≫ 超高速!Wordpressブログの始め方はこちら

WordPressテーマSWELLが最強だって話👑【比較あり】

WordPressテーマ「SWELL」が最強だって話をします。

楽しく、そして楽しく、さらには楽しくSWELLのことを学べる記事です。

SWELLが気になっている方だけ、読み進めましょう。

ヒナキラ

ブロックエディターの基礎知識や、SWELLを高速化する方法も解説しています。

さらに、後半では他のテーマとの徹底比較も行っています。

というわけで、いってみましょうかね。

目次

WordPressテーマSWELLは最強

SWELLは素晴らしいテーマ

ヒナキラ

これまでWordpressテーマは有料8つ、無料5つを使ってきましたが、個人的にはダントツでナンバーワンですね。

最強な理由は、下記です。

WordPressテーマSWELLが最強である理由
  • 楽しすぎる
  • ブログで遊べる
  • オシャレすぎる
  • スピードが速すぎる
  • 使いやすすぎる
  • 効率的すぎる
  • コスパ良すぎる
  • 進化が速すぎる
  • 文章が読みやすすぎる
  • ブロックエディターに対応しすぎてる

「ほんまかいな」と思ったあなた。

「ほんま」なので、使ってみることをオススメします。

3日で全部共感できるはずです。

WordPressテーマSWELLの長所5つ

SWELLの長所は500個(ウソ)ありますが、その中から厳選して5個だけ紹介します。

具体的には下記です。

  1. 免停レベルのスピード違反
  2. 華の都「TOKYO」を思わせるオシャレさ
  3. Gutenberg完全対応で他テーマ開発者が涙目
  4. ガッポリ稼ぐための機能もある
  5. Google先生に媚びる対策もバッチリ

では、紹介していきます。

①免停レベルのスピード違反

SWELLはF-1並みのスピードを誇るWordpressテーマです。

ちなみに当サイトのスピードは下記です。

SWELLのページスピード

上記はGoogle公式ツールで調べたものになりますが、モバイルが98、パソコンが100という速すぎるスコアに。

スピード違反で捕まれば、一発免停、罰金間違いなしのテーマです。

免停とは、運転免許停止のことです。
30キロ以上の速度違反で免停となります。
免停はツライです・・・なったことないけど。

②華の都「TOKYO」を思わせるオシャレさ

ぶろぐ学部
ぶろぐ学部

SWELLはオシャレです。

しかもシンプルながらも美しく、洗練されたスタイリッシュさで、華の都大東京を思わせます。

そして、記事装飾に関してもオシャレでスッキリとしたデザインになっており、読みやすい。

「華の都大東京」は、長渕剛の「とんぼ」の歌詞よりパクりました。

③Gutenberg完全対応で他テーマ開発者が涙目

SWELLブロックエディタ

SWELLブロックエディターは、ほぼ完ぺきです。

日本においては、ほとんど対抗できるテーマがないといえるほどに・・・。

そして、そんなSWELLのブロックエディターを追いかける他テーマの開発者は涙目でしょうね。

テーマ開発者

SWELLハンパないって・・・。あいつハンパないって・・・。

後向きでブロックエディターめっちゃ対応してくるもん・・・。

そんなんできひんやん、普通・・・。

こういった感じでしょうか。

全国高校サッカーで大迫勇也にやられた相手高校キャプテンのようなセリフですね。

④ガッポリ稼ぐための機能もある

  • 広告タグ管理機能
  • ランキング機能
  • ABテスト機能
  • クリック率計測機能(ボタン)

などなど、SWELLには収益機能がしっかり備わっています。

欲をいえば、AFFINGERの専用プラグイン(2万円超)のような機能もあったら最高だったのですが・・・。

いけません、それは望みすぎというものですね。

AFFINGER専用の高級有料プラグインのような機能があれば鬼に金棒です。

⑤Google先生に媚びる対策もバッチリ

SWELLのSEO

上記もGoogle公式ツールを用いての計測結果ですが、SWELLのSEOスコアは100点です。

もちろん必要な対策はしっかりと行われており、Google先生に媚びを売る準備はバッチリできています。

さらには、ページスピードの速さ、記事の読みやすさなども相まって、Google先生から好かれるテーマといえます。

Google先生

お、この記事は内容も良い、スピードも速い、滞在時間も長いですねぇ。

ムルフフフ・・・

YOU、このキーワードで1位いっちゃいなヨ!

