>おしゃれなブログデザイン200選はこちら

10項目で比較|SWELL*AFFINGER6*THE THOR*JIN

おすすめのWordpressテーマ「SWELL」「AFFINGER」「THE THOR」「JIN」を辛口で徹底比較!

サユナ

人気のテーマSWELL・AFFINGER6・THE THOR・JINが気になっていますが、それぞれの比較をみたいです。

この中で良いものを選びたいと思っています。

こういったお悩みを解決します。

ヒナキラ

有料テーマ9つ使ってきた僕が、AFFINGER6・THE THOR・JINとSWELLを徹底的に比較しました。

良くないと感じたものは、辛口でバッサリ切っていきます。

これを見れば、一体どのテーマが良いのか、一目瞭然となります。

というわけで、早速まいりましょう。

タップできる目次

SWELL・AFFINGER6・THE THOR・JIN を「9項目」で比較

SWELL
AFFINGER
THE THOR
JIN

ではさっそく、4大人気テーマの徹底比較をしていきます。

今回比較対象としたテーマは「SWELL」「AFFINGER」「THE THOR」「JIN」というテーマです。

どれもブロガーに大人気のテーマで、有料テーマでは人気トップ4のテーマといえるでしょう。

そして今回の比較項目は下記です。

4テーマ比較10項目
  1. ページスピード
  2. SEO
  3. Gutenberg
  4. 機能
  5. カスタマイズ
  6. 離脱率
  7. デザイン
  8. コスパ
  9. デメリット
  10. メリット
ヒナキラ

この大人気4テーマを比較すれば、最高のテーマがどれなのかが分かるというものです。

どれも素晴らしいテーマですが、今回は辛口で比較をしていきますね。

比較①:ページスピード

計測条件
  • テーマ独自の高速化機能を「ON」
  • 高速化系プラグイン不使用
  • トップ画面のビジュアル画像は「なし」
  • 記事数「4記事」

見たいテーマをタップしてね

SWELLのスピード

SWELLのスピードスコアは、モバイル98、パソコン100です。

上記を見ていただければ分かりますが、人気有料テーマの中ではSWELLが最高スピードを誇ります。

AFFINGERとJINはSWELLに次いで速い結果となりました。

しかし、THE THORにいたっては特にモバイル速度が「遅い」です。

ヒナキラ

THE THORは、公式サイトで速いスピードをうたっているわりにはモバイルが遅く、ちょっと残念です。

比較②:SEOの強さ

計測条件
  • ほぼテーマ初期の状態
  • 記事数「4記事」

SEOスコアは「92」と最も高く、他の指標でもトップとなりました。

SWELLのSEOスコア
SWELLリッチリザルト
SWELL構造化データ

リッチリザルト対象、記事の構造化データは2種類あります。

比較したあとで言うのもなんですが・・・正直SEOについては、どれも大して変わりません。

どのテーマであっても、SEO対策はしっかりと講じられていますからね。

ただし、UX(ユーザーエクスペリエンス)等を考慮すると、ややSWELL有利なのかなと思ったりもします。

良くAFFINGERやTHE THORは「SEOに強い」というものを見ますが、ぶっちゃけ変わりません。

もちろん、パンくずリスト、グローバルメニュー、関連記事、メタ情報の設定、ノーインデックスの設定、などといった基本的な対策項目はありますが、どのテーマでも実装できます。

