問応答などの機能を持ちます。主な特徴は以下の通りです。

  • 自然な文章を生成できるため、フレーズや文法の調整が不要
  • 膨大な情報から答えを返せるため、高い精度での質問応答が可能
  • 複数の言語に対応

利用料金は、APIの場合はリクエストあたり0.004ドルから、GPT-3へのアクセスの場合は時間単位での課金となっています。

  1. PlayAI

PlayAIは、テキスト自動生成に特化したAIライティングツールで、主にブログ記事や商品紹介文、広告の文章などを自動生成することができます。主な特徴は以下の通りです。

  • シンプルなインターフェースで、初心者でも簡単に使える
  • 生成文章のジャンルに応じたテンプレートが用意されており、カスタマイズも可能
  • 利用料金は、月額39ドルからとなっています。
  1. ELYZA Pencil

ELYZA Pencilは、日本語に特化した文章自動生成AIライティングツールで、主にビジネス文書やプレスリリース、報告書の作成に使用されます。主な特徴は以下の通りです。

  • 日本語の文章生成に最適化されており、自然な文章を生成できる
  • カスタマイズ可能なテンプレートが用意されており、生成文章の品質を向上できる
  • 利用料金は、月額5万円からとなっています。
  1. AIのべりすと

AIのべりすとは、日本語に特化した文章自動生成AIライティングツールで、主にWebサイトのコンテンツ作成に使用されます。主な特徴は以下の通りです。

  • SEOに最適化された自然な文章を生成できる
  • 業界別に最適化されたテンプレートが用意されており、自社のブランドイメージに合わせた文章を簡単に生成できる
  • 利用料金は、月額10万円からとなっています。

以上が、いくつかのAIライティングツールの比較になります。それぞれ特徴や利用料金が異なるため、使用用途や予算に合わせて選択することが重要です。また、AIによる文章生成はまだまだ発展途上の分野であり、自然な文章が生成できるAIツールがある一方で、意図しない誤りが含まれることもあるため、注意が必要です。

ChatGPTの場合、上記のような回答となりました。

かなり優秀だなと感じますが、料金がでたらめで、誤情報があたかもそうであるかのように出力されるのには注意が必要です。

ヒナキラ

誤情報があるにせよ、chatGPT、かなり良いです。

「PlayAI」の場合

Catchy AIライティングツール「Catchy」は、C言語(またはC++)でAIを書くための関数群です。pythonの有名な「pytables」と「tables」にインスパイアされています。シンプルなAPIと書きかけの関数の集合体という組み合わせです。キャッチーなAI作成ツールは、C言語(またはC++)でAIを書くための関数群です。pythonの有名な「pytables」と「tables」にインスパイアされています。シンプルなAPIと、あらかじめ書かれた関数の集合体という組み合わせです。Catchyは、C言語(またはC++)でAIを書くための関数群です。pythonの有名な「pytables」と「tables」にインスパイアされています。シンプルなAPIと、あらかじめ書かれた関数の集合体です。

ChatGPT ChatGPTプロジェクトは、PythonでAIを書くためのAIルーチン集です。プロジェクトの当初の目的は、PythonとAIを学ぶための、特にAIの基礎を学ぶためのPythonスクリプト群を作ることでした。時間の経過とともにスクリプトの数が増え、関数やデータセット(画像や音声など)なども含まれるようになりました。ChatGPT ChatGPTプロジェクトは、PythonでAIを書くためのAIルーチンを集めたものです。プロジェクトの当初の目的は、PythonとAIを学ぶための、特にAIの基礎を学ぶためのPythonスクリプト群を作ることでした。時間の経過とともにスクリプトの数は増え、関数やデータセット(画像や音声など)も含まれるようになりました。ChatGPTは、PythonでAIを書くためのAIルーチン群です。プロジェクトの当初の目的は、PythonとAIを学ぶための、特にAIの基礎を学ぶためのPythonスクリプト群を作ることでした。時間の経過とともに、スクリプトの数は関数やデータセット(画像や音声など)などを含むように拡張されました。ChatGPTは、PythonでAIを書くためのAIルーチン群です。プロジェクトの当初の目的は、PythonとAIを学ぶための、特にAIの基礎を学ぶためのPythonスクリプト群を作ることでした。時間の経過とともにスクリプトの数は増え、関数やデータセット(画像や音声など)も含まれるようになりました。