こういった感じでしょうか。

WordPressテーマSWELLの短所3つ

長所を解説しましたので、短所もご説明しなければなりませんね。

長所だけでは信頼されないというものです。

デメリットについても、しっかりと見ておきましょう。

1円が17,600枚必要

SWELLの価格 税込 17,600円

WordPressテーマSWELLの価格は、税込17,600円。

1円で考えると17,600枚です・・・。

めちゃくちゃ多くて、かき集めるのが大変ですね。

1円の原価は3円なので、1円で払うと5万円超の原価がかかることになります。
まあ、そもそもSWELLはクレジットカード払いですが。

CSSを使えるようにならない

CSS

SWELLはCSSの知識が必要ありません。

実際に、僕自身ほぼCSSを使っていませんが、不自由は全くないです。

逆にいうと、CSSを学ぶことが出来ないともいえますね。

まあ、別に覚えたいとも思っていないのでいいのですが。

SWELLを失ったら路頭に迷う

路頭に迷う

WordPressテーマSWELLを失ったら路頭に迷います。

それくらい、僕にとっては重要であり、無二な存在であるということ。

ブログを続けるための「友達」、そんな感覚です。

そして、そのように依存度が高いという点が短所といえば短所かも・・・。

開発者「了」さんのクローンを作成しておきたいですね。

SWELL公式サイトはこちら

SWELLの使いやすさは「異常」

SWELLは異常

WordPressテーマSWELLの使いやすさは、異星人の見た目くらいに「異常」です。

「異常」なほどの使いやすさ、という意味ですね。

実際に有料テーマ8つ、無料テーマ5つ使いましたが、これはもう圧倒的です。

上記の画像くらいに「異常」なまでの使いやすさ。
もはや敵視され、命を付け狙われるほどです・・・。

使える機能ありすぎ問題

WordPressテーマSWELLは使える機能が盛りだくさん。

「使える」=「役に立つ」機能です。

具体的には、下記です。

  • マイブロック
  • ブログカード(外部も)
  • 広告タグ管理
  • ABテスト
  • ランキング
  • ふきだし登録
  • 目次自動作成
  • キャッシュ
  • 遅延読み込み
  • CSSインライン読み込み
  • ページ遷移高速化
  • ランディングページ作成
  • ヘッダー動画
  • ヘッダースライドショー
  • カルーセルスライダー
  • ピックアップバナー
  • インフォメーションバー
ヒナキラ

こんなにたくさんの機能が、テーマを買うと使えますよ。

他テーマの開発者、また涙目です。

某テーマ開発者

こちとら有料プラグインで付けてる機能が、基本機能として付いてくるんかい・・・。

ウチもテーマの基本機能にしないとアカンかなぁ・・・。

開発者はたぶん宇宙人

開発者が宇宙人

WordPressテーマSWELLの開発者、たぶん中身はこんな感じ。

それくらい人間じゃないです。

なんといっても、SWELLのアップデート頻度(進化速度)がハンパないし、デザインセンスもハンパないですよね。

ヒナキラ

SWELLの開発者は、たぶんIQ500くらいある宇宙人です。

それなら納得。

しかし、すでに人気№1有料テーマなのに、どんどんレベルアップさせてくれるとは・・・SWELL使ってて良かった。

ユーザーの「支持」がヤバいテーマ

ユーザー評価

WordPressテーマSWELLは、有料テーマの中でも最も支持される満足度の高いテーマといえます。

アンケートにより独自調査した結果、他のテーマへの移行率が圧倒的に少なかったのです。

ヒナキラ

アンケートによると他のテーマへの移行率は、SWELLは6%程度、他の人気テーマは30%~50%ほどでした。

そして、ユーザーのSWELLへの評価もヤバイです。

Twitterにて調査したところ、下記のような評価が目立ちます。

  • 最高
  • 最強
  • 使いやすすぎる
  • オシャレ
  • 楽しい
  • 速い
  • 使ってて良かった
ヒナキラ

みんな信者か?というほど評価が高い。

あとは、悪い評価がほとんどないというところもポイントですね。

SWELLへの変更は楽なのか?

