> 【チート級】ChatGPTでブログ執筆を超効率化へ!10倍速で書く方法
PR

CocoonとSWELLを比較してみた|どっちも良いテーマです!

CocoonからSWELLの移行と比較

Cocoon」と「SWELL」を7項目で徹底比較!しました。

Cocoonを使っていて、SWELLにしようか迷っています。

こういったお悩みを解決します。

ヒナキラ

13コの有料テーマを使ってきた僕が、SWELLとCocoonについて比較解説します。

この記事を見れば、SWELLがどんな面でCocoonよりも優れているのか、比較しながら見ることができますよ。

すぐにCocoonからSWELLへの移行方法を知りたい方は下記よりどうぞ。

WordPressテーマおすすめランキング

Blog

この記事を書いた人

ヒナキラ

ブログ最高月25万円。SNS最高日給12万円。Twitter(X)フォロワー15,200人。ブログとSNSとSEOがすき。ChatGPTでの効率化も。SWELL大好き自称テーマおたく。

Blog

この記事を書いた人

ヒナキラ

ブログ最高月25万円。SNS最高日給12万円。Twitter(X)フォロワー15,200人。ブログとSNSとSEOがすき。ChatGPTでの効率化も。SWELL大好き自称テーマおたく。

見たいところに飛べる目次

CocoonとSWELLを比較「7項目」

では、CocoonとSWELLの比較をしていきます。今回は、下記の7項目で比較していきますね。

CocoonとSWELLの比較
  1. ページスピード
  2. SEO
  3. Gutenberg
  4. カスタマイズ
  5. デザイン
  6. 価格
  7. サポート体制
ヒナキラ

これだけ比較すれば、Cocoonの良さ、SWELLの良さが見えてくるでしょう。

では、それぞれ見ていきましょう。

比較①:ページスピード

項目勝者
ページスピードSWELL
スピードの計測条件
  • 同一のサイトで比較
  • テーマの高速化機能を「ON」
  • 高速化系プラグインは使用「なし」
  • ビジュアル画像「なし」
  • 記事数「4記事」

Cocoon

Cocoon携帯スピード
SANGOパソコン

Cocoonのスピードスコアは、モバイル89パソコン99でした。

SWELL

SWELLのスピードスコアは、モバイル93パソコン100です。

結果、CocoonよりもSWELLの方がスピードが速い結果となりました。

ヒナキラ

SWELLは、他の有料テーマと比較しても№1のスピードでした。

比較②:SEOの強さ

項目勝者
SEOの強さ引き分け
計測条件
  • ほぼテーマ初期状態
  • SEOに関する追加施策「なし」
  • SEO関連プラグイン「なし」
  • 記事数「4記事」

Cocoon

CocoonのSEOスコアは「91」となり、他の指標でも優秀です。

SWELL

SWELLのSEOスコアは「93」となりました。他の指標でも高いスコアとなっています。

SWELLのSEO

比較したあとで言うのもなんですが・・・SEOについては、どちらも大して変わりません。

正直、有名どころのテーマであればSEO対策はしっかりと講じられていますから。

パンくずリスト、グローバルメニュー、関連記事、メタ情報の設定、ノーインデックスの設定、などといった基本的な対策項目はありますが、どのテーマでも実装できます。

基本的な項目において差が出ないのであれば、UXなどの指標が大事になってくるかなと。

ヒナキラ

正直、大して変わらないSEO対策を気にするより、コンテンツを気にする方が100倍重要です。

比較③:ブロックエディター(装飾など)

項目勝者
ブロックエディターSWELL

続いては、WordPressの新エディターである「ブロックエディター」への対応度を比較します。

旧エディター(クラシックエディター)はいずれ使えなくなる為、ブロックエディターへの対応度合いも重要な要素ですからね。

Cocoon

Cocoonツールバー
Cocoonのツールバー
Cocoon専用ブロック
Cocoonの専用ブロック
Cocoonボックス
Cocoonのボックス装飾

SWELL

SWELLツールバー
SWELLのツールバー
SWELLブロック
SWELLの専用ブロック
SWELLのスタイル
SWELLのボックス・スタイル1
SWELLのボックス
SWELLのボックス・スタイル2