PlayAI PlayAIは、Pythonで書かれたAIライティングツールです。Pythonの有名な「pytables」や「tables」にインスパイアされています。

PlayAIの場合は、上記のように出力されました。

ChatGPTの場合とは違い、一応は出力されますが、何をいっているのかサッパリです。

ヒナキラ

使いにくいなという印象ですね。

「ELYZA」の場合

15文字以内の指示

ELYZAの場合、指示するキーワードが15文字で、これはブログやライティング作業には使えないと判断しました。

ヒナキラ

残念!

「AIのべりすと」の場合

「文章を書くのが好き」「小説を書きたい!」という方の中には、自分でも書いてみたいけれど、「でも難しそうだな……」と二の足を踏んでいる人もいると思います。
しかし大丈夫! 実は今の時代、無料で使える便利なAIライティングツールがたくさんあるのです。
「えっ!? そんなのあるなら早く教えてよ~!!」
とお怒りの方もいるかもしれませんね(笑)。
もちろん私もその一人ですから……!! そこで今回は、私が実際に使ってみてよかったと思う無料AIライティングツールをご紹介します。
どのツールもとてもシンプルで使いやすく、小説の執筆だけでなくブログ記事や企画書などの作成にも使えますよ! 【1】AIライティングツール Catchy
(キャッチィ)
https://catchy.ai/ja まずはこちらのツールを紹介しましょう。
このCatchyとは一体どんなものなのか? それは……
「文章を書いてくれる人工知能」です!!! つまり、あなたが書いた文章を読んでその内容について質問したり感想を述べたりするだけではなく、あなたの代わりにその文章を書いたり添削をしたりしてくれるのです。
「AIって何?」という方は少し難しい話になってしまうかもしれないので、先に下記のページをご覧ください。
https://www.sbcr.jp/products/tachiyo_maker/info-000000101.html また、使い方もとても簡単です。
まずは自分のメールアドレスにユーザー登録を行います。
そして自分のアカウントページから、自分が書いた文章を読み込ませるだけでOKです。
するとその文章を読んだ後の反応として、こんなコメントが返ってきます。
・文章の書き方をアドバイスしてくれるコメント
・良い点だけを抜き出して褒めてくれるコメント
・悪い点を指摘した上でそれを直す方法を具体的に提案してくるコメント etc……
このように、あなたの書いた文章に対して適切なコメントを送ってくれます。
しかもそれがすべてAIによる自動返答なので、面倒くさいやり取りは一切ありません。
さらに嬉しいことに、それらのコメントには★評価をつけることができます。
そしてもしあなたがその文章の内容に満足できたら、画面上部にある「+♥」ボタンをクリックして星をつけてください。
そうすればあなたの作品の評価が上がり、ランキングが上昇する仕組みになっています。
ランキング上位になれば、より多くの人に読んでもらえるチャンスが増えるわけですね。
つまり、読者さんからの応援が増えれば増えるほど、あなたの作品の知名度が上がるということなのです! ちなみに私は最近まで全く知らなかったのですが、このCatchyは2017年12月にサービスインした比較的新しいAIライティングツールだそうです。
それなのに既にフォロワー数が3万人を超えていて、人気ぶりがうかがえますよね。実際使ってみるとわかりますが、本当に便利ですよ! 最初は「なんか機械っぽい感じでちょっと苦手かも……」と思っていたのですが、慣れてくるとむしろ人間よりも的確なことを言ってくれたりするので、今ではすっかり気に入ってしまいました。
では次に、私が特に重宝している機能を紹介したいと思います。
【2】AIのべりすと https://novelist.idolder.jp/ こちらは私が現在一番よく使っているAIライティングツールです。
名前の通り、テキストを入力することで自動的に小説を生成してくれます。
例えば、『主人公の一人称視点』で『主人公が何を思ったか』『主人公はどう行動したのか』といったことを書くと、まるでプロ作家が書いたようなクオリティの小説が出来上がるのです! もちろん、もっと細かい設定を入れることも可能です。
また執筆以外にも様々な用途に使うことができてとても便利ですが、ここではあえて小説の執筆のみに特化しています。なぜなら、このツールを使ってしまうと他のことが何もできなくなってしまうからです(笑)。
私の場合はこのツールを使いながら並行して別の作業をすることも多いので、できればそういったこともできるようになりたいんですよね……。
まあでも、今のところはこのツールだけでも十分すぎるくらい快適なので、当分の間は問題ないかなと思っています。
ちなみにこのツールは、元々ブログ記事や企画書などを作成するためのツールとして作られたものらしいので、そのあたりも納得の性能です。
【3】AIのべりすと(有料版)
https://www.amazon.co.jp/dp/B076LWZNMQ/ref=cm_sw_19?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF&keywords=AI%E3%80%90%E6%95%A3%E7%AD%94AI%E5%AE%B9%E4%BE%a1%E3%80%91+%EF%BC%BB+%5Belyza+pencil++for-Mac/dp/B07HX7YJKP 最後に紹介するのは、AIのべりすと(有料版)というツールです。
このツールはその名の通り、AIのべりすとの機能をすべて使えるようになっています。
つまり、文章の添削や校正だけでなく、表紙画像や挿絵の作成、レイアウト調整や文字の装飾なども行えます。
つまり、一通りのことは何でもできるということですね。
しかも無料でも十分に使えていたAIのべりすとの機能もパワーアップしていて、かなり使い勝手が良くなっているので、もはやこれ無しでは生きていけない状態になってしまいました……!
「文章さえ書ければそれでいい!」という方は、こちらを使うといいかもしれませんよ。
ただ残念なことに、現在は販売を終了してしまっているようです。
とはいえ、文章を書くだけなら今でも充分に使えるツールだと思うので、ぜひ一度試してみてください! 以上が、私が実際に使ってみてよかったと思う無料AIライティングツールの紹介になります。他にもまだまだたくさんありますので、興味のある人は自分で調べて色々と探してみるのもいいかもしれません。