基本的な項目において差が出ないのであれば、UXなどの指標が大事になっくるかなと。

ヒナキラ

正直にいうと、大して変わらないSEO対策を気にするより、コンテンツを気にする方が1000倍重要ですね。

比較③:ブロックエディター対応度

続いては、Wordpressの新エディターである「ブロックエディター」への対応度を比較します。

旧エディター(クラシックエディター)はいずれ使えなくなる為、ブロックエディターへの対応度合いも重要な要素ですからね。

SWELLツールバー
SWELLのツールバー
SWELL専用ブロック
SWELLの専用ブロック

この記事を書いた後すぐ、専用ブロック数が16種類から18種類に増えています。
アップデートが早くて記事修正が追い付きません・・・。

SWELL独自ブロック
SWELLの独自ブロック

上記を見ていただければ分かりますが、ブロックエディター対応度についてはSWELLが圧倒的優位です。

次にAFFINGERといったところですが、AFFINGERはまだ完全対応しきれていません。

JINも専用ブロックが少なく、独自ブロックも標準のままで、使い勝手が良いとはいえないです。

THE THORに関しては、対応していないので問題外・・・。

比較④:機能性の高さ

下記は、プラグインなしでテーマに初期装備されている機能を比較したものです。

結論からいうと、初期装備の機能数においては、THE THOR > SWELL > AFFINGER6 >>> JINという結果に。

テーマ機能 (31項目)SWELLAFFINGER6THE THORJIN
ランディングページ作成
インフォメーションバー
ヘッダー動画
ヘッダースライドショー
記事スライダー
ピックアップバナー
ピックアップ記事
CTA管理
マイブロック
外部ブログカード
広告タグ管理
ABテスト
ランキング
コピー防止
アクセスランキング
記事分析
ふきだし登録
パンくずリスト
目次自動作成
XMLサイトマップ作成
HTMLサイトマップ作成
構造化データ
ディスクリプション
ノーインデックス
カノニカルタグ
AMP
PWA
キャッシュ
遅延読み込み
CSSインライン読み込み
ページ遷移高速化
合計2015219

基本のテーマ機能ではTHE THORが優秀です。

AFFINGERは、機能性に優れているという評判がありますが、初期装備のテーマ機能はTHE THORやSWELLよりも劣ります。

ヒナキラ

正直、SWELLやTHE THORに標準装備となっている機能がAFFINGERでは有料なのは、少し「う~ん」といった印象ですね。

ただし 、有料プラグイン(タグ管理マネージャー)を実装したAFFINGER6となると話は別で、まさに収益系機能において最強になります。

JINは…言及するまでもないですね。

比較⑤:カスタマイズ性の高さ

続いてはカスタマイズ性の比較ですが、AFFINGERやTHE THORが圧倒的に優れています。

SWELL設定
SWELLエディター設定
SWELLカスタマイザー

SWELLやJINは、AFFINGER6やTHE THORよりもカスタムできる箇所が少ないです。

特にJINは少なすぎ・・・。

ただ、設定できるところが多すぎるのも問題で、難しくて迷子になりやすい。

つまり、カスタマイズ性が高いほど、初心者にとっては難しくて使いにくくなるということですね。

ヒナキラ

AFFINGER6・THE THORは高いカスタマイズ性を誇ります。

ただ、設定項目が減る分、JINやSWELLは使いやすさにおいては優位で、初心者にも扱いやすいテーマかと。

比較⑥:テーマ離脱率の割合

離脱率とは、他のテーマに離脱した方の割合のことをいいます。

SWELL離脱率

SWELLの離脱率は、たった6.2%という結果になりました。

他テーマと比べると圧倒的に離脱が少ないテーマといえます。

ここでの離脱率は、僕が実際に行ったTwitterを使った実際のアンケート結果から算出したものです。

他のテーマへの離脱率(移行率)を比較してみると、SWELLからの離脱率の低さが目立ちます。

ヒナキラ

つまり、SWELLは他のテーマよりも離脱しにくい「後悔しない」テーマということになるのですね。

推測するに、おそらく使いやすさが大きく影響しているのではないかと。

AFFINGER6なども使いこなせれば、すばらしいテーマだと考えているので。

比較⑦:デザイン性の高さ

では、各テーマのデザイン比較も見ておきましょう。

デザイン性の高さにおいては、SWELLとTHE THORが圧倒的かなと思います。

特に、SWELL・THE THORでは簡単にオシャレにできるところが良いですね。

JINは、かわいくてフェミニンな印象が好きな方にはオススメのデザインです。

AFFINGERはここではオシャレなサイトを抜粋していますが、オシャレにする難易度は高め。

ヒナキラ

僕自身、AFFINGERでデザインをオシャレにしようと思いましたが、かなりの時間がかかりそうだったので断念しました。

速く、簡単にオシャレにしたい方にはSWELLやTHE THORが良いかと。

比較⑧:コスパの良さ

次は、コスパについて比較してみます。

まず、価格表は下記です。

テーマ名価 格
AFFINGER6 PACK339,800円
AFFINGER6 EX26,800円
SWELL17,600円
THE THOR16,280円
AFFINGER614,800円
JIN 14,800円
人気の有料テーマ価格表

結論からいうと、コスパはSWELLがダントツで良いです。

AFFINGER6も導入費用は安くてオススメではありますが、あとから機能を有料プラグインで追加していかなければならないという点で、コスパが良いとはいいにくいかなと・・・。

THE THORは、ブロックエディターの対応予定が不明なのでマイナスポイント大です。(逆にいえば、ブロックエディター対応さえすれば・・・)