テーマ移行

WordPressテーマSWELLへのテーマ変更は、他のテーマへの移行に比べれば「ラク」です。

専用の乗り換えプラグインが用意されていますからね。

ヒナキラ

デザインの総くずれが防げるので、記事を書きながら、並行して直していけばオケです。

プラグインには注意すべし

プラグインに注意

どのテーマにする場合でもそうですが、プラグインには注意。

当然、SWELLにもオススメのプラグイン、良くないプラグインがあります。

詳細は、SWELLで非推奨・不必要なプラグインと、推奨プラグインについてから確認をば・・・。

参考:当サイトで使用しているプラグイン

参考として、当サイトで実際に使っているプラグインは下記です。

  • SEO SIMPLE PACK
  • Useful Blocks
  • BackWPup
  • Pochipp
  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • Broken Link Checker
  • Contact Form 7
  • Google XML Sitemaps
  • PS Auto Sitemap
  • Simple 301 Redirects
  • WP Revisions Control
  • EWWW Image Optimizer
  • Flying Scripts by WP Speed Matters
ヒナキラ

スピードの速いSWELLですが、機能のダブるプラグインが入っていると「かなり」遅くなっちゃうことも・・・。

とりあえず上記のプラグインをマネしておけば、スピード面は安心ですぜ。

ブロックエディターの基礎知識

WordPressテーマSWELLでは、ブロックエディターを推奨していますし、使うべきです。

ブロックエディターが良く分からないという方のために、見方や使い方を解説しちゃいますね。

「①ブロックエディターの画面構成」と「②ブロックエディターでの記事公開までのステップ」を解説します。

①ブロックエディターの画面構成

ブロックエディタ-画面構成

ブロックエディターの画面構成は、上記のとおり3つのエリアに分かれます。

「ブロックエディター?何それ美味しいの?」という方は、軽く見ておきましょう。

「トップツールバー」エリア

ブロックの追加、下書き保存、プレビュー確認、記事公開など、基本項目が並ぶエリアです。

「右ツールバー」エリア

ボックスなどの記事装飾関連や、カテゴリー選択・パーマリンク設定・アイキャッチ画像設定などを行うエリアです。

「メインコンテンツ」エリア

タイトルや、記事の本文などを入力していくエリアです。

②記事公開までの5ステップ

ブロックエディターで記事を公開するまでのステップも見ておきましょう。

ブロックエディターで記事公開までの流れ
  1. タイトルの入力(後でも可)
  2. 本文の作成
  3. 投稿設定
  4. プレビュー確認
  5. 記事の公開
ヒナキラ

こんな感じ。

このあたりは、使ってみれば「秒」で慣れますよ。

・・・秒は言いすぎですね。

スピード違反になる方法

SWELLはスピード違反

WordPressテーマSWELLを罰金確定スピード違反にする方法も教えちゃいますね。

やることは、大きく分けて下記の2つです。

  1. SWELLの高速化機能を使う
  2. フォントを設定する

①SWELLの高速化機能を使う

ひとつ目、SWELL高速化機能の設定をしていきます。

STEP
WordPress管理画面から「SWELL設定」をタップ
SWELLサイト高速化-SWELL設定
STEP
「高速化」をタップする
SWELLサイト高速化-高速化タブをクリック
STEP
キャッシュ機能設定
SWELLサイト高速化-キャッシュ機能