小説のような文章が生成されます。一番人間的な文章ですね。

ヒナキラ

ただ、意図した内容にはならず、使いにくい印象でした。

「Transcope」の場合

AIライティングツールのおすすめ比較

近年、AI技術の進展に伴い、AIライティングツールが次々と登場しており、私たちの文章作成業務を効率化してくれる存在となっています。この記事では、AIライティングツールのおすすめ比較として、5つのツールを紹介します。それぞれの特徴や利点を理解し、自分に合ったツールを見つけてください。

1. AIライティングツール「Catchy」

Catchyは、文章のキャッチコピーを自動生成するAIライティングツールです。美しいデザインとシンプルな操作性を備えており、誰でも簡単にキャッチコピーを作成することができます。また、多数のテンプレートが用意されているため、用途に合わせたキャッチコピーが手に入ります。

2. AIライティングツール「ChatGPT」

ChatGPTは、OpenAIが開発したAIライティングツールで、一般的な文章作成はもちろん、会話スクリプトの生成やFAQの回答など、多様な用途に対応しています。また、長い文章にも対応しており、自然な文章生成が可能です。英語を中心とした対応言語が多く、ワールドワイドに活用できるのが特徴です。

3. AIライティングツール「PlayAI」

PlayAIは、ゲームやアプリの展開文や説明文を生成することを目的としたAIライティングツールです。ユーザーの興味を引く文章や、独創的なアイデアを提案してくれることで、ゲームやアプリの魅力を引き出すことができます。また、複数の言語に対応しており、国際展開を目指すプロジェクトにも適しています。

4. AIライティングツール「ELYZA Pencil」

ELYZA Pencilは、ビジネス文書やメール、プレゼン資料などの文書作成を支援するAIライティングツールです。自然な表現を採用し、ビジネスシーンでの適切な文章を提供してくれます。また、自動校正機能や書式設定機能が搭載されており、文書作成の手間を大幅に軽減できるでしょう。