JINは機能が少ないので、ぶっちゃけコスパ悪いですね。

比較⑨:欠点・デメリット

では、それぞれのテーマのデメリットを見ていきましょう。

SWELLのデメリット

  • テーマ代が安くない
  • CSSなどの勉強ができない
  • カスタム性が高くない
  • 収益化機能が惜しい

テーマ代が安くない

SWELLはテーマ代が安くはありません。

17,600円ですから、今回紹介した4つのテーマでは一番高いです。
(ただし、AFFINGER6は基本テーマの場合)

CSSなどの勉強ができない

SWELLでは、CSSの知識が必要ありません。

CSSを知らなくてもオシャレにできるからです。

そして、CSSを勉強する必要がないので、当然ながら知識は身につきません。

カスタム性が高くない

SWELLは、既にご紹介のとおり、AFFINGER6やTHE THORと比べてカスタム性が高くないです。

ガチガチにカスタムしたい場合には物足りなさを感じるでしょう。

収益化機能が惜しい

SWELLには、ABテスト機能やボタンクリック率計測機能、広告タグ管理機能など、収益化につながる機能があります。

が、AFFINGER6の有料プラグイン(タグ管理マネージャー)と比べると、収益化機能で見劣りします。

比較⑩:長所・メリット

続いて、各テーマのメリットをご紹介します。

「SWELL」のメリット

  • コストパフォーマンス最高
  • 表示速度が最も速い
  • 抜群の使いやすさ
  • 記事装飾デザインまでオシャレ

>SWELL公式サイト

コストパフォーマンスが最高

SWELLはコスパが良いです。

機能面、使いやすさ、デザイン、スピードなどにいたるまで、ほとんど全ての面で高いレベルを誇ります。

正直、AFFINGER PACK3(39,800円)とSWELL(17,800円)のどっちか1つを無料で使っても良いよ、と言われても僕はSWELLを選びます。

表示速度が最も速い

SWELLは、今回紹介している有料テーマの中で表示速度が最も速いです。

表示速度の速さによってSEOでも優位に立つことができる可能性が。

SEOにおいてユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)も重要ですからね。

抜群の使いやすさ

SWELLの使いやすさは圧倒的です。

特にブロックエディターでの使いやすさは、他の追随を許しません。

その他、記事の執筆がラクにできるような工夫がたくさん凝らされています。

記事装飾デザインまでオシャレ

SWELLはトップページのデザインだけでなく、記事の装飾もオシャレです。

つまり、SWELLはすべてにおいてオシャレです。

SWELL・AFFINGER6・THE THOR・JINの比較表

SWELLAFFINGER6THE THORJIN
スピード
SEO
デザイン
使いやすさ
機能
カスタマイズ

SWELL、AFFINGER6、THE THOR、JINという4テーマ比較の総括レビューをすると、やはりSWELLが素晴らしいという結論に。

ただし、今後どうなっていくのかは誰にも分かりません。

AFFINGER6やTHE THORがブロックエディターに完全対応して、機能・カスタマイズ面だけでない強みを手にするのか、JINが新たな武器を手にして抗戦してくるのか。

はたまた、新しいテーマが席巻するのか…。

ヒナキラ

いずれにせよ、今後の各テーマの発展に期待ですね。

SWELL・ AFFINGER6・THE THOR・JIN に関するQ&A

結局、どのテーマを選んだらいいのですか?

はい、それは目的によります。

ただ、個人的には収益を最大化したいのならAFFINGER6を、かわいらしいデザインにしたいならJINを、それ以外ならSWELLを選んでおけば良いと思います。

アフィリエイトプログラムのあるテーマは?

アフィリエイトプログラムのあるテーマは、SWELL、AFFINGER6、THE THORの3つで、JINにはありません。

なお、報酬はSWELLが3,300円、AFFINGERは7,000円(3回目までは1,000円)、THE THORは6,000円です。

テーマのアフィリエイトで稼ぎたいなら、この3つの中から選ぶと良いですよ。

テーマの移行が簡単なテーマはどれ?

正直言ってテーマの移行は「簡単」ではありません。

しかし、SWELLは「乗り換えサポートプラグイン」が用意されていて、他のテーマよりは移行がしやすいテーマといえるでしょう。

まとめ|「SWELL」「AFFINGER6」「THE THOR」「JIN」を徹底比較

いかがでしたでしょうか。

今回は「SWELL」「AFFINGER6」「THE THOR」「JIN」を徹底比較してみました。

ズバリ、現時点で最もオススメなWordpressテーマはSWELLです。

もし悩んだら、SWELLにしておけば間違いないかと。

  • WordPressテーマ関連記事
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次
閉じる