上記のように、すべてにチェック。

STEP
遅延読み込み機能設定
SWELLサイト高速化-遅延読み込み機能

上記のとおりに設定。

STEP
ファイルの読み込み設定
SWELLサイト高速化-ファイル読み込み機能

「ファイルの読み込み」にチェック。

STEP
ページ遷移高速化設定
SWELLサイト高速化-ページ遷移高速化機能

上記のとおり、「Prefetch(プリフェッチ)」にチェック。

STEP
「変更を保存」をタップして設定完了

②フォントの設定

次にフォントの設定です。

STEP
WordPress管理画面から「外観」→「カスタマイズ」をタップ
SWELL高速化-外観からカスタマイズ
STEP
サイト全体設定をタップ
SWELL高速化-サイト全体設定
STEP
基本デザインをタップ
Wordpress高速化-基本デザイン
STEP
ベースとなるフォントを「遊ゴシック」にする
Wordpress高速化-遊ゴシック
STEP
「公開」をタップして設定完了

トップページのカスタマイズ方法については・・・

WordPressテーマSWELLは、トップページを「サイト型」にカスタマイズして、さらにオシャレにするのも超簡単。

と、いうわけでSWELLをカスタマイズする方法も教えちゃいます!

と、言いたいのですが、長くなるので下記を参照してください。

ヒナキラ

期待した方、ごめんなさいね。

ちょっと長くなりすぎちゃうので別記事で会いましょう。

SWELLはサポート体制もバッチリやで

SWELLのサポート体制
要望・不具合 購入者限定のフォーラムあり
コミュニティ Slackあり
アップデート 頻繁なアップデート
マニュアル 分かりやすいマニュアルあり
開 発 者 ユーザーの声に対する反応率が高い

WordPressテーマSWELLは、要望や不具合に対応してもらえるフォーラムやSWELLユーザーによるコミュニティがあり、購入後のサポート体制も安心。

また、マニュアルも詳細でめっちゃ分かりやすい。

さらにさらに、ユーザーの声に耳を傾ける開発者の姿勢も、これまたすばらしいですね。

ヒナキラ

サポートもバッチリといえますね。

唯一あげるとすれば、天才は一人しかいないことですかね。

やはり、クローンを・・・。

WordPressテーマ「SWELL」ぶっちゃけレビュー

ヒナキラ

SWELLに対する「僕の」本音レビューは下記のとおりです。

SWELLの本音レビュー
  • 圧倒的に使いやすくてブログ運営がラクになった
  • デザインがオシャレでサイトへの愛着がハンパない
  • 装飾も圧倒的にオシャレで記事の見た目にまでウットリ
  • 表示スピードが最速クラス、SEOにも強くて上位を狙いやすい
  • カスタマイズのしやすさが段違いで簡単にデザイン変更できる
  • ブログを楽しませてくれて継続が苦にならない
  • 同価格帯では敵なしでコスパ最強
  • 進化スピードが鬼で常にレベルアップし続けている
  • AFFINGERのタグ管理マネージャーのような機能があれば文句なし
  • 開発者「了」さんが二人いれば安心

ぶっちゃけ、SWELLは最強のテーマです。

これが本音です。

ヒナキラ

13のテーマを使いましたが、その中でも最強のテーマであると言い切れます。

開発者のクローンを作っておいてほしい!というくらい、なくてはならない存在です。

>>>SWELL公式サイト

SWELLをダウンロードするには?

ダウンロード

いやぁ、Wordpressテーマ「SWELL」ヤバイですよね。

え?興味がある?

分かりました。本当は秘密なのですが、今だけ特別に…。

SWELLダウンロードページ←秘密のルート(ウソ)です。興味がある方だけポチりましょう。

あまり興味がない方は、絶対に見ないでくださいね・・・。

ヒナキラ

秘密のルートです。

「彼ら」に消されてしまうので、くれぐれも内密に・・・。

WordPressテーマSWELLの基本情報

SWELL公式サイト
項 目 内 容
公式サイトURL https://swell-theme.com/
開発者 了さん(@ddryo_loos
価 格 税込み 17,600円