5. AIライティングツール「AIのべりすと」

AIのべりすとは、日本語を中心に、文章の校正やブログ記事の作成、SEO対策に特化したAIライティングツールです。シンプルな操作で使用することができ、文章の品質向上や、ライティングの効率化が期待できます。特に、SEOキーワードの最適化機能が充実しており、Webコンテンツ制作に適したツールです。

結果:

以上の5つのAIライティングツールは、それぞれ異なる特徴や利点を持っています。自分の目的や用途に合わせて、最適なツールを選ぶことが重要です。今回紹介したツールの中から、自分に合ったものを見つけ、ライティング作業を効率化し、より良い文章生成を目指してみてください。

Transcopeでは、上記のような感じになりました。

GPT4を使っているだけあって、かなりしっかりとした文章が出力されるなという印象です。

ただ、ちょっと値段が高いのは難点です。

ヒナキラ

値段さえクリアできるなら、オススメ。

ここからはAIライティングツールで生成した内容になります。

ここから先は、おすすめAIライティングツール「Catchy」と「ChatGPT」を使って文章作成した内容を掲載します。

実際にどのような文章になるのかが分かるので、参考になるかなと。

ヒナキラ

つたない文章かと思いますが、そこはご愛嬌!

AIライティングツールとは?

「AIライティングツールとは?」という指示に対して、CatchyChatGPTでどのような回答が得られたのかを見ていきましょう。

Catchy生成

AIライティング(人工知能ライティング)とは、コンピュータのアルゴリズムを使ってコンテンツを生成することです。

AIライティングツールは、人工知能(AI)技術を利用してライティングプロセスを簡略化するコンピュータープログラムです。

ブログ記事から商品説明文まで作成することができ、特に、品質を落とさずに素早くコンテンツを作成する必要がある方にとって、非常に有効なツールです。

chatGPT生成

AIライティングツールとは、人工知能技術を活用して文章を自動生成するツールのことです。これらのツールは、自然言語処理技術を利用して、人間の言語を理解し、その言語に基づいて文章を生成することができます。

AIライティングツールは、様々な目的に活用されます。例えば、広告やマーケティングのコピー、ニュース記事、ブログ記事、レポート、研究論文、ビジネス文書など、様々な種類の文章を自動生成することができます。

これらのツールは、文章を自動生成するだけでなく、文法やスペルミスの修正、文章の構造の改善、キーワードの挿入、類義語や同義語の提案など、より高度な機能も持っています。また、人間が書いた文章を学習し、そのスタイルやトーンを模倣することもできます。

AIライティングツールの利用には、適切なトレーニングやデータセットが必要です。また、自動生成された文章の正確性や品質は、人間が修正やチェックを行うことによって改善されることがあります。

AIライティングツールのメリット

「AIライティングツールのメリット」という指示に対して、CatchyChatGPTでどのような回答が得られたのかを見ていきましょう。

Catchy生成

AIライティングツールを利用する最も大きなメリットは、時間の短縮です。

ライティングは、調査や編集、校正の手間がかかるため、手間がかかる作業となります。

AIライティングツールでは、これらの手間のかかる作業をプログラムが代行するため、ユーザーはより早く文章を作成することができます。

さらに、AIライティングツールは、ユーザーが定義したトピックに基づいてオリジナルのコンテンツを生成することもできるため、ユーザーは調査や執筆に時間を費やすことなく、ユニークで魅力的なコンテンツを作成することができます。

AIライティングツールのもう一つのメリットは、アウトプットの品質です。

AIライティングツールは高度なアルゴリズムとテクノロジーを搭載しているため、文法的に正しく、正確に書かれたコンテンツを生成することが可能です。

AIライティングツールから出力されるコンテンツには誤りがないことが多いため、手作業による編集や校正の必要性がなくなります。

chatGPT生成

AIライティングツールには、以下のようなメリットがあります。

  1. 時間とコストの節約:AIライティングツールは、短時間で大量の文章を生成できるため、従来の手動でのライティングに比べて時間とコストを節約できます。
  2. 一貫性の確保:AIライティングツールは、常に一定の品質で文章を生成するため、一貫性のあるコンテンツを提供することができます。
  3. 高度な分析機能:AIライティングツールには、分析機能が備わっていることがあり、キーワードの適切な使用や文章の構造の改善など、より高度な機能を提供することができます。
  4. 作業の自動化:AIライティングツールは、自動化された作業を提供することができます。例えば、スペルミスや文法ミスの自動修正、同義語の提案、文章構造の改善など、作業が自動的に処理されるため、人間の手間を軽減することができます。
  5. 多言語対応:AIライティングツールは、多言語に対応していることがあり、翻訳やマルチリンガルな文章生成などにも利用できます。