上記を見ていただければ分かりますが、ブロックエディター対応度についてもSWELLが優れています

ヒナキラ

SWELLはとても使いやすく、ブログが楽しくなるほどのテーマです。

比較④:カスタマイズ性の高さ

項目勝者
カスタマイズ性Cocoon

続いてはカスタマイズ性の比較ですが、Cocoonの方が優れています。

Cocoon

Cocoonウィジェット1
Cocoonウィジェット1
Cocoonウィジェット2
Cocoonウィジェット2
Cocoonカスタマイザー
Cocoonカスタマイザー

SWELL

SWELLのウィジェット
SWELLのウィジェット
SWELLカスタマイザー
SWELLのカスタマイザー
SWELL設定
SWELL設定
SWELLエディター設定
SWELLエディター設定

Cocoonのカスタマイザーは項目が豊富で、SWELLよりもカスタムできる箇所が多いです。

ただし、カスタマイズ性が高いことに反比例するように、難易度が高くなっているのが難点。

ヒナキラ

正直、Cocoonは知識がある中級者以上むけといえます。

比較⑤:デザイン性の高さ

項目勝者
デザイン性の高さSWELL

では、SWELLとCocoon各テーマのデザイン比較も見ておきましょう。

ブログサイトデザイン「すまいるままライフ」
すまいるままらいふ
My Option
My Option
にこはぐ
にこはぐ
POINT OF VIEW
POINT OF VIEW
くうかんシンプルライフ
くうかんシンプルライフ
ぶろぐ学部
ぶろぐ学部(かつてのもの)

デザイン性の高さにおいては、SWELLが圧倒的かなと思いますし、SWELLは簡単にオシャレにできるところも良いです。

Cocoonは、正直デザイン性ではSWELLに勝てないかと・・・。

ヒナキラ

デザイン面では、SWELLが圧倒的に優位です。見た目にこだわりたい方はSWELLがおすすめ。

比較⑥:価格

項目勝者
販売価格Cocoon

次は、価格について比較してみます。

テーマ名価 格
Cocoon0円
SWELL17,600円
SWELL・SANGO価格

Cocoonの最大のメリットは無料で使えることです。

実際、SWELLにかなわない面が多いものの、無料という点を考慮すれば超優秀なテーマといえます。

SWELLは17,600円という価格で、安くはありません。

比較⑦:サポート体制

項目SWELLLCocoon
要望対応フォーラム・Twitterフォーラム
不具合対応フォーラム・Twitterフォーラム
コミュニティSlackなし
アップデート頻度多い普通

サポート体制においては、CocoonよりもSWELLが良いです。

かつて、SWELLについてTwitterで気になる点をツイートしたところ、すぐに開発者からレスポンスがありました。

フォーラムで質問した際にも、真っ先に解答をいただきました。そのような対応の良さもSWELLならではの素晴らしさです。

CocoonとSWELL比較の結論

CocoonとSWELLを比較した結果、下記のようになりました。

項目CocoonSWELL
公式サイトCocoonSWELL
価格0円17,600円
ページスピード
SEO
Gutenberg
カスタマイズ
デザイン
サポート体制
評判・レビュー記事Cocoonの評判・レビューSWELLの評判・レビュー

結論でいえば、CocoonよりもSWELLがおすすめという結果になりました。

有料テーマなので当然といえば当然ですが、SWELLはCocoonよりも優れている点が多いです。

正直、操作性、効率性、デザイン、スピードなど、価格およびカスタマイズ性以外の面ではSWELLが優位かと。

ヒナキラ

ただ、Cocoonも良いテーマですけどね!

まとめ|CocoonとSWELLの比較!どっちも優れたテーマです

「Cocoon」と「SWELL」を比較してみて分かるのは、ぶっちゃけオススメなWordPressテーマはSWELLですが、Cocoonも良いテーマであるということ。

ただ、やはり個人的にはSWELLがおすすめなんですけども、ね。

ちなみに、移行するなら早めにした方が、リライトの時間を削減できるのでオススメですよ。

移行方法については下記を見ながら設定すればOKです。

ヒナキラ

では、SWELLERとして、また会えることを楽しみにしています!

⇧目次に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

見たいところに飛べる目次