普通は最初に概要をお見せするところですが、なぜかここにきてSWELLの概要を見てみましょう。

まとめ的な位置づけということで。

項 目 内 容
使いやすさ
S E O
表示速度
デザイン
機 能 性
楽 し さ

\ 今こそ最高のテーマを手に入れよう/

SWELL vs AFFINGER・THE THOR・JIN をマジメに比較

SWELL
AFFINGER
THE THOR
JIN

ここからは、WordpressテーマSWELLが最強である根拠として、他のテーマとの徹底比較をしていきます。

今回比較対象としたテーマはSWELLと『AFFINGER』『THE THOR』『JIN』というテーマです。

どれもブロガーに大人気のテーマで、有料テーマでは人気トップ4のテーマといえるでしょう。

具体的な比較項目は下記です。

比較10項目
  1. ページスピード
  2. SEO
  3. Gutenberg
  4. 機能
  5. カスタマイズ
  6. 離脱率
  7. デザイン
  8. コスパ
  9. デメリット
  10. メリット
ヒナキラ

この大人気4テーマを比較すれば、最高のテーマがどれなのかが分かるというものです。

どれも素晴らしいテーマですが、今回は辛口で比較レビューをしていきますね。

SWELLと人気テーマの比較【スピード】

計測条件
  • テーマ独自の高速化機能を「ON」
  • 高速化系プラグイン不使用
  • トップ画面のビジュアル画像は「なし」
  • 記事数「4記事」
SWELLのスピード

SWELLのスピードスコアは、モバイル98、パソコン100です。

上記を見ていただければ分かりますが、人気有料テーマの中でSWELLは最高スピードを誇ります。

AFFINGERとJINはSWELLに次いで速い結果となりました。

しかし、THE THORにいたっては、テーマの機能だけでは「遅い」です。

ヒナキラ

THE THORは、公式サイトで速いスピードをうたっているわりにはモバイルが遅く、ちょっと残念です。

SWELLと人気テーマの比較【SEO】

計測条件
  • ほぼテーマ初期の状態
  • 記事数「4記事」

SEOスコアは「92」と最も高く、他の指標でもトップとなりました。

SWELLのSEOスコア
SWELLリッチリザルト
SWELL構造化データ

リッチリザルト対象、記事の構造化データは2種類あります。

SEOについては、今回ご紹介しているテーマでは大して変わりません。

どのテーマであっても、SEO対策はしっかりと講じられています。

良くAFFINGERやTHE THORはSEOに強い!というものを見ますが、上記SEOスコアでもSWELLに負けているし、SEOに繋がるスピードでも負けます。

むしろ、AFFINGERはともかく、THE THORはスピードで大きく差を開けられており、不利なのでは?とも。

ヒナキラ

まあ、大して変わらないSEO対策を気にするより、コンテンツを気にする方が1000倍重要ですね。

SWELLと人気テーマの比較【ブロックエディター】

今回の4テーマのうち、ブロックエディターに完全対応しているテーマはSWELLのみです。

ヒナキラ

クラシックエディターはいずれ使えなくなる為、ブロックエディターへの対応度合いも重要な要素です。

SWELLツールバー
SWELLのツールバー
SWELL専用ブロック
SWELLの専用ブロック
SWELL独自ブロック
SWELLの独自ブロック

上記を見ていただければ分かりますが、ブロックエディター対応度についてもSWELLが圧倒的です。

次にAFFINGERといったところですが、AFFINGERはまだ完全対応しきれていません。

JINも専用ブロックが少なく、独自ブロックも標準のままで、使い勝手が良いとはいえないです。

THE THORに関しては、対応していないので問題外です。

SWELLと人気テーマの比較【機能】

下記は、プラグインなしでテーマに初期装備されている機能を比較したものです。

初期装備の機能においては、SWELLはTHE THORに次いで機能が多いテーマという結果に。

テーマ機能 (31項目)SWELLAFFINGERTHE THORJIN
ランディングページ作成
インフォメーションバー
ヘッダー動画
ヘッダースライドショー
記事スライダー
ピックアップバナー
ピックアップ記事
CTA管理
マイブロック
外部ブログカード
広告タグ管理
ABテスト
ランキング
コピー防止
アクセスランキング
記事分析
ふきだし登録
パンくずリスト
目次自動作成
XMLサイトマップ作成
HTMLサイトマップ作成
構造化データ
ディスクリプション
ノーインデックス
カノニカルタグ
AMP
PWA
キャッシュ
遅延読み込み
CSSインライン読み込み
ページ遷移高速化
合計2015219