これらのメリットは、ビジネスやマーケティング、報告書作成など、様々な分野での活用に役立ちます。

AIライティングツールのデメリット

「AIライティングツールのデメリット」という指示に対して、CatchyChatGPTでどのような回答が得られたのかを見ていきましょう。

Catchy生成

メリットがある反面、AIライティングツールを利用する上でのデメリットもあります。

例えば、AIライティングはアルゴリズムによって生成されるため、ロボット的でクリエイティブなセンスに欠けると感じることが多々あり、人間のライターが持つ創造性や独創性のレベルには及びません。

また、AIライティングツールは、提供されたデータや情報をもとにコンテンツを生成することしかできないため、必ずしも正確な文章が書けるとは限りません。

さらに、AIライティングツールのコストは、特に予算が限られている個人・企業にとっては、高額になる可能性があります。

chatGPT生成

AIライティングツールには、以下のようなデメリットがあります。

  1. 文章の質の不安定性:AIライティングツールは、自動的に文章を生成するため、人間が書いた文章と比べて、文章の品質にばらつきが生じることがあります。また、自然な表現やニュアンスを正確に表現することが難しい場合があります。
  2. 独自性の欠如:AIライティングツールは、事前に学習した文章やデータを基に文章を生成するため、独自性のあるコンテンツを提供することが難しい場合があります。
  3. 人間の判断力の必要性:AIライティングツールが生成した文章は、あくまでも機械的に生成されたものであり、正確性や適切性が保証されているわけではありません。そのため、人間がチェックや修正を行う必要があります。
  4. データの依存性:AIライティングツールは、適切なデータやトレーニングが必要です。データが限定的な場合、生成される文章の質が低下する可能性があります。
  5. エチックスの問題:AIライティングツールが生成した文章には、偏見や差別的な表現が含まれることがあります。このような問題に対処するためには、適切な監視と修正が必要です。

これらのデメリットは、AIライティングツールを利用する上で注意が必要な点です。適切なトレーニングやデータ、監視、修正などを行うことで、これらの問題を解決することができます。

AIライティングの注意点

「AIライティングの注意点」という指示に対して、CatchyChatGPTでどのような回答が得られたのかを見ていきましょう。

Catchy生成

AIライティングツールは、注意して使うことが大切です。

効率的で時間の節約になるかもしれませんが、人間の執筆の代用として使用するべきではありません。

AIライティングツールはライティングプロセスの情報提供に役立ちますが、必要なニュアンス、創造性、個々のスタイルを加えることができる人間が常にレビューする必要があります。

また、AIライティングツールはアルゴリズムに基づいており、文書や書き手のスタイルにそぐわない変更を提案する可能性があることを念頭に置いておくことが重要です。

たとえば、ツールによっては、文章の言語やスタイルを変更したり、文章の意味を失わせるような変更を提案したりすることがあります。

変更を受け入れる前に、ユーザーは常に提案された変更を確認し、それが文書に適していることを確認する必要があります。

chatGPT生成

AIライティングを利用する際には、以下のような注意点があります。

  1. 品質チェックの必要性:AIライティングツールが生成した文章には、誤りや独自性が欠如している場合があるため、必ず品質チェックを行うことが必要です。また、特に法律や医療関連の文章など、正確性が重要な分野では、人間が確認・修正を行うことが必須です。
  2. エチックスの問題:AIライティングツールは、偏見や差別的な表現を含む文章を生成する場合があります。そのため、人間が監視・修正を行うことが必要です。
  3. 著作権や知的財産権の問題:AIライティングツールは、自動的に文章を生成するため、著作権や知的財産権の問題が生じる可能性があります。そのため、適切な法的対応を行う必要があります。
  4. データの質の問題:AIライティングツールは、学習に使用するデータの質によって、生成される文章の質が大きく影響されます。そのため、適切なデータの収集・分析が必要です。
  5. ライティングの創造性の問題:AIライティングツールは、機械的に文章を生成するため、創造性や独自性が欠如する場合があります。そのため、適切なトレーニングやデータの収集によって、創造性や独自性を高めることが必要です。

これらの注意点に留意しながら、AIライティングを利用することで、より効率的なコンテンツの生成や作業の自動化を実現することができます。

AIライティングの選び方

「AIライティングの選び方」という指示に対して、CatchyChatGPTでどのような回答が得られたのかを見ていきましょう。

Catchy生成

AIライティングツールを選ぶ際には、ツールの機能を検討し、自分のニーズにとって最も重要な機能を特定することが重要です。

また、ツールの機能を理解し、求めている特定の機能を提供できるかどうかも重要です。

例えば、エッセイの執筆にAIライティングを利用しようと考えている場合、エッセイの構成、執筆プロセスのガイド、文法やスタイルに関する提案を提供できるツールを探すとよいでしょう。

記事やブログ記事を書く場合は、アイデアのブレーンストーミングを支援し、トピックに基づいた提案を提供するツールを探すとよいでしょう。

また、ツールのコストを考慮することも重要です。

無料のツールや無料トライアルを提供しているツールもありますが、サブスクリプションや1回限りの購入が必要なものもあります。

また、ツールによっては、より使いやすいものもあるので、ツールの操作に関する学習曲線も考慮する必要があります。

chatGPT生成

AIライティングを利用する際には、以下のような注意点があります。

  1. 品質チェックの必要性:AIライティングツールが生成した文章には、誤りや独自性が欠如している場合があるため、必ず品質チェックを行うことが必要です。また、特に法律や医療関連の文章など、正確性が重要な分野では、人間が確認・修正を行うことが必須です。
  2. エチックスの問題:AIライティングツールは、偏見や差別的な表現を含む文章を生成する場合があります。そのため、人間が監視・修正を行うことが必要です。
  3. 著作権や知的財産権の問題:AIライティングツールは、自動的に文章を生成するため、著作権や知的財産権の問題が生じる可能性があります。そのため、適切な法的対応を行う必要があります。
  4. データの質の問題:AIライティングツールは、学習に使用するデータの質によって、生成される文章の質が大きく影響されます。そのため、適切なデータの収集・分析が必要です。
  5. ライティングの創造性の問題:AIライティングツールは、機械的に文章を生成するため、創造性や独自性が欠如する場合があります。そのため、適切なトレーニングやデータの収集によって、創造性や独自性を高めることが必要です。

これらの注意点に留意しながら、AIライティングを利用することで、より効率的なコンテンツの生成や作業の自動化を実現することができます。

AIライティングツールに関するよくある質問

「AIライティングツールに関するよくある質問」という指示に対して、CatchyChatGPTでどのような回答が得られたのかを見ていきましょう。

Catchy生成

1.AIライティングでブログ記事作成の効率化は可能ですか?

AIライティングツールは、ブログ記事の執筆にかかる時間を大幅に短縮することができます。AIライティングツールは、アルゴリズムを使ってテキストを分析し、読みやすさや構成、正しいスペルや文法を改善するための変更可能な箇所を提案します。AIライティングツールを使用することで、時間を節約し、より効果的なブログを作成することができます。さらに、一部のAIライティングツールは、ブログ記事の盗用チェックを行い、オリジナルであることを確認する機能も備えています。

2.AIライティングの価格は高いですか?

どのAIライティングツールを使うかによって、価格は異なります。AI Writingツールには、無料のものもあれば、サブスクリプション料がかかるものもあります。このサブスクリプション料は、月々10~50ドル程度です。しかし、AI Writingツールは、効率的な自動編集によって時間を節約することができるため、長期的には投資となります。さらに、一部のAIライティングツールでは、AI音声認識やブログ記事のコンテンツリサーチを支援するなどの追加機能も提供されています。

3.AIライティングでコピーライティングは可能ですか?

AIライティングツールは、オリジナルのコンテンツを作成するだけにとどまりません。コピーライティングコンテンツの作成にも利用することができます。つまり、AIが作成したコンテンツは、商品やサービスのマーケティングやプロモーションに活用することができるのです。AIライティングツールは、雑誌、新聞、ソーシャルメディア、メール、広告、Webサイトなどのコピーライティングに活用することができます。書かれたコンテンツのリーチとインパクトを最大化するために使用することができます。また、AIコピーライティングツールは、データを利用して、どの単語やフレーズがターゲットに最も効果的に届くかを判断します。

4.GoogleはAIライティングをスパムと見なしますか?

AIが生成したコンテンツは、Googleなどの検索エンジンからスパムに分類されないよう、慎重に書かれています。AIライティングツールは、重複する単語やフレーズがないコンテンツを生成するように設計されており、検索エンジンのロボットがスパムとしてフラグを立てることがないようにします。このため、AIライティングはSEO対策として強力かつ有用なツールとなっています。

5.AIライティングでどこまでできるのですか?

AI Writingは、さまざまなタスクに活用できます。特に、記事の要約、ブログ記事の作成、リサーチなどに効果を発揮します。AI Writingは、大量のテキストのセンチメントを理解し、その分析に基づいて新しいコンテンツを生成するために使用することができます。

6.AIライティングと人間のライティングの違いは何ですか?

AIライティングと人間のライティングの主な違いは、アウトプットのスピードと正確さです。AI Writingツールは、大量のコンテンツを素早く、正確に、そして人間の編集者を介さずに生成することができます。つまり、AIライティングは従来のライティングよりもはるかに速いだけでなく、費用対効果も高いのです。一方、人間のライターは、オリジナルコンテンツの作成や複雑なアイデアの表現に優れていますが、その分時間とリソースがかかります。

chatGPT生成

AIライティングツールに関するよくある質問とその回答は以下の通りです。

Q1. AIライティングツールは、どのような用途に使われるのですか? A1. AIライティングツールは、広告やマーケティングのコピー、ニュース記事、ブログ記事、レポート、研究論文、ビジネス文書など、様々な種類の文章を自動生成することができます。

Q2. AIライティングツールは、どのような技術を利用しているのですか? A2. AIライティングツールは、自然言語処理技術を利用して、人間の言語を理解し、その言語に基づいて文章を生成することができます。

Q3. AIライティングツールは、どのようなメリットがあるのですか? A3. AIライティングツールには、時間とコストの節約、一貫性の確保、高度な分析機能、作業の自動化、多言語対応などのメリットがあります。

Q4. AIライティングツールは、どのようなデメリットがあるのですか? A4. AIライティングツールには、文章の質の不安定性、独自性の欠如、人間の判断力の必要性、データの依存性、エチックスの問題などのデメリットがあります。

Q5. AIライティングツールの選び方には、どのようなポイントがありますか? A5. AIライティングツールの選び方には、機能性、カスタマイズ性、評価・レビュー、サポート体制、コストなどのポイントがあります。

Q6. AIライティングツールは、どのように使うのですか? A6. AIライティングツールは、各ツールによって異なりますが、通常はWebブラウザ上での利用やAPI経由での利用が可能です。自社のニーズに合わせて、適切なツールを選択し、利用方法を確認しましょう。

まとめ|おすすめAIライティングツールは「Catchy」か「chatGPT」

6つのAIライティングツールで比較した結果、おすすめAIライティングツールは、「Catchy」か「chatGPT」でした。

初心者にも扱いやすいのはCatchy、スキルが必要だけどポテンシャルが高いのはchatGPTだと感じます。

ただし、Catchyは有料です。

chatGPTは無料でも使えるぞ。

なので、無料でAIライティングを活用していきたい。という方はChatGPTがおすすめ。

それぞれ、まだ使いにくい点も多いので、自分なりの活用法を見つけていって下さい。

なお、Catchyであれば、以下の記事でブログへの活用方法を紹介していますので、ぜひ見てみて下さいね。

\ 一番おすすめのAIライティングツール /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次