基本のテーマ機能ではTHE THORが優秀です。

AFFINGERは、機能性に優れているという評判がありますが、基本のテーマ機能はTHE THORやSWELLよりも劣ります。

正直、SWELLやTHE THORに標準装備となっている機能を、有料で買わせていく手法が・・・セコイ・・・。

ただし 、有料プラグイン(特にタグ管理マネージャー)をたくさん実装したAFFINGERとなると話は別で、まさに収益化機能において最強になります。

JINは…言うまでもないですね。

SWELLと人気テーマの比較【カスタマイズ】

カスタマイズ性については、AFFINGERやTHE THORが圧倒的に優れています。

SWELL設定
SWELLエディター設定
SWELLカスタマイザー

SWELLやJINは、AFFINGERやTHE THORよりもカスタムできる箇所が少ないです。

特にJINは少なすぎ・・・。

ただ、設定できるところが多すぎるのも問題で、難しくて迷子になりやすい。

つまり、カスタマイズ性が高いほど、初心者にとっては難しくて使いにくくなるということですね。

ヒナキラ

カスタマイズ性でAFFINGERやTHE THORには及ばないものの、

設定項目が減る分、JINやSWELLは使いやすさにおいては優位で、初心者にも扱いやすいテーマです。

SWELLと人気テーマの比較【離脱率】

離脱率とは、他のテーマに離脱した方の割合のことをいいます。

SWELL離脱率

SWELLの離脱率は、6.2%という結果になりました。
他テーマと比べると圧倒的に離脱が少ないテーマといえます。

ここでの離脱率は、Twitterを使った実際のアンケート結果から算出したものです。

他のテーマへの離脱率(移行率)を見てみると、SWELLからの離脱率の低さが目立ちます。

ヒナキラ

つまり、SWELLは他のテーマよりも愛されている「後悔しない」テーマということになるのですね。

SWELLと人気テーマの比較【デザイン】

では、各テーマのデザイン比較も見ておきましょう。

SWELLのデザインはオシャレで、THE THORと並んで2強だと思います。

しかも、この2強(SWELL・THE THOR)は簡単にオシャレにできるところも良いですね。

JINは、かわいくてフェミニンな印象が好きな方にはオススメのデザインです。

AFFINGERはここではオシャレなサイトを抜粋していますが、他の多くのサイトを見ていると、あまりオシャレにしにくいのかなという印象です。

ヒナキラ

僕自身、AFFINGERでデザインをオシャレにしようと思いましたが、かなりの時間がかかりそうだったので断念しました。

SWELLと人気テーマの比較【コスパ】

テーマ名価 格
AFFINGER6 PACK339,800円
AFFINGER6 EX26,800円
SWELL17,600円
THE THOR16,280円
AFFINGER614,800円
JIN 14,800円
人気の有料テーマ価格表

価格表は上記のとおりですが、コスパでいうとSWELLがダントツで良いです。

AFFINGERは機能を有料で追加していかなければならないという点で、コスパ良くないですね。

THE THORは、機能面ではコスパ良いんですが、なんといってもブロックエディターの対応ができていない点でマイナスポイントがでかいです。

JINは機能が少ないので、コスパでいったら悪いですね。

SWELLと人気テーマの比較【デメリット4選】

では、それぞれのテーマのデメリットを見ていきましょう。

SWELLのデメリット

  • テーマ代が安くない
  • CSSなどの勉強ができない
  • カスタム性が高くない
  • 収益化機能が惜しい

テーマ代が安くない

SWELLはテーマ代が安くはありません。

17,600円ですから、今回紹介した4つのテーマでは一番高いです。
(ただし、AFFINGERは基本テーマの場合)

CSSなどの勉強ができない

SWELLでは、CSSの知識が必要ありません。

CSSを知らなくてもオシャレにできるからです。

そして、CSSを勉強する必要がないので、当然ながら知識は身につきません。

カスタム性が高くない

SWELLは、既にご紹介のとおり、AFFINGERやTHE THORと比べてカスタム性が高くないです。

ガチガチにカスタムしたい場合には物足りなさを感じるでしょう。

収益化機能が惜しい

SWELLには、ABテスト機能やボタンクリック率計測機能、広告タグ管理機能など、収益化につながる機能があります。

が、AFFINGERの有料プラグイン(タグ管理マネージャー)と比べると、収益化機能で見劣りします。

SWELLと人気テーマの比較【メリット4選】

続いて、各テーマのメリットをご紹介します。

WordPressテーマ「SWELL」のメリット

  • コストパフォーマンス最高
  • 表示速度が最も速い
  • 抜群の使いやすさ
  • 記事装飾デザインまでオシャレ

>>>SWELL公式サイト

コストパフォーマンスが最高

SWELLはコスパが良いです。

機能面、使いやすさ、デザイン、スピードなどにいたるまで、ほとんど全ての面で高いレベルを誇ります。

正直、AFFINGER PACK3(39,800円)とSWELL(17,800円)のどっちか1つを無料で使っても良いよ、と言われても僕はSWELLを選びます。

表示速度が最も速い

SWELLは、今回紹介している有料テーマの中で表示速度が最も速いです。

表示速度の速さによってSEOやユーザビリティでも優位に立つことができるでしょう。

抜群の使いやすさ

SWELLの使いやすさは圧倒的です。

特にブロックエディターでの使いやすさは、他の追随を許しません。

記事装飾デザインまでオシャレ

SWELLはトップページのデザインだけでなく、記事の装飾もオシャレです。

つまり、SWELLはすべてにおいてオシャレです。

SWELLと人気テーマの比較【総括】

SWELLAFFINGERTHE THORJIN
スピード
SEO
デザイン
ブロックエディター
使いやすさ
機能
カスタマイズ

SWELL、AFFINGER、THE THOR、JINという4テーマ比較の総括レビューをすると、やはりSWELLが素晴らしいという結論に回帰します。

ただし、今後どうなっていくのかは誰にも分かりません。

AFFINGERやTHE THORがブロックエディターに完全対応して、機能・カスタマイズ面だけでない強みを手にするのか、JINが新たな武器を手にして抗戦してくるのか。

はたまた、新しいテーマが席巻するのか…。

ヒナキラ

いずれにせよ、今後の各テーマの発展に期待ですね。

SWELLと人気テーマに関するQ&A

結局、どのテーマを選んだらいいのですか?

はい、それは目的によります。

ただ、個人的には収益を最大化したいのならAFFINGERを、かわいらしいデザインにしたいならJINを、それ以外ならSWELLを選んでおけば良いと思います。

アフィリエイトプログラムのあるテーマは?

アフィリエイトプログラムのあるテーマは、SWELL、AFFINGER、THE THORの3つで、JINにはありません。

なお、報酬はSWELLが3,300円、AFFINGERは7,000円(3回目までは1,000円)、THE THORは6,000円です。

テーマのアフィリエイトで稼ぎたいなら、この3つの中から選ぶと良いですよ。

テーマの移行が簡単なテーマはどれ?

正直言ってテーマの移行は「簡単」ではありません。

しかし、SWELLには「乗り換えサポートプラグイン」が用意されていて、他のテーマよりは移行がしやすいテーマといえるでしょう。

まとめ|WordpressテーマSWELLは最強

最強のテーマはSWELL

いかがでしたでしょうか。

SWELLは、個人的には最強のWordpressテーマです。

何より、記事を書くのがめちゃくちゃ楽しいですね。

イコール、ブログ運営をめちゃくちゃ楽しめるということ。

ヒナキラ

この記事は、フザケ・・・楽しんで書けました。

SWELLの楽しさ、少しはお伝えできていると嬉しいですね。

というわけで、気になった方はSWELL使ってみることをオススメします。

後悔はしないはずですから。(93.8%の確率で)

\ 今すぐ最強のSWELLを手に入れよう